03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

マスコミのインチキ報道、おかしなTPPのニュース、シリアへのロシア介入の是非について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ冬が近づいてきますね、最近の冬は大雪が降ったりするけれど、今年はどうなりますか、

  それはともかく何か書いてみると、まずは小さな話だけど、民主党と維新の党が、選挙協力で合意したというニュースから書いてみます、


  何度か私も書いたことがあるのだけど、この話は結局デマだったらしい、

  民主党のサイトによると、維新の党と民主党の選挙協力の合意は、今月末辺りに中間報告を行うとあり、今の段階でどうするかは決まっていないようだ、


  マスコミは公務員の給料を二割減らすとか、消費税のアップを決めたと報道していたが、そういう事実はなかったようだ、

  ネットで多くの人が引っかかっていたようだけど、私はマスコミを信じる気持ちは全く無いので、引っかかることはありませんでしたが、


  この話を書いたのは日経だったかな、日経は実は産経グループと関係が深く、うそつき捏造新聞の産経の友達ですから、少なくとも政治論においてはまともな報道はしません、

  日経は経済論もあまり信用出来ないと聞きますが、少なくとも政治論においては、一切信頼しないほうがいいようです、


  (しかしまあ、こんな嘘を平気でマスコミはつくようになるとは、日本の終わりが近そうですが、)


  次に、TPPの話が出ているようだね、マスコミは相変わらずの捏造情報ばかりを流し、まともな報道をしたところは、一切ありませんでしたが、

  日本のマスコミなんて社会のゴミなので、連中が人の役に立つことなんて、永遠にないのですけど、


  ともかく、マスコミはTPPは関税の問題だといっているが、実際は関税の問題は一部にすぎない、

  それで損か得かというのはペテンなのだが、メディアの報道は、そういうことを繰り返していたようだ、

  
  多少はマシな報道をする、報道ステーションでもそういう形でしか伝えておらず、他のメディアはそれよりも腐った報道に終始していた、

  おかげで多くの人が、TPPは関税の問題だと誤認しており、まんまと詐欺に引っかかっている、


  またこのTPPはまだ交渉の結果は出ておらず、どういう形になるかは分かっていない、

  TPPはまだややこしい交渉が残っており、その交渉がうまく行かなければ、TPPを始めることは出来ない、


  たしかに大きな進展はあったが、最終合意はなされておらず、現状ではTPPが合意したわけではない、

  実際海外ではTPPが合意したという話はなく、そういう報道は日本国内だけで行われているようだ、


  ホント日本は情報鎖国の国で、現実を見る能力のない社会なのだろうけど、TPPの問題はこれから大きくなっていき、だんだん世の中を狂わせるものだと気付くことになるでしょう、


  後はシリア情勢について書いてみると、マスコミによるとロシアが軍事侵攻をして、シリアの難民は増えるだろうという意見が出ている、

  確かにそういう意味はあるが、そもそもシリアの難民が増えたのはイスラム国が原因なのだから、ロシアの空爆と難民は直接関係はない、


  正直なんで難民問題と、イスラム国の問題を結びつけて話さないのか、謎ではあるのだけど、

  シリアの今の勢力図を見る限り、シリアの半分くらいは、もはやイスラム国になっているのだから、それが原因で難民が増えているのだろう、


  シリア政府の空爆は以前から行われているし、それによって難民が増えるという可能性はない、

  なぜならシリア政府は今劣勢であり、空爆ができる範囲も狭くなっているのだから、

  シリア政府によって難民が出る可能性はあっても、それが増える可能性はないと考えるのが妥当だ、


  そしてロシアの攻撃にはある程度の正当性があり、シリア国内の半分がイスラム国になったのだから、それを支援しなければシリアはこの世から消えてしまう、

  反体制側がアサド体制を潰したのならば、それから別のシリア国家が生まれるが、イスラム国に滅ぼされたシリアは、国家そのものが消失してしまう、

  そういう問題に対して、ロシアが支援をするのはある意味当たり前であり、それ以外の国がなぜしないのか、というレベルの話ではないか、


  シリアの勢力図を見てもらえば分かるのだけど、いまのシリアは半分以上がイスラム国化をしており、シリア国家と呼べるのはもう半分くらいしかない、

  その半分を政府軍と反政府軍が争っているのだから、外国が支援をしてイスラム国を追い返すのは、ある意味当然なことだろう、


  そうするとシリア政府の空爆で亡くなった人が多く、イスラム国が殺した人が少ないのだから、難民の問題はシリア政府であり、ロシアだという意見が出てくる、

  しかし、そもそも今のシリア問題はイスラム国の問題が大きく、難民問題はその結果にすぎない、


  だから難民問題から議論をしても意味はなく、まずはイスラム国の話を考えなければいけない、

  そしてイスラム国の問題を考えるならば、領土の半分くらいを取られているのだから、その支援をするのは当然だろう、


  アサド政権が多くのシリア人を殺したというのは事実だが、この内乱は数年にわたって行われており、しかもかなり戦争の流れが大きく変わっている、

  例えば一時アサド政権が不利になったこともあるし、今のように反政府側が不利になっている時もある、

  そういう形で争っているわけだから、当然大量の人が死ぬことになるわけで、それはそうなるしかない、


  そのような戦争がずっと起きていたのだから、戦争で死ぬシリア人はたくさんいるだろう、

  しかし今はそれが問題ではなく、問題になってるのはイスラム国である、


  確かにイスラム国が殺した人は少ないのかもしれないが、彼らはシリア人を奴隷として利用する予定で、だから殺していないだけだという問題がある、

  アサド政権は内乱の対処だから、反政府軍を殺すことになるが、

  イスラム国は奴隷を得るためなのだから、基本的に地域住民を殺すことはない、


  イスラム国はタリバンと同じ現地ゲリラの養成によって、勢力を拡大しているのだから、征服地域で人を殺さなかったからといって、それが正しいわけではない、

  つまりアサド政権とイスラム国は、方向性が違うだけで、比較を簡単にできる相手ではないということ、


  そういうことをよく考えて、シリア情勢を読むべきで、そう考えてみると今のシリア問題は、イスラム国が原因でおかしくなっていると見るべきだ、

  それを対処するロシアは、良いとはいえないが間違ってはおらず、少なくとも欧米諸国よりは、シリアのことを考えているといえる、


  アメリカはアサド体制を潰して、新しい体制にするべきだというが、国土の半分がイスラム国になった現状で、まともな選挙などができるわけがあるまい、
  
  結局イスラム国というゲリラ国家を作った、アメリカにすべての罪があるのであって、その責任を取るのはアメリカであろう、


  シリアの問題はわかりやすいプロパガンダだが、この問題では結局欧米諸国が悪い、

  それはロシアを悪くいうためにシリア問題を騒いでいるからで、その結果シリア問題をどうするか、計画をたてることができなくなったからだ、


  このまま行くとシリアはイスラム国の一部になりそうだが、そうなってしまえば難民以上の問題が発生するだろう、

  多分その時に、世界中のメディアは一斉にシリア報道をやめ、そんな国は存在しないような態度を取る、その可能性が高いように思えます、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR