06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

野党共闘における共産党の限界、大阪ダブル選挙はどうなるか?、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近の政治はアベが雲隠れをしたので、何が起こっているのかよくわからなくなっています、

  アベの馬鹿がどこかで何かを起こして、ああなってくれると楽なのだが、多分まだ生きていやがるんだろうな、この野郎は、


  まったくまあ面倒なやつだけど、今の政治論であるとすれば、共産党の動きがあるだろう、

  共産党は国民の中で支持を伸ばしているが、残念なことにそれは野党の票を食うような形でしか伸びていない、


  以前の宮城県議会選挙でも、共産党は伸びたが他の野党の議席が減っただけで、トータルでみるとほとんど変わることはなかった、

  その理由としてあるのが、共産党は野党として優れているとしか見られていない点で、与党の票を食うような性質がないのが、この党の欠点としてある、


  そのため共産党が伸びるたびに、他の野党の得票が減るようになっていて、それが政治的な問題となってきている、


  それに対しては野党の共闘をすべきだという話があるが、民主党は小沢氏が穏健派やリベラル政治家を引き抜いて、潰してしまったのでそういう人が少ない、

  小沢氏のやったことは間違いとはいわないけど、その結果民主党が変貌したことはよく考えるべきだろう、


  そのため今の民主党はリベラル政党ではなく、右翼勢力の影響が強いところだから、その考えを変えることが事実上できない、

  つまり右翼的性質がある民主党と、左翼政党の共産党がどう手を組むのか、というのが政治論の基礎になっている、


  当然そこには摩擦もあるだろうし、簡単にはうまくいかない事情もあるだろう、

  ただここを乗り越えないと政治変化が起きないので、なんとしてもうまく行かせなければいけない、


  また最近は共産党も本音をいうようになっており、今回の共闘は共産党にとっても意味があると、発言をするようになっている、

  実は共産党にとっても今の状況はかなりまずく、それほど状況が良いわけではない、


  よく今の共産党は勢いがあるから、選挙をすれば有利になるのではといわれている、

  しかしその有利になる程度が小さすぎるため、ほとんど意味が無い状態にある、


  例えば今共産党が選挙をしたとして、国政で増える議席は数議席程度になるだろう、

  しかもそれは全て比例の議席になる可能性高く、他の野党候補の議席を奪うことになると思う、


  上でも書いたのだけど、今の共産党の伸びは野党としての伸びにすぎず、与党の得票を奪うような意味は強くない、

  そのため自民党に勝つほどの得票にはならないので、結局共産党が伸びることは自民党が勝つ結果にしかならない、

  そして共産党が伸びる議席は数議席程度になり、その議席も他の野党候補の比例を奪う形にしかならないだろう、


  そういう現実があるので、実は今の状況では共産党は、非常に危ないところにもいる、

  それは野党の崩壊を引き起こしかねない立場であり、もしこのまま行けば共産党は、自民党の独裁憲法改正の、最大のアシスト役の仕事をすることになるだろう、


  また単純に今のままでやっても、議席がほとんど増えな問題があり、共産党は選挙区で勝てないという問題があるので、それを解消する必要がある、

  そういうところがありますから、共産党は野党共闘は共産党にとっても、メリットがあるといい始めており、そのような利益についていうことが時々ある、

  
  すこし前の国政選挙で、私の住んでいるところでは結構有名な、共産党の候補者が国政に出ていました、

  非常に知名度のある人だったのだけど、まったく歯が立っておらず、

  しかも他党との選挙協力をしておいて、その程度だったという結果になっていた、


  それで懲りたんじゃないかというのが、私の勝手に考えていることで、以前の共産党は自分でなんとかできると考えていて、それが無理だと悟ったのではないかという気がします、

  そこで野党共闘をしないと、これ以上は無理だと気づいて、対応をし始めたのでしょう、


  今のところ野党共闘には国民の興味も高くなっており、評価をする声が強くなっている、

  その声を利用することができれば、民主党などと手を組んで選挙区の議席も取れるかもしれない、


  今の共産党は実は殆どできることがない状態にあり、ある意味においては困ったポジションにいる、

  それを打開するための野党共闘でもあるので、共産党はそのような説明をすることも増えてきている、


  その辺りの話が進んでいけば、ある程度理解をしあうこともできるだろう、

  共産党以外は右翼政党が多いが、利害の一致があると分かれば、いろいろな行動がしやすくなるかもしれません、


  次に、そういえば大阪の選挙があるね、市長選と知事選挙だが、市長選挙は野党が多少有利くらいで、知事選挙は現職が有利らしい、

  ただマスコミの予測はあまりあてにはならないので、あまり気にせずに投票をした方がいいでしょう、


  最近選挙は期日前投票があり、この影響が非常に強く出ている、

  期日前投票というと、実際の投票と同じような傾向で、投票が行われると考えている人が多い、

  しかし実際は期日前投票と実際の投票がぜんぜん違うことがあり、それが大きな変化を起こすことがある、


  なぜそうなるのかはよく分かっていないのだが、期日前投票と当日の投票はかなり違う結果になることがあり、

  またマスコミは期日前投票の傾向を調べることができないので、投票結果に対する予測ができなくなっている、

  そういうところがありますから、今の状態でどうなっているかは分からず、多分投票率が上がってくれば、結果は大きく変わっていくでしょう、


  以前コスプレ市長が勝手にやめて、再立候補した時は最低の投票率だったが、今回に関してもその傾向はあると思う、

  そのため投票率を下がらないようにでき、さらに期日前投票の影響が出れば、結果が変わってきやすくなる、


  最近のメディアだと知事選挙は決まっているといっているが、正直そこまではいっていないような気がする、

  メディアの予測は期日前投票を考えていないし、低投票率の場合を想定しているので、

  期日前投票と投票率の向上があれば、結果は大きく変わってくる、


  平たくいえば投票率が上がれば、すべての選挙の結果が変わりやすくなっているので、そういう動きがあれば、選挙の傾向も変化していくことでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR