01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

臨時国会は開かれるか、ユネスコが認めた南京大虐殺、トルコのテロの複雑な事情について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はまだ暑い日がありますね、冬になるのかと思ったのだけど、またに夏になるとは不思議なものです、

  おかげで何を着ればいいのか分かりづらいですが、それはともかく何か起きているかな、

  今話としてあるのは臨時国会を開くべきかどうか、というものがあるらしい、


  国会は夏の前あたりと、冬になって開かれることがあるが、それ以外でも国会が開かれるのが普通だ、

  特に秋から冬にかけて開かれる国会では、今までもいろいろな議論が行われてきた、


  今回はTPPの合意という話があるし、アベ内閣の話をきく必要もあるだろう、

  アベの話なんぞ聞いても一切意味は無いのだけど、どんだけこいつらが間抜けなのかは、話を聞いておく必要がある、

  そうすればアベが馬鹿であることがよくわかるからだ、


  ただしアベはバカなのだが、周囲には別の考えもあるようで、アベがバカであることがばれるのを極端に恐れている、

  そのため臨時国会を開かない方がいい、という意見が出ており、自民党と公明党はそういう考えのようだ、


  自民党の連中はデモを恐れているらしく、国会を開くとデモが来るのでやりたくない、と考えている、

  それはデモの効果がかなりあったということなのだろうけど、


  ともかくアベのやつはセコイ人間なので、国会を開いて批判を受けたくないと考えている、

  バカなりに知恵をつけたということなのだろうが、所詮はバカなので人の役には立たないが、


  国会は野党要求があれば開くことが出来、それで会議を行うことはできる、

  ただ国会でどのような議論をするのかは、与党が決める権限を持っているため、単純に野党が国会を開いても、あまり効果はないらしい、


  そのため現状では野党は、与党に国会を開けと要求をしつつ、開かなかったら権限を使うといっている、

  それをデモなどで後押しができれば、情勢が変わってくるだろうけど、そのあたりが大事になりそうです、


  次に、南京大虐殺事件の資料がユネスコに登録されたらしい、おかげでアベの基地外はキーキーいっているようだが、相変わらずしょうもない人間のクズである、

  南京大虐殺については、どの程度の規模であったのかについては諸説あり、数十万人から数万人までいろいろな話がある、


  それがどの程度であったのかは、当時の日本軍が資料を処分したので、今となっては分からなくなっているが、

  最低でも数万人は殺しただろうといわれている、


  なぜ南京大虐殺が起きたのかというと、それは日本軍の補給線が伸びたことに原因がある、

  実は中国に攻めた日本軍は物資が足りず、補給を全く受けられない状態で進軍をしていた、

  そのため物資は現地調達をしており、平たくいえば盗んでいたわけで、当時の日本軍は強盗まがいのことをして、中国を攻めていたわけです、


  そのため略奪に関わる殺戮も多くやっていたのだが、もう一つ問題があったのが、敵軍の捕虜をどうするかという問題です、

  捕虜を確保するためには、その施設が必要になるし、管理をするための資金も必要になる、


  しかし略奪をして物資を集めないといけなかった、当時の軍部には捕虜を確保する能力はなく、捕虜は基本的に殺していました、

  そして南京での虐殺もその一つだといわれ、南京に立てこもっていた数万の中国軍を捕まえ、捕虜に出来ないので皆殺しにしたのが、南京大虐殺の経緯だといわれています、


  そのため数万の兵士を殺したのだから、最低でも数万には殺しているといわれ、

  たまたま残った当時の資料では、日本軍が南京を攻めてから、南京の人口は20~30万人ほど減っていたので、数十万人を殺したのではという説もあります、

  (ちなみに数十万人の人が減った資料は、当時の日本軍の資料が、中国に残っていて分かったものです、)


  このような話が南京大虐殺にはあり、よく右翼の奴が南京をせめて、そこにいた兵士が一般市民に紛れたから、殺したというのは半分は正しいのだけど、半分は間違いです、


  正確なことはわからないのだけど、あちこちで投稿した中国兵を皆殺しにしていた日本軍を見て、

  投降しても殺されると考えた中国軍が、市民に紛れて逃げた所を捕まえた、という辺りが真相でしょう、

  その時に関係のない市民も大量に殺していたでしょうから、実際は兵士の数倍の人数は殺していたのでしょうな、


  そんな話があるのですが、南京の虐殺は等南アジアで、補給が絶たれて餓死した兵士が、物資のある中国に向かった行為のようなものです、

  東南アジアでは物資がなく餓死しましたが、中国では資源があったので略奪と殺戮をした、それが東南アジアと中国での、日本軍の行いの違いだといっていいです、


  それによって多くの人が死んだのだけど、その事実をアベやその周囲の基地外が、南京虐殺などないと、国際社会訴えかけ続けたことにより、事実を認めなければいけなくなって、ユネスコが認める結果になった、


  多分アベが騒がなければ、ユネスコがそう動くこともなかっただろうし、ユネスコに対しては日本政府が認めないように、さんざん嫌がらせをしていた反発が、今回認められた原因になったらしい、


  アベみたいな馬鹿のやる事はこの程度ということだが、こんなバカを認めていると、日本人は頭のおかしい民族として、国際社会から抹殺されるでしょう、


  後は、トルコでデモに対するテロがあったらしく、多くの人が亡くなったようだ、

  トルコには民族問題があり、それが原因で色々な問題が起こっている、

  特に最近はとある部族の地域を、トルコ政府が軍事攻撃しており、そのことと今回のことは関係があるのではといわれている、


  今回のテロでは100人近くの人が亡くなり、自爆テロだったようで犯人も亡くなっている、

  犯行声明は今のところ出ていないが、イスラム国ではないかという意見もあるけど、別の勢力の可能性も高い、

  またトルコ政府自体が、自作自演でやった可能性も疑われており、政府によるショック・ドクトリンではないか、という話も出ている、


  トルコといえば最近、ロシアに対して軍事干渉をしていて、それが問題になっている、

  トルコは実はシリアに対して軍事侵攻をしており、シリアの反政府勢力にはトルコ軍がいるといわれる、


  シリアの反政府勢力は、シリアの北部を中心に抑えていたが、そこで戦っている人の多くはトルコ人で、物資の補給もそういう方面から受けていたようだ、

  そういう点はロシアにもあり、シリア国内にはロシア軍がいるのではないか、そういう指摘も存在する、


  今回のトルコのテロは複雑な事情があり、ロシアとトルコの対立による問題の可能性も存在する、

  特にいまロシアはイスラム国と戦っているから、その辺りと話が絡んできたら、政治謀略の可能性を考えたほうがいいだろう、


  シリアにおける、ロシアのやったことの良し悪しはあるが、もしかするとシリアの内部に巣食っている、何かを引っ張りだしたのではないか、そんな風にも思えます、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR