01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

法律を守らない大阪市長、実は冤罪ばかりの日本の司法制度、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  この頃は夜になるとかなり寒くなりますね、昼はそうでもないのですが、もう冬なんでしょうか、

  それはともかく何か書いてみると、まず維新の党の問題がありますね、


  維新の党はコスプレ市長と、それ以外の勢力で分裂をすることになり、コスプレ市長側が維新の党の金を盗もうとしていた、

  コスプレ市長側は金がなく、来月の大阪ダブル選挙が危ういので、その金を盗むために勝手なことをしていた、


  こいつらがやっていたのは、維新の党の金庫や通帳を抑えることで、そいうものを利用して勝手に金を引き出し、それを使おうとしていた、

  特に、政党助成金を勝手に引き出していたことは犯罪性が高く、コスプレ市長は将来投獄される可能性もある、


  まあコスプレ市長は一応弁護士だから、自分だけは助かるようにしているが、こいつに協力した連中は、刑務所送りも覚悟したほうがいいだろう、


  そんなことがあったのだけど、コスプレ市長派は盗んだ金を勝手に使おうとしたが、それは法的にかなりまずいと考え、その金を国に返すことにし、

  コスプレ市長のバカは、我々は維新の党を解党するので、こういう貰ったお金を返したいと、勝手に維新の党の解党をいい出していた、


  しかし、このコスプレ市長はとうの昔に離党をしており、その周囲にも維新の党の関係者は存在しない、

  しかもコスプレ市長は別に党の代表でもなく、べつの人が代表の時に勝手に離党をしたのだから、そもそもこの人間が党をどうこうする権利はない、


  ネットでは、よくいわれる話しなのだけど、このコスプレ市長がやったことを認めるならば、昔別の党にいた人はだれでも政党助成金を引き出してよく、解党も勝手にできるのではという意見がある、

  当然そんなことはできないわけで、この馬鹿がやっているのは来月の大阪ダブル選挙への、演出効果でやっているのだろう、


  とはいえ、こういう騒動自体は余り評判がよくなく、そのダメージは維新の党へもいっているが、同時にコスプレ市長派への批判も強くなっている、
  

  またコスプレ市長は維新の党を刑事告訴するといっているが、実をいうと刑事告訴を受けるのはコスプレ市長派である、

  このアホがいっている告訴の内容は全てデタラメで、完全に間違った話しかいっていない、


  現状の維新の党のトップが権限を持っているのは間違いがなく、そういう形にするように指示をしたのは、コスプレ市長自身がやったことだ、

  どういうわけかこのバカは、そのことをすっかり忘れたらしく、完全間違った情報を元に、完全に間違ったことをいっている、


  これでも弁護士なのかと思わせるところだが、こいつは弁護士というよりも犯罪者であり、倫理観などというのは一切ないのだろう、


  ともかく、コスプレ市長が維新の党を分裂させ、党の金を盗もうとして失敗した、

  そうさせたのは大阪のダブル選挙が原因だろうが、維新の党と何の関係のない人が、勝手に金を使おうとしたのは犯罪行為だといえる、


  それがどうなるかだが、コスプレ派は刑事告訴をするといっているけど、どう考えても刑事告訴を受けるのは、大阪側の政治家であろう、

  だって党の人間ではないのに、勝手に政党助成金をもらったのだから、それはドロボウになるからだ、


  連中も自分が犯罪行為をしていることはわかっているだろうが、来月の選挙のためのパフォーマンスとして行っているのだろう、
 
  選挙対策にドロボウをする辺りが、コスプレ市長の本質を表しているけど、

  そんな下らないやつらなので、こいつを始末できないと、より恐ろし未来が待っているでしょう、


  次に、政治の話とは直接関係はないが、冤罪の話があるようだ、

  何でも子供が焼死した事件で、その犯人だと決めつけられて、無期懲役になった人がいたらしい、


  実はこういうことは日本ではよくあることで、日本の刑務所にいる人が本当に犯人であるかは、よく分かっていない、

  日本の刑事裁判では自白を重視する傾向があり、物的な証拠を軽視する文化がある、

  そのため物的証拠がなくても自白だけで逮捕したり、判決をするのが一般的なので、このようなことはよく行われている、


  最近の小沢さんもそうだったけど、あれも関係する会社の人の証言だけで、数億の金をもらったことにさせられたが、

  それを証明する物的証拠はなく、唯一あったのは小沢氏の秘書が、会社関係者とあったといわれるレストランのレシートのみだった、


  レストランのレシートだけでは、誰とあったかわからないはずなのだけど、なぜか裁判官は超能力者だったらしくて、そのレシートを見たら小沢氏の秘書と、その会社の人が金のやり取りをしているのが見えたらしい、

  そういう神のお告げが理由で、小沢氏の秘書は政治家だったのにやめることになり、今は刑務所にいる、


  マスコミはこの問題を悲劇的にいっているけど、数年前自分が同じことをしていた点については、一切報道をしていない、

  マスコミは腐ったゴミというしかないが、


  ともかく、冤罪の問題というのは根が深く、日本の司法制度は前時代的なものであり、近代的なシステムといえるものではない、

  例えば外国の場合はこういう問題は起こらないようになっており、このような問題が起こったのは、司法制度が欠陥品だからである、


  海外の場合は自白による起訴は基本的には不可能で、そういう形で裁判にかけるのは難しくなっている、

  なぜなら取り調べをする所と、起訴をする所が分かれているので、取り調べに問題があれば起訴ができないからだ、  


  しかし日本の場合取り調べと起訴の部分が一体化しているので、不正な取り調べをしても起訴が可能になっており、
  
  その結果起訴をすると脅して、暴力的な取り調べをするのが一般化している、


  こういう腐った制度があるので、最初で書いたように日本の刑務所にいる人は、実は犯人であるかどうかはわからなくなっている、

  明確な場合もあるけど、日本の司法制度は証拠軽視、自白重視の制度なので、証拠が全く無いのに、自白だけで投獄されている人は非常に多い、


  そしてその自白は起訴をする脅して、無理やり強要するのが一般的で、自白をした内容についても、検察が自分で書くのが普通ですから、検察に都合のいい内容しか自白としては認められていない、


  恐ろしい国に住んでいるものだけど、こんなものを認めているから日本はダメなのだが、それに気付くことはなく、日本はだんだん潰れていくでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR