01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

自民党が裏切った大阪ダブル選挙、信用してはいけない自民党、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  以前ラブライブ!というアニメの映画を見てから、映画を時々見るようになりました、

  ほとんど見る人ではなかったのですが、結構色々あるんですね、


  といっても実写ではなくアニメの映画が多いですが、ああこんなものがあるんだと気づきました、

  映画館は値段が高いので、敷居が高いなと思っていたのですけど、たまに行くくらいならばそうでもないですね、


  それはいいとしてなにか書いてみると、まずは大阪の選挙について書いてみますか、多分これプロパガンダのネタになると思うので、

  マスコミの報道がどうも歪んでいる所が多く、多分この結果は政府に利用されると思う、

  実態は自民党が裏切ってわざと選挙に負けただけなのだが、何かこれに民主主義的な意味を見出そうと、プロパガンダのネタにしてくる可能性はある、


  最近も維新が圧勝した、この選挙はどういう意味があるのかと、そういう報道をしているところがあった、

  しかし実際は自民党がまともな選挙対策をしていれば、市長選は勝てていた可能性があるし、知事選挙も候補者を工夫していればなんとなかっただろう、


  そもそも大阪ではコスプレ派は多数でなく、少数の勢力にすぎない、

  議会でも過半数とっていないのだから、戦略を工夫すれば十分に勝つことは可能だったはずだ、

  それなのに勝てなかったというのは、選挙に参加していた勢力に問題があったから、ということになる、


  マスコミの言い分だと、コスプレ派が大きく勝ったということになっているが、そうなった理由としてあるのが、自民党支持者の多くがコスプレ派に投票していたことだ、

  知事選挙では7割近い自民党支持者が、コスプレ派に投票をしており、殆どの人が自民党の候補者に投票をしていない、

  流石にこれはインチキだというしかないだろう、


  立候補をしていた人物自身は、社会を変えようと努力をしていたようだが、自民党自体は勝つ気が全く無く、選挙への対応もほとんどしていなかった、

  それがこのような結果になったのであり、全ては自民党に原因がある、


  知事選挙は準備不足もあっただろうから、すぐには対応できなかったかもしれないが、市長選挙は十分勝てる可能性はあった、

  なぜなら自民党の得票をまとめれば、かなりの票を得ることが出来たのだから、他党のようにすればよかっただけだ、

 
  今回の選挙では自民党以外は、自分の支持している候補者に投票をしており、殆どの支持者が特定の候補者に投票をしている、

  複数の候補者に投票をしているのは自民党だけで、自民党の投票に対する異常な行動が目立っている、


  維新の勢力に関しては、ほぼ100%コスプレ派に投票をしているのだから、そういう風に自民党がちゃんと投票をしておけば、少なくとも市長選は五分五分になっていただろう、

  後は無党派に対してアピールをすればよく、変な話だが市長選挙に関しては、対策をしっかりしておけば、普通に勝てる選挙だったと思う、

 
  それなのに大差がついたのは、完全に自民党が原因であり、こいつらが選挙協力を裏切ったことに原因がある、

  大阪の選挙では市民団体なども協力をして、色々なデモなども行っていた、

  共産党も全力で支援をしており、コスプレ派の撲滅活動をしていた、

  それに対して自民党は何もしていなかったわけで、自民党は最初か裏切る予定で、協力をしていたといえ、まったく腐った連中というしかないが、


  ともかく、今回の選挙は自民党とコスプレ派の出来レースであり、自民党と協力をして選挙をすればこうなるという、わかりやすい結果だといえる、

  以前も書いたが、ここに民主党が少しでも関わっていれば、少しは話しも変わっていたのだろうけど、自民党主体ではこんなことにしかならない、


  しかしそれをメディアが報道することはなく、このことをプロパガンダとして利用すべく、インチキをやってくると考えたほうがいいでしょう、

 
  次に、この選挙で重要になったのは、やっぱり民主党がいないとダメだということ、

  もしくは社民党でもいいし、小沢さんの党でもいいのだけど、自民党が主体になると、こういう失敗をしてしてしまう、それが出たような気がする、


  沖縄の選挙は成功しているが、あれがうまく行ったのは自民党を排除したからで、自民党がもし沖縄の問題に関わっていたら、たぶん今のようにはなっていなかっただろう、

  以前の沖縄の知事は自民党系の人間で、奴は最終的には沖縄を裏切った、

  基地建設の容認をして、アベのクズに媚を売って金をせびった、


  今回の大阪もそうでしょ、自民党のやつは最終的には、大阪の人々を裏切って、コスプレ派について、大阪都構想にもある意味賛成をしている、

  そういうところは、以前の基地建設を容認した、沖縄の知事とそっくりで、同じことをしたと考えるのが妥当だろう、


  自民党の政治というのは嘘とペテンだけなので、連中には誠意というものが存在しない、

  沖縄でも自民党系の政治家は、基地建設には反対だとよくいっていた、

  
  以前鳩山氏が沖縄の基地問題で批判された時に、大規模デモをして鳩山氏を批判し、基地建設に反対だという集会を開いていたのは、自民党議員やその関係者だった、

  それがその後沖縄の国会議員になったり、地方議員になった途端、基地建設ばんざいといいだして、今の基地建設問題の原因を生み出している、


  こういう問題があるので、今の世の中を変える、もしくは良くするためには、自民党を否定する以外の手がない、

  自民党は結局身の保身しか考えていないし、社会を良くするという考えが彼らにはない、

  自分の利益になるか損になるかという判断しか、連中はしていない、


  大阪の選挙でもそうでしょ?、大阪の選挙でコスプレ系が勝てば、アベのアホの軍事化が進むので、勝てる戦いだったのにわざと負けたわけで、

  都構想に反対している自民党は、素晴らしいと言っている奴がいたけど、そういう人達は詐欺師に騙されたことになる、


  自民党は理念よりも利益の政党だから、金のためならば人殺しでも平気でするような、極めて残忍な組織である、

  今起きている社会問題、沖縄ならば基地問題、福島ならば原発問題があるが、それに対して自民党は何一つ対策をしていない、

  なぜなら金にならないからだ、


  大阪のこともそう、大阪都構想反対だ賛成だといっていたけど、実はそれが嘘で、本当は金になるなら賛成、ならないなら反対といっていただけという可能性が高い、

  福島だって自民党議員は原発の問題を対処するといっていた、

  沖縄では基地問題は民主党とは違い、ちゃんと反対すると明言してた、

  TPPも反対すると自民党はいっていたよね、けどそういう人は一人もいなかった、


  そういう性質がある組織だったから、大阪の選挙は負けたわけで、自民党が全ての元凶である、


  だから大阪で民主党の影響力があったり、社民党や小沢さんの党の影響力があれば、それがクッションになって、今回のようなことを避けられたかもしれない、

  大阪の地方選挙では、民主党が負けて民主党は駄目だ沢山の人が悪くいっていた、

  その代わりに自民党はまともだという人も多くいたけど、その結果がこういうことになる、


  当時そういう話をしていた人は、なぜか自民党の問題を指摘することがない、

  どう考えても自民党が裏切ったことが原因なのに、それをいわないのはアンフェアだと思うのだが、

  
  そういうところは、昔沖縄のために頑張った、自民党に動員されていた沖縄県民を思い出す、

  彼らはいまだに民主党や鳩山氏を悪くいっているのだろう、そういう人と同じようなかたちが、今回の選挙で出たといえる、

  
  しかしそれは本質的な問題では無いのだ、日本の本質的な問題は自民党の害だけなのだから、ここを潰すことによってのみ日本の未来は開けてくる、

  大阪の失敗は自民党を認めて、民主党などを否定した時に起こる、ジレンマというか袋小路だったのだろうと思う、


  多分大阪の問題は、どう頑張っても解決ができないようになっているのだろう、なぜなら自民党は信用が出来ないからだ、


  そういう点を反省すべきだろうけど、日本人には反省の二文字はないので、これからも間違いを続けていき、最悪日本は崩壊するでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR