01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベパンツ大臣の犯罪問題、言論弾圧を繰り返す自民党、勘違いされている米中関係、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今年もそろそろ終わりが来ますね、相変わらず世の中は悪化して、アベみたいなのが大きな顔をしているけど、日本も末期的ですな、

  以前の日本はもう少し輝きがあったと思うのだけど、いつの間にか暗黒の国になってしまいました、


  自民党に投票するとこうなるという結果ですが、それはともかく何か書いてみると、そういえばパンツ大臣が、騒動を起こしているらしい、

  このパンツ野郎は気に入った女性の部屋に忍び込み、下着を盗むと興奮するという、自民党を代表する変態なのだけど、

  その点に関してもいろいろ指摘を受けているようだ、


  この問題で一番が大きいのは、このパンツ大臣が事件について否定をしていないことだ、

  たしかにこのパンツ大臣は、自分はやっていないという発言をしているけど、明確な否定はしていない、

  当時取り調べなども受けたらしいから、そのことを話せばいいだけなのに、なぜかそういうことについては発言をしていない、


  またこのパンツ大臣が、ドロボウであることが捏造ならば、その週刊誌などを告訴すればいいのだけど、そういう動きも全く無い、

  パンツ大臣がやったのは、自分の住んでいる地域の週刊誌を買い占めて、地域の人に下着泥棒であることがばれないようにしたくらいで、週刊誌そのものに対しては何もしていない、


  それに週刊誌に書かれていたのは、被害者の妹の発言なのだから、当然事実になるわけで、それを否定できる意見を強くいわないなら、アベのパンツ大臣は犯罪者だと認めることになる、


  法律は金で捏造ができるので、客観性はないけれど、こういう行動を見るとやはりアベの大臣は、下着泥棒であったと決めつけるしかなく、アベは性犯罪者内閣を作ったと見るのが妥当だろう、


  そしてさらにこのパンツ大臣には別の疑惑もあり、それは葬式に行った時の香典の問題である、

  この人物は親しい人の葬儀にいったことがあり、その時に香典を渡していた、


  法律上政治家本人が香典を渡した場合は、違法ではないということになっているが、秘書に香典を渡した場合は、違法行為になる、

  また葬儀の時は花を送ることがあるが、この花を贈る行為は違法行為になるので、やってはいけないことになっている、


  そしてその問題につて、このパンツ大臣は自分が葬儀にいったので、香典を渡したことは問題がないと言っている、

  しかし実際に葬儀に行った人によると、そんなパンツ大臣はいなかったと答えている、

  パンツ大臣は地元では有名らしいので、みればすぐに分かる人物ですから、葬儀に来ていた人が誰も見ていないならば、葬儀に来ていなかったのでしょう、


  更にこのパンツ大臣は、その葬儀で花を送ったらしいのだが、上で書いたように花を贈る行為は法律違反になる、

  国会の審議では、その送られた花(多分造花)を野党議員が、パンツ大臣に見せていたが、パンツ大臣はそれが何なのか分かっていなかった、

  つまり実際には葬儀にいっておらず、パンツ大臣は下着泥棒でもしていた可能性が高いということになる、
  

  普通に考えたらこんなものはアウトだけど、日本の司法は腐ったゴミ組織なので、これでも合法になるのだろう、
  
  なんたって、隠蔽工作のためにハードディスクをドリルで壊しても、お咎め無しの国ですから、法律なんて金で買える腐った国ですが、


  ただ表面的に違法性が騒がれているならば、それによるリスクや問題点は出てくるだろう、

  性犯罪者を度々登用している、アベの責任も多少は問われるのかもしれない、
  

  マスコミのことだから、どうせアベマンセー的な形で、捏造報道するので、正確な情報は伝わらないだろう、

  ただしそれでもダメージはあるはずだ、それがどうなるかということでしょうか、

 
  次に、BPOがNHKの報道に文句をいったことに対して、アベの基地外がキーキーいっているらしい、

  アベのクズといえばNHKを自民党の広報団体に変えてしまい、NHKのとどめをさした社会のゴミだけど、そういう関係で文句をいっているのだろう、


  そもそもBPOがいっていたのは、NHKがヤラセ番組をして、違法な報道をしたことに対する指摘である、

  そしてその指摘を自民党がやるのは、言論の自由に反すると発言をしていて、それ自体に間違いはない、

  間違っているのはアベの馬鹿だけである、


  言論の自由は自主的に守られるべき性質のものであり、国家が言論の自由を守ると発言することは、国家に都合のいい言論以外は弾圧することと同じである、

  アベや自民党のやっていることはそういうことで、連中のやっていることは言論弾圧でしかない、


  NHKが何らかの問題を起こしたら、それは中立的な機関が指摘をすべきで、政治家や政府がそれを批判すれば、言論弾圧になってしまう、


  そもそもアベなどの人間のクズがやりたいのは、言論の弾圧なので、その文句も正確な報道を求めるという意味ではなく、NHKに圧力を加えていうことを聞かせるためにやったに過ぎない、

  そういう点をBPOが批判をしたのだが、痛いところを突かれたのかアベのクズはキーキー奇声を上げて、騒いでいたようだ、


  自民党の目指しているのは、北朝鮮のような独裁国家であり、自由や平等のない偏った社会でしかない、

  そういう意味でいえば、自民党は自由でもなければ民主主義でもない、全体主義のファシスト政党にすぎないのだが、


  そんなところなので、今回のことも自分がNHKなどマスコミを、批判できなくなる困るため、BPOが悪いという変な理屈をいっている、

  しかし言論の自由の問題はメディアや国民のものであり、政治家がそれに対してどうだこうだいうのはおかしな問題である、


  最もそれが自民党に対する批判であれば、問題視するのもある程度は正しいかもしれないが、

  今回NHKで問題になったのは、社会問題の報道であり、自民党はまったく関係のないものである、


  つまり自民党がやったのは、報道機関が問題を起こした時に、それを利用して批判をして、自分の言うことを聞かせようとしていたわけで、それは言論の自由に反することである、

  この程度のこともわからない馬鹿が自民との本質であり、アベを筆頭とした低脳集団、それが自民党の本質だということです、


  後は、米中関係について短めに書いてみると、マスコミの報道では東南アジアで、米中が大規模な軍事衝突をするといわれている、

  しかし実際はそういう可能性はないのが現状だ、


  今の中国と米軍は軍事協力を進めており、ある意味においては日米間よりも進んでいる所がある、

  そのため日本人が考えているような、日米対中国の関係はなく、日米対米中という両方に米軍がいる状態にある、


  こういう環境があるため、米軍と中国軍は非常に関係が深くなっており、直接的に争うという図式はない、

  あるとすれば騒動を起こして、中国に圧力を加えるくらいだが、本質的に米中関係の深さはよく考えておくべきだ、


  日本人は中国を批判することが多いが、同時に米軍の中国軍が関係を深めていることも考えるべきで、

  そういう状況で中国と争ってどうなるのか、マスコミのプロパガンダに騙されていると、変な判断をしてしまうのではという気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR