01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

重要な臨時国会について、人の金を盗む大阪維新の会、アベ右翼のユネスコでの失態、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  この頃は外国のメディアの日本語版が増えてきて、ネットだと大手メディアのものも読めるようになっています、

  今は翻訳が低価格でできますから、そういう形のビジネスも難しくはないのでしょう、

  私もネットから情報を得るようになっていますが、その半分くらいは外国メディアの日本語サイトなので、だんだん日本のメディアの存在価値がなくなっているようです、


  それはともかく何か書いてみると、この文章は少し前に書いたものなので、今起きていることとズレがあるかもしれませんが、

  今の政治情勢で重要なのは、臨時国会が開かれるかどうか、ということです、


  臨時国会が開かれれば、TPP交渉の問題や、アベの閣僚のパンツ泥棒問題など、色々な重要な議題を話し合うことができる、

  まあ大したことのないものも混ざってはいますが、そういうことを話し合うことができれば、国民も理解をすることができ、アベはダメだということもはっきりする、


  それに国会を開かないとできない手続きもあるので、臨時国会を開かないと色々な、手続き上の問題が発生するといわれる、

  そもそも新しい内閣になったのだから、所信表明演説をする必要があり、大臣いついてもどんな人物であるのか、議会の洗礼を受けるのが民主主義であろう、


  だがアベの馬鹿は能なしカスなので、こいつはどうも開く気がないらしい、

  ほんとしょうもない奴だけど、国会を開かない民主主義国家は、すでに民主主義国家ではないと思うのだが、日本はファシスト国家に変わっているらしい、


  まあこの辺りは日本政府の制度設計の問題で、日本の政治システムは性善説で作られているから、アベみたいな犯罪者がでた時の対処法がない、

  安保法案だって、外国ならばアベを逮捕する裁判所などがあり、日本でなければアベや自民党議員は、今頃投獄されていたか、それに近い形になっていただろう、


  臨時国会だって、民主主義を守るためには必要なのだから、もっと野党に強制力をもたせるべきが、臨時国会を野党側が開くのを制限している所がある、

  ある意味において日本は民主主義国家ではなく、懐疑的発想をもとにした、近代的民主主義ではないことが、問題点として現れたと見ていい、


  話がずれたけど、臨時国会が開かれればいろいろな議論が行われるし、それは必要なことだといえる、

  特にTPPに関しては情報がほとんど出ていないのだから、国会で議論をしてどのような問題があるのか、明らかにするのが議会制民主主義であろう、


  アベのバカは、自分は世論の支持を得たといっているが、民主主義というは人気投票ではなく、こういう制度の手続きをしっかり行い、

  問題の起こらない社会にすることが目的なのだから、支持があろうがなかろうがそんなことはどうでもいいのだけど、わからないのだろう、


  馬鹿に付ける薬はないということで、臨時国会がどうなるかは分からないが、開かれなかったとしても、自民党にダメージになるように、話を持っているう必要がある、

  少なくともTPPの報告と、新しい内閣になったのだから、大臣への質疑などは最低限しなければならない、


  アベのやつは外遊があるからといっているが、外遊があるからといって、国会が開けないわけじゃないのだから、そんな馬鹿な理由は言い訳にはならない、


  これからの政治では、こうやって国会を開かないといけない、という話を少しずつ増やしていって、圧力をかけることがいいのではないかと思います、


  次に、維新の党の内部抗争があるらしい、今どうなっているかちょっとわからないのだが、私の知っているタイミングだと、コスプレ市長派が金庫や通帳をおさえていて、勝手に金を使おうとしている、


  そして、コスプレ市長派は維新の党の解党をいい出し、解党をするから政府からもらったお金は、返却をしようといっている、
 
  少し前までは、そのカネを盗る気で満々だったのだが、維新の党から全員が離党をしてしまったため、法的な権限がないという問題がでてしまった、


  それでどうせお金をもらえないならば、維新の党を解党して、党が持っているお金をなかったことにしようとしている、

  それができる理由としてあるのが、維新の党の判子をコスプレ市長が持っていることで、そのはんこを使って解党手続きをするといっている、


  党員じゃない人間が、勝手に別の党の判子を使って、解党手続きをするとどうなるのか、正直分からないが、手続き上正しいのだろうかね、

  まあただ、維新の党も対応はしていて、コスプレ市長が持っている判子の登録は抹消し、今は別のものに変えたといっている、

  それが事実ならば、手続きそのものができなくなったといえるだろう、
  

  これから大阪ではダブル選挙があり、特に大阪知事選挙では巨額なお金が必要になる、

  そのため億単位のお金が必要だろうから、それがほしいというのが今回の騒動の原因だろう、


  逆にいえば、維新の党の金がコスプレ市長派に渡らなければ、連中は選挙活動もまともにでくなくなるわけだが、

  その形に持っていけば、コスプて市長派は壊滅状態になるが、多分奴らのことだから何らかの汚い手を使ってくるでしょう、


  後は小さな話だけど、アベのアホが中国の南京虐殺資料を、ユネスコが認めたことに怒り、金を出すべきではないといい出したことに対して、アメリカが批判的なようだ、

  ユネスコは世界遺産などの登録があるから、色々恩恵もある組織なので、日本が原因で潰れてしまっては困るということなのかな、


  もともとアメリカはユネスコに対して批判的で、カネを出さないといって潰しにかかろうとしていたところを、日本が善意で支援をして生き残っていたのだが、

  アベのような基地外が日本のトップになり、今度は逆の形が生まれつつあるようだ、


  アメリカがユネスコ支援をするというのは、政治情勢の変化もあるだろうし、文化的な行為を評価している面もあるのだろう、

  そもそもユネスコの予算は数十億程度だから、そんなに大きな負担ではないというのも、アメリカの考えとしてあるのだろう、


  日本は右翼色の強い、頭のおかしい国になってしまったので、ユネスコを批判して金を引き上げようとした、

  それに対してアメリカが支援を言い出しているが、日本の右翼は多分ヘタレなので、ユネスコは重要だといい出し、また金を出そうとするのだろう、


  全く右翼というのは守銭奴の利権屋ばかりだが、そういう連中のアホな騒動のせいで、またくだらない問題が発生しそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR