01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベによる年金の損失問題、維新と民主党の統一会派について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今年もそろそろ終わりが来ますね、変なことを書いてしまって申し訳がないのだけど、二年後くらいに、日本が終わっているような感じがこの頃します、

  アベみたいな頭のおかしい奴の政治を、後二年日本が支えられるとは思えないので、このまま行くと一~二年後辺りに、大きな問題が起こりそうです、


  それはいいとしてなにか書いてみると、最近話題になっていることとしては、年金の金がなくなったというのがあります、

  アベのやつは株価を上げないと不利になるので、年金の金を大量に株式に放り込んで、株価の上昇をしていた、

  確か前の選挙の時の直前にそういうことを決めていて、選挙で対策で株価上昇を狙ったといわれている、


  そんな程度の考えで相場に手を出せば失敗するが、損失は8兆円程度になるようだ、

  私の聞いた話では10兆円を超える損失だと聞いていたけど、そこまで大きくは表現をしていないらしい、


  ただ、そもそもこの損失の問題は数カ月前にはわかっており、今の段階で出すのは不自然な所がある、

  日本の株価は中国経済の減速の影響で、時々暴落を起こしていたから、その時点で大きな損失が出ているといわれていた、

  それを今になって発言するのは不自然だが、なにか理由があるのかもしれない、


  この問題に対してアベのやつは、いままで数十兆の利益を出しているので、問題はないといっているが、多分のその数十兆の話は嘘だろうな、

  日本の年金はある程度株式で運用しているし、そういう長期的な利益のことをいっただけで、関係ない利益との比較をしている可能性が高い、


  年金資金の株への投入が失敗した理由は、アベのやったことが年金制度の維持ではなく、アベの身の保身で始めたことになるだろう、

  株式投資をするならば利益をどう得るかが重要で、そういう計画がなければ利益をえることは出来ない、


  株が儲かるタイミングというものはあるから、そういう時期を見て株式への資金の投入をするべきであり、そのような発想に立っていれば利益を得ることはできたはずだ、


  しかしアベがやったのは、選挙対策で株価を上げるための資金投入であり、相場を見ないで金を突っ込んだわけだから、利益をあげられるかどうかは度外視ししている、

  当然そんなことをしていれば、損失が大きくなるわけで、年金の金をドブに捨てたといわれても仕方はないだろう、


  そもそも株というのは相場の影響が強く、それに合わせて投資をしない限りは、大きな利益を得ることはできない、

  そう考えると、株式投資を利用するならば株価の低い段階で、資金の投入をするべきであって、いまのようにある程度株価が上がった状態では、下落の可能性が高くリスクが大きくなる、


  株式というのは、ある程度の幅の間を上下するものであり、上限と下限というものがある程度決まっている、

  そのため下限に近いところで株を買い、上限に近いところで売るのが、株式投資で利益を上げる方法だ、


  そう考えると、アベのようなある程度株価が上がった状態で、株を買うのはリスクがあるだけで、利益を得られるような意味を持っていない、

  株はある程度の幅を上下する訳から、その幅の上限に来ている相場に対して、資金を投入したところで、発生をするのはリスクだけである、


  今回のことはそういう問題点があり、年金資金の大量損失の可能性が高い問題だ、

  アベがいう40兆の利益を出しているというのが、嘘だと分かるのもこういう構図があるからで、リスクを得やすところで金を出していて、そんな利益を得られるとは思えないから、嘘だといえるわけです、


  例えば民主党の頃は、株価が7000円位だったのだから、そのタイミングで年金資金で株を買っておけば、7000円を割らないかぎりは利益を得ることができる、

  けど、いまのアベがやっているような18000円~19000円の相場で、株を買った場合は18000円を割れば、簡単に大きな損失が発生する、

  今回の損失もそういう形で起こったのだろうし、この問題はこれからも続くことになる、

  
  株式も投資の方法によっては、それほど大きなリスクを負わないですむこともある、

  また投資全体を考えるならば、株式にこだわるのではなく、べつの投資対象に状況が悪ければ、変えていくことも重要だ、


  それが年金資金の場合は、アベが人気を取るために株価を上げているのだから、それ以外の投資対象に対しては、資金の投入ができない問題がある、

  そして、そういうことを株価が上限に来ているところで、繰り返しているのだから、短期間で年金資金がショートする可能性がある、


  最初の方の話に戻るが、株式投資は株式投資として行うべきで、株価は株価として評価をするのが正しい、

  しかしアベのバカは、中身の無いアホなので、株価を上げないと国民の評価を得られないため、プロパガンダのために株価の上昇を行った、

  その歪が一番の問題になっている、
  

  今回の金銭的な損失は、これからも起こる可能性は高く、円の暴落が起きて株価が高騰をしないかぎりは、損失は膨らんでくるだろう、

  つまりアベのやつが政権似る限りは、年金資金は確実に減少する可能性が高く、二年後にはゼロになっているのではないか、そんな気がします、


  次に、民主党と維新の党が統一会派を組むようだ、一時はどうなるかといわれていが、会派を組むことは同意をしたらしい、

  個人的に維新の党は分裂騒動が強くなり、民主党と共産党の関係が深くなるのでは、という考えを持っていた、


  しかし思ったよりも維新の党の動きがあるようで、民主党との協力を早めにやることを考えている、


  こうなった理由として政党助成金の問題があるのかもしれない、

  維新の党は分裂をしており、政党助成金が受け取りづらい環境にある、

  本来は維新の党が受け取るべき政党助成金があったのだが、コスプレ市長がネコババをして、勝手に盗んでしまったので使えなくなった、


  その後どうなるかと思っていたのだが、大阪のダブル選挙でコスプレ派が勝ったのを見て、維新の側もある程度妥協をする姿勢を見せている、


  以前、維新側は金は一切出すことはない、お金の使い方は自分で決めると発言をしていた、

  それが今は必要な経費を払った分以外は、国庫に返すといっており、その上で一度解党をして党をやり直すと話している、


  実はいまのように維新とコスプレ派が、互いにお金のやりとりで揉めたままでいると、政党助成金が没収されるおそれがある、

  そうなれば大きな損失になるため、維新側もコスプレ派の意見を取り入れて、借金などの返済に使った以外は、国に返すといっている、

  ただこの話がどの程度信憑性があるのかはわからず、まだどうなるかは不明瞭な所がある、


  しかしひとまず維新と民主党の統一会派になった点はよく、それがうまくいって共産党との選挙協力もできれば、ある程度は選挙体制を作ることができるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR