01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベのせいで自衛隊員が死ぬのはいつごろか、ロシア旅客機墜落、高騰する教育費の問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえば少し前に、ハロウィンが渋谷であったらしく多くの人が集まっていた、

  道路を埋め尽くすほどの人がいたらしいけど、よっぽど世の中にストレスが溜まっているのでしょうかね、


  多くはアベのやつが原因ですが、ともかく何か書いてみると、国会が開かれていないとネタがないのだが、ではちょっと抽象的な事でも書いてみますか、

  例えば安保法案がこれからどうなるか、というのことがありますけど、現状だと2つの可能性があります、


  ひとつ目の可能性が、東南アジアと中国が争っている問題に、自衛隊が介入する可能性で、

  この問題にはアメリカが深く関与していますから、集団自衛権の行使を考えるならば、当然自衛隊がこの問題に関わる可能性はあります、


  ただアメリカは、船を派遣して挑発行為などをしていますが、本腰を入れて対応をする気はなく、あまりまじめにやる気はないらしい、

  それを考えると日本に問題を押し付けてくる可能性があり、自衛隊が中国の船と争う可能性は出てくる、

  そういえば最近は、テレビでそういう話題を見ることが多いし、自衛隊員が最初に死ぬのは東南アジアかもしれません、


  そして次に可能性があるのは、アフリカの南スーダンに行くことです、

  南スーダンは内乱状態にあり、治安維持のためにすでに自衛隊がいっていたはずで、その活動の強化を考えているらしい、


  アベのやつが作った安保法案では、駆けつけ警護が可能になっていて、警護といいますが実際は参戦をすることなので、戦闘行為に巻き込まれる恐れが高い、

  そういう方向性に進むのは、来年の2月辺りらしいけど、その頃になるとアベのせいで、自衛隊員の死体が大量に、日本に送られてくる可能性があります、


  戦争というのは正義でも何でもなく、単純に人が死ぬだけなので、自衛隊員が行ったところで、死体になって帰ってくるだけで、何もできはしないだろうけど、

  特にアベみたいなバカに戦争は無理だから、自衛隊員は絶望的な状況に追い込まれ、無意味に死んでいくことだろう、

  そういう可能性が現状ではあり、アベによって自衛隊員が死ぬのは、中国と争っている東南アジア付近か、アフリカの南スーダンの可能性が高い、


  今までは警護、もしくは防衛という意味が強かったけど、これからの自衛隊は戦争をすることになるので、外国にいる武装勢力や軍隊に、突っ込んで戦うことになる、

  そのため向こうから来た兵士を殺すのではなく、敵軍がいるところに入っていって、殺し合いをすることになりますから、非常にリスクが高くなる、

  そしてアベのバカでしょ、こんなアホが指揮をするのだから、生きて帰れる人はそう多くはないでしょう、


  ただ中国に関しては、最近日中韓の交渉ができているので、日本側が東南アジアで戦争をするのは、ある程度難しくなっている、

  中国が軟化して日本を引きこもうとしているのは、そういう東南アジアのアメリカの挑発を気にしてかもしれず、そういうところがあるならば中国との抗争の可能性は低いかもしれない、


  安保法案は防衛のための法案ではなく、戦争のための法案であるから、そう遠くない未来に自衛隊は戦場に行き、そして多くが死んで帰ってくるだろう、

  そうすればアベや自民党は金が儲かり、プロパガンダやパフォーマンスもしやすくなる、


  それが起こるのは多分半年以内の可能性があり、アベのバカのことだから国会がひらかれていない時に、勝手に自衛隊を派遣して大量に殺し、それを隠蔽してくるのではないかという気がします、


  次に、ロシアの旅客機がエジプトで墜落をしたというの話があり、テロではないかという意見も出ている、

  現状ではただの事故ではないかといわれているのだが、一説ではテロの可能性もいわれている、


  最近ロシアはシリアの空爆をしているから、それに対する反発があったとしても不思議ではない、

  現状で可能性を指摘されているのは、荷物の中に爆弾が入っていて、それが爆発したのでは、という意見がある、

  今回の事件では、貨物が入っているあたりから爆発が起こっており、手荷物を使った犯行をいわれている、


  他の可能性では、整備不良が原因で、羽などがおかしくなって墜落したという話もある、

  実はこれはパイロットなども、そういうことを指摘する意見をいっており、整備不良で落ちた可能性はあるだろう、


  そして今いわれているのは、墜落をした現場の付近から発光が見えたという話があり、地上から撃ち落とされたのでは、という説も出ている、

  正直陰謀説に近いものであるけど、可能性そのものはないわけではない、

  特に最近のエジプトは混乱をしているし、アメリカの管理下にあるところだから、そういう関係で行動をした可能性はあるだろう、


  今ロシアはシリアの交渉で成功をしており、そういう流れを作ってアメリカを牽制している、

  そこでウクライナで起きたことと似た事件が起こっているのは、ちょっと怪しい感じもしなくはない、


  現状では機体の異常の可能性が高いようだが、テロの話みたいなものも出てきている、

  結論は分からないけど、執念深いロシアのことなので、何か問題があれば情報を上げてくるでしょう、


  後は、そういえば大学の学費が大きく上がるらしいね、何でも40万円くらい上がるらしい、

  日本の大学の費用は高いといわれていて、海外に比べても高額だといわれる、


  外国の場合は無料の場合も多く、大学の学費を払わないですむことが多い、

  アメリカの場合は高額になりやすいが、最近は緩和策をしているため、日本よりも負担が小さいと言われ始めている、


  日本の場合は奨学金が借金になるので、それがそのまま大きな負担になることが多い、

  日本の奨学金は返済をする必要があり、その奨学金は金融機関が貸しているので、取り立てが厳しくかなり大変なようだ、

  また奨学金は自己破産でなくすことができないので、そういう点を金融機関が利用しているのか、最近は金融機関系の奨学金が増えており、表面上はわからないようになっている、


  そういうところがあるのだけど、この40万円上がるのは国立のもので、今まで50万円程度で学べるたのが90万円くらいになるようだ、

  90万というと私立とほとんど変わらないし、理系はもっと上がるだろうから、医学部以外は私立と国立の違いはなくなるだろう、


  アベの基地外のやっていることはこういうことで、あのアホのクズはこうやって立場の弱い人を叩き、社会の可能性を狭めて国を衰退させているだけだ、

  それを信じている奴らも、国家を衰退させている害悪でしかないのだが、


  それはともかく、ここまで学費が上がってしまえば、多くの人は大学進学を諦めるだろう、

  奨学金の支払いもその分大きくなるから、大きな問題になる、


  そして少子化もこれから進むようになり、大学に進学しないといい仕事につけないことがあるから、それを考えると大学進学ができないと思ったら、子供を作らないことが増えてくるだろう、

  日本の少子化はたぶん今の数倍のスピードで進むことになり、いずれ日本人は絶滅危惧種に指定されるかもしれない、


  そんな馬鹿なことをしているのがアベと自民党だが、こうしてみると民主党の高校無料化は、ずいぶんいいことをしていた面もあったようだけど、

  自民党に投票した連中が原因で、多くの人の未来がなくなり、日本の将来は暗くなってしまったようです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR