01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

反知性アベによる弊害、この世から消える保育士の仕事、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近時々本屋に行くのですが、政治関係の本はほぼ全滅していますね、

  何というがゴミのような本しか存在せず、こんなの読んだら馬鹿になるだろうなという本が多いです、


  以前の岩波新書とかが主流だった頃は、まだ読むべき本が存在していたのだけど、今となっては本は資源の無駄というか、ゴミの量産をしているように見えることがあります、  


  それはいいとしてなにか書いてみると、アベのアホが国会を開かないので、最近ネタがないのですが、

  本来であれば憲法の規定があるので、野党の要求に応じて国家を開くべきだが、なぜかそういうことをしていない、


  まあアベみたいな基地外が法律を守るわけがなく、奴は犯罪者なので当然、憲法でも無視をするわけで、

  そんな犯罪者のアベを見ていて思ったのは、こいつは反知性主義というやつなんだな、と感じました、


  反知性主義というものはあまり詳しくはないのだけど、ネットの情報によると、アメリカで生まれたものだといわれている、

  アメリカでは移民の初期の頃、非常に強い宗教色を持っていて、それが段々薄まってきた歴史がある、


  そのためアメリカはヨーロッパに比べて宗教色が強く、またそれに対する反発も強い所がある、
 
  そういう宗教的な歴史の過程で生まれたのが、反知性主義というものらしく、別のいい方でいうと反権威主義ともいえるものらしい、


  この話を見ていて思うのは、アベ自民て全員バカだから完全に反知性主義ですよね、

  アベに知性があるかといわれたら、ないと応えるしかないわけで、アベには知性がなく、そういう存在が大きな顔をすることを、反知性主義というわけだから、アベはそういう事象になる、


  この概念の本質的な問題は、共産革命などと似た所がある、

  共産革命ではブルジョアなどの、知的な権力者を叩く一般市民の図式があり、

  その行動は、中国文化大革命という形で行われたこともある、


  日本の政治は頭を使って対処をする考えを持っており、ある種の常識や良識を元に行っている、

  つまりアベの様な下品な犯罪者が、政治活動をすることは想定しておらず、そういう人間はいないという前提でシステムが作られている、


  アベはアホはそういうところを利用しているわけで、食料庫に忍び込んだ溝鼠のような意味が強くある、

 
  それで反知性主義というのは、反権威主義といもいえることで、詐欺師の小泉がよくやっていた、

  詐欺師の小泉は既得権と戦う、俺は正しい、けど実は政治については分かっておらず、適当な嘘しかつけない、

  そんなカオスっぽい行動をしていた、


  反知性主義というのは、このような行動を指すもので、知的な人間が作った権力構造を、無能なバカが破壊するときの、快感のようなものを社会に広げて、それによって社会が悪化する現象である、

  病原菌が体に広がるようなもので、ウイルスなどはシンプルな構造を持っているが、それが人体の複雑な構成物を破壊するような、そういう形を持っている、


  アメリカの政治というのは結局、この反知性主義によって動いている面が強く、ブッシュJrなどは反知性の塊といって良い人物だった、

  奴はいつも大らかで気分のいいことをいっていたが、中身のあることは一切発言をせず、責任を取ることもなかった、


  反知性主義というのは、権威に向かう正しさ、複雑な機構をシンプルに破壊する、爽快さを元に行われる、

  ただ所詮は感情論にすぎないので、聞こえのいいことはするけれど、ブッシュやアベのようにまともな結果を残すことはない、


  もしかすると今の政治は、反知性主義と知性主義の戦いであり、それがどうなるかが重要なのかもしれない、
 
  反知性主義というのは、バカはわかりやすいという点を利用しており、ワンフレーズを繰り返していた詐欺師の小泉はその典型であった、

  アベの基地外の場合は、反知性というよりも無知性のレベルだけど、一応似たようなことはしている、


  民主主義は多数の意見を合わせるものであり、多数の意見である以上複雑なものは認められづらい、

  貴族や王政の場合は、少数の知的勢力による政治だから、複雑な話であっても通ることはある、


  それに反する反知性主義から生まれた考え方は、ある意味民主主義と非常にフィットしている所がある、
 
  そういう意味でいうとアメリカの民主主義は、反知性主義+民主主義の形を持っていて、それが今日本に入ってきているのかもしれない、


  そのようなところがあるようだが、アベのようなバカが偉いんですよ、というのはギャグとしては面白いかもしれないが、現実的にいえば価値のある話だとはいえない、

  それを成立させていいのかどうかというのが、今の政治なのでしょう、


  次に、この頃保育士の資格が無効になるといわれていて、アベの馬鹿がまた問題を起こしたようだ、

  この間抜け知能がないから、まともなことをできないらしいけど、まさかいきなり保育士を廃止するとは思わなかったよ、


  日本は保育士の数が少ないといわれており、それが少子化の原因ではないかといわれている、

  なぜ保育士の数が少ないかというと、それは給料が安くて生活ができないからで、実はこの資格を持っている人自体は多くいる、

  だったそういう人が働ける環境を作ればいいのだが、アベはバカなので逆の方へ進んでしまった、


  この馬鹿がやったのは、保育士の資格を事実上廃止にして、誰でも子供を預かれるようにしている、

  簡単な講習を受けるから問題ないといっているが、ほとんど効果はないだろうな、


  子供を預かるというのは簡単なようで、実は結構難しく、

  少し前も子供を預かったところで、対応を誤って子供を殺してしまったことがあったが、

  その場所には専門家がおらず、素人が対応をしていたので、問題が起きた時に対処ができなかったらしい、


  子供は急に体調が悪化することがあるし、そういう問題に対しては保証をしなければいけない、

  また子供の学習については専門知識が必要で、素人では子供に物を教えるのは難しい、

  小さい子供の学習は、子供の脳の発達に合わせて行わなければならず、かなり専門性の高いものになるので、素人が対応すると問題になることもある、


  このように問題はたくさんあるのだが、アベはバカの能無しなので、子供の人生をメチャクチャにして金稼ぎをするような、下らないことをする予定らしいです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR