01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

野党共闘の2つの方向性、アベの始末に必要な大阪の2つの選挙、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は時々デモの行くことがあるのですが、そういうのも悪くないなと感じることが多いです、

  変な組織のものに関わると大変なことになりますけど、普通のデモに行くと色々な地域のことを見ることができます、

  少し前はよく国会前にいっていたので、周囲の公園の綺麗なことなど、多くのことが得られたなと思いました、


  そんな話はいいのですが、今の状況だと何が起きているのかな、少し前に書いているので、わからないのですけど、

  では野党共闘について考えてみると、次の参議院選挙で重要なものは、野党の共闘だといわれている、


  実は次の参議院選挙は、小選挙区制に近くなり、かなり衆議院選挙に近いものに変わる、

  衆議院は小選挙区と比例制を組み合わせたものだが、参議院は複数の候補者が当選できる、中選挙区に近い所がある、


  それが次の参議院選挙では区割りが変わり、一人区が増えるため、かなり小選挙区に近いものに変わる、

  そのため、野党が共闘をしなければ選挙に勝てる可能性は低く、その対策が必要になっている、


  そしてその野党共闘だが、現状で見ると民主党と維新の党が中心になるグループと、共産党のいう国民国家構想と、その2つの中間に近い勢力に分かれている、

  民主党と維新の党は右翼色が強く、共産党との連立政権は難しいと考えているようだ、

  ただ選挙協力や閣外協力については肯定的て、そのような形をしたいと表明している、


  共産党は国民国家という政権を作ることを考えているが、単純にこの構想に載っているのは、生活、社民などの少数政党になっている、

  ただし民主党なども対立をする考えはなく、選挙協力をすることは重視しているようだ、


  これがどうなるかだが、ひとまずは2つの方向性がある、

  一つが民主党と維新の党の選挙協力で、これは政党間の交渉で決まっていく可能性が高い、

  もともとこの2つの党はかなり立場が近く、特に維新の党は大阪系が抜け、殆どが元民主党議員になった時点で、協力は非常にやりやすくなっている、


  そのため、この話は放っておいても進む可能性があり、民主党と維新の党は選挙協力をしていくと思う、

  まあ大阪の知事選挙などの結果も影響するので、現状ではなんともいえないところはあるが、ある程度可能性は高い話になるだろう、


  そして、次に案外難しくなっているのが、共産党の国民国家構想である、

  このプランに乗ったのは少数政党であり、民主党などは選挙協力や閣外協力については肯定的だが、連立政権をしたいとは考えていない、


  多分民主党などは、共産党がいう国民国家構想で政権を作った後に、解散総選挙をして政権をやめる点が気になっているのだろう、

  そうなってしまえば努力をして与党になった意味がなく、政策を通せない点を問題視している可能性はある、

 
  共産党としては野党のほうが居心地がいいので、与党になる不安があるのかもしれない、

  そのため安保法案を廃止した後は、すぐに野党に戻りたいのだろうけど、そういう話を民主党は受け入れられないと考えている、


  そのため共産党の提案は、そのままの形では成り立ちづらくなっており、共産党が態度を硬化させる可能性はある、

  しかしそうなってしまえば全てダメになるので、ここは国民が支えていく必要があるだろう、


  わかりやすくいえば、デモなどを行い共産党の活動を支えることによって、共産党が態度を硬化させないように、応援をしていくことが重要になっている、

  デモなどで共産党の構想を支援していけば、民主党も態度を変える可能性があり、少なくとも共産党が対応を変えないようにすることはできる、

  共産党が協力をしなければ選挙に勝てる可能性はないので、共産党に対しては国民の声で、支援をしていくことが重要になるだろう、


  これが今の政治情勢であり、野党連合をするためには、2つのものがあり

  ひとつ目の民主党と維新の党の協力は、政党間の交渉で自然に決まっていく可能性が高い、

  しかしふたつ目の、共産党の国民国家構想は、民主党が受け入れないので、単純な成立は難しくなっている、


  そうなれば共産党が態度を変える恐れがあり、それはなんとしても避けたいところだ、

  そしてそれを避けるためには、デモ活動を行って共産党の応援をする必要がある、

  共産党もデモ活動で支援があるならば、この構想をやめるということはないだろう、国民の支援があるかぎり、彼らは動くはずだ、


  このようにややこしい所があるのだけど、民主党の方は放っておいてもいいのだが、共産党への手助けが必要になっている、

  そして手助けをしたいならば、デモに参加をして野党共闘の圧力をかけて、共産党の立場を強くすることが重要になるだろう、


  次に、これから重要になる選挙としては、大阪の知事選挙と市長選挙がある、

  この選挙ではコスプレ市長と、その腰巾着の大坂知事が、引退することになったので、代わりの人を出す選挙になっている、


  本来であればこんな下らない理由で、選挙をすべきではないのだが、下らない政治家を選んだから、下らない選挙になるわけですが、

  この選挙では自民党系が、反維新の形で立候補をしている、

  正直自民党は胡散臭い奴らだが、他に候補者がいないので、自民党系が出るのを支援するらしい、

  共産党も、その自民党候補を支援しているらしく、かなり大掛かりなものになりそうだ、


  この選挙が重要なのは、大阪系の維新グループに止めをさせることで、そうすることによってコスプレ市長の影響力を削げる点にある、

  このコスプレ市長は引退するとかいいながら、すぐに手のひらを返す胡散臭いやつなので、トドメを刺せるときに始末をすることが重要だ、


  今回の選挙ではコスプレ市長にとどめを刺すことが可能で、これで負ければ大阪系維新の党は、事実上消滅する、

  その後どうなるかというのはあるが、この勢力を潰せばアベ一派は手駒を失い、こいつらを始末しやすくなるだろう、


  以前もそうだったが、アベの馬鹿は始末をするのが難しい所がある、

  いわば汚い虫みたいなもので、飛び跳ねたり毒を撒き散らしたりして、なかなか潰しづらいところはある、


  だからこういうところで少しずつポイントを稼いで、アベを始末できるように、流れを作ってくことが重要になる、

  この選挙でアベ系の大阪維新を潰せれば、来年の参議院選挙も楽になり、ある程度流れを変えることも可能になるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR