01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

TPPで潰される日本企業、TPPは合意をしたのか?、民主党の野党連合について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

 


    どうもこんにちは、


  色々見ていると、そろそろ日本の終わりも近く、日出る国ではなく落日の国になりそうですが、さてどうなるんですかね、

  まあアベを始末できれば、べつの未来もありますけど、このアホを始末できなければ日本は確実に終わるでしょう、

  ということを何度も書いていますが、普通に暮らしている人は気づくこともなく、ある日現実を知ることになるのでしょうね、


  それはともかく何か書いてみると、TPP大筋合意ということがあったらしい、ついにTPPに入ってしまったか、

  アベのクズは、少し前の国連の集まりでも、アメリカから無視をされたので、TPPでいいところを見せようとしたのだろうな、


  その結果がこのザマだけどね、こんな知能の足りない馬鹿にできることはなく、無能な人間にできるのは国の破滅だけという、わかりやすい結末を描いてしまったようですけど、

  しかしTPPに入ってしまうとはね、これは多くの人が思っているものとは違い、かなり危険でリスクの高い制度です、


  TPPには、法律が二重になるような所があり、国民の生活が制限されやすくなるので、自分の人生などが大きく狂うことも考えておくべきです、

  例えば自分の働いている会社が、アメリカにとって不利益になる企業だった場合、いきなり潰される恐れがあります、


  そんなこと日本の法律に書いていないのだから、アメリカが気に入らないから自分の働いている所が、潰されるなんてあるはずがないと思うでしょうけど、それを可能にするのがこのTPPなので十分起こりえます、


  TPPというのはアンフェアなシステムで、アメリカ企業の都合が通りやすく、それ以外の国の都合が通らない制度です、

  TPPとよく似ているものに、NAFTAというものがあり、これはカナダとアメリカとメキシコが加わっている、経済連携を重視したシステムです、


  このシステムでよくいわれているのが、メキシコの不利益の問題で、

  今のメキシコではアメリカ資本の企業が大きな顔をし、現地の企業の多くが潰されています、


  なぜかといえば、NAFTAにはそういう機能があるからで、不平等条約に近い制度ですから、その影響で多くのメキシコの会社が潰れ、失業者があふれる結果になった、

  ある意味において、メキシコ人がアメリカに不法入国するのは、そういうことに理由があるのですけど、

  
  そしてNAFTAはアメリカにも深刻な被害を与え、企業の業績は回復をしたのだけど、大量の失業者と、貧困問題を生んだらしい、

  アメリカ国内の失業問題の原因は、やすい輸入品だったからか、大量の移民だったかは分からないけど、企業の都合だけを考える形にしたので、アメリカやメキシコに住んでいる人にとって、最悪の結果を生むことになった、


  それと全く同じシステムがこのTPPにありますから、メキシコの企業が潰されたことと同じことを、日本にしてくると当然考えておくべきだ、

  TPPは関税の問題や、農業の問題だといわれているが、実際はアメリカ資本による経済支配の問題なので、

  アメリカ企業の資本による、日本企業への搾取という形を、警戒したほうがいいわけです、


  実際こういうことはメキシコであったわけですから、当然TPPが原因で潰れる日本企業も出るし、

  サラリーマンの労働環境が悪化する可能性も高く、低賃金で奴隷のように働かされる可能性が高い、


  アメリカが支配する経済圏を作るのが、このTPPの基本的な狙いなので、

  普通に会社に努めている人にとっても、この条約は大きなリスクになり、この条約が原因で人生が崩壊する人も、それなりに出てくると思ったほうがいいでしょう、


  次に、ついでにTPPについてもう少し書いてみると、実はまだTPPの合意は行われていません、

  どちらかというと強引に、合意したという形を作っているだけで、交渉そのものはこれからもしていくことになります、

 
  たしかに大きなところの話はまとまっているし、懸念であったところの結論は出ている、

  しかし細かいところの交渉は全然終わっておらず、正直交渉が終わったといえる環境ではない、


  そして交渉そのものがまだ終わっていない上に、これは条約ですから各国の国会で承認する必要があり、それができないとTPPは効果を持ちません、

  そのため、実はまだTPPが始まったとはいえず、そういうポーズをとっただけというのが、今起こっていることです、


  ですから、逆にいえばまだ抑えることは可能で、そういう形にすること自体はできるところにいます、

  そういうことをどう考えるかが重要で、TPPは多くの人の生活に悪影響を与えますから、生活に支障が出ないようにしたければ、何らかの行動をしていく必要があります、


  後は、この文章は少し前に書いているので、今どうなっているかわからないのだけど、民主党と維新の党の話し合いの問題がある、

  民主党と維新の党は選挙協力を考えており、そのために政策のすり合わせをした、


  そこで問題になった点が2つあり、一つが公務員の給料を2割減らすことで、もう一つが消費税を上げることを認めることだった、

  消費税に関してはアベが勝手に上げるのだから、別に民主党などが発言をする必要はない、

  それなのに余計な発言をした問題はあるだろう、


  そしても一つの公務員の給料を二割減らす、というのは大きな問題だといわれており、色々な方面から批判を浴びている、

  ただ日本のマスコミは嘘つきなので、それが事実である保障はなく、本当はどういうことなのかは、まだよく分かっていない、


  また、このような話が出てきた理由としては、安保法案の問題が大きくあるのだろう、

  民主党は野党の第一党だが、正直なところ影が薄い所があり、最近の政治では共産党が目立っていた、


  そして野党連合についても、共産党がイニシアチブをとっていたため、民主党側としても、主導権をとりたいと考えている面はあった、

  それが原因だったのか、民主党はかなりを無理をして交渉をした可能性があり、それが妙な話が出てきた原因かもしれない、


  多分民主党は共産党に遅れを取るな、みたいな変な考えがあって、それで誰かが妙なことをしたのだろう、

  そうだとするといずれ修正される可能性はあるが、今の民主党の動きは一週間ほど見て、それでどうなるかを考えたほうがいいでしょう、多分途中で変わるような気がするので、




21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



   (7日に間違えてあげたけど、これ8日の分だった、多分バレてない、バレてない、、)

関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR