01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

軍事化で逆に狙われる日本人、TPPで奪われる日本人の仕事、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえば中国に捕まった、日本人のスパイの話が出てこないですね、中国側もあまり騒いではいないけど、どうなったのかな、

  日本のマスコミは政府の犬だから、報道しないというのはわかるけど、中国もいわないのは不思議な所がある、


  中国で捕まった人は、中国の軍事基地周囲の写真を大量に持っており、明らかに不審者だったという事実はあるのだが、あまり情報が上がってこないね、

  そもそも中国のメディアでは、日本への報道が大幅に減っており、ほとんど関心がないから、それが原因で情報が流れてこないのかもしれませんが、


  それはともかくなにか起きているかな、少し前の話になるけど、バングラディシュで日本人が殺されたらしい、

  その人は現地の農業支援のために来ていた人で、バイクに乗った人に銃撃をされたようだ、


  アルカイダなどの系統の勢力が、犯行声明を出していたが、この件についてもマスコミはほとんど報道をしていない、
  
  前のイスラム国の後藤氏のこともそうだが、マスコミはテロ問題について報道しない傾向が強い、


  それは報道をするとアベに不利になるから、情報を遮断しているのだろうけど、

  その銃撃で殺された人は、待ち伏せを受けていたようで、明らかに狙われていたと見るべきだ、


  つまり日本人だから殺されたわけで、銃撃をしたということは金品が目的ではなく、殺すこと自体が狙いだったと見るのが妥当だ、

  そうなれば当然日本人へのテロ行為になるはずだが、政府は何の対策もせず、メディアは本質的な報道をしていない、


  日本人の知能は死んでしまったのかもしれないが、日本という国は五感がなくなって、もう何もわからない状態なのかもしれないけど、


  ともかく、明らかに日本人を狙ったテロ行為が起きており、その原因にあるのはイスラム過激派の活動であろう、

  それは当然日本の安保法案に対する反発や、日本の軍事化によるリスクを考えて、日本人を殺しておこうと考えた可能性がある、


  日本人は戦争は遠い世界のものだと考えているけど、今は昔と違って正面から戦争をすることはなく、

  軍隊とゲリラが争うことが多いですから、自衛隊が戦争をするということは、ゲリラは日本人を狙ってくるわけです、


  なぜかといえば、自衛隊員に家族を殺された恨みを晴らすために、周囲に来た日本人を殺そうとするわけで、今は小規模でしかないけど、いずれはこの流れが大きくなり、世界中で日本人は命を狙われるようになるでしょう、


  よく憲法9条で日本が守れるのか、という意見はあるけど、確かに軍事的にいえばそういう面はなくもない、

  しかし国民の安全という点でいえば、殺す必要が無い相手だと思われる、憲法9条は国民のいのちを守ることはできる、


  国家というのは残酷なもので、国家が生き残るか、国民が生き残るか、結局のところどちらか一つしか選べないものである、

  だから、国家の生き残りだけを考えると、戦前のように大量の国民が死に、

  国民の生き残りだけを考えると、憲法9条のような国家の生き残りの戦略が、複雑になる結果をうむ、

 
  そういう状況下で、日本人はアベマンセ-、戦争ばんざいという、しょうもないことをしてしまったわけで、

  このまま行けば国家が生き残り、国民が死ぬ時代が来るでしょう、


  話がずれましたが、今回のバングラディッシュの問題は、日本の軍事化による日本人へのリスク問題であり、国家と民族をわけれ考えられない、単純な日本人には理解のしづらい所がある、問題だ、


  国家と国民の間には、国家制度の維持のためには国民は犠牲になるべきだ、と、

  国民のためには国家は犠牲になるべきだ、という二つの理論があり、

  この2つの論は同時に強くは成立しないので、できるのはどちらか一方だけになりやすい、


  そして戦争というのは国民を守るものではなく、国家制度を守るためのものにすぎないので、

  軍事による防衛や安全というのは、その地域の住民を犠牲にして、国家制度が残るという意味しか持っていない、


  国家と国民は分離した概念であり、混ぜるな危険的な存在としてあるので、それを同じものと考えて、国家と防衛を考えるのは極めて危険である、

  そしてそういう理屈でしかものを考えられないのが、日本人の知性の限界ではあるのだが、

  そのようなことをやっていると、だんだん今回のような殺害が起こりやすくなり、いずれ日本人全体の命を狙われる、狂った世の中に変わってくるわけです、


  次に、TPPの話でももう少し書いてみますか、TPPの話で案外重要なものに、労働力の話があります、

  実はTPPには労働の自由化という規定があり、この条約を推進すると強制的に、外国人労働者を受け入れる義務を持つことになります、


  どの程度になるかはまだ決まっていないようだけど、このTPPは経済に関する全てのことを、国家を超越したシステムを作ってコントロールするものなので、当然労働問題もその中には組み込まれています、


  労働問題というと、日本人の感覚では労働組合とか、労働者の権利程度のものでしょうけど、

  TPPで重視しているのは移民であり、やすい労働力の輸出を、この制度では大きな目標にしています、


  そもそもTPPとはアメリカ資本が、この経済圏の支配をし強制的な権限を持ち、それを使って好き勝手するために、作られたものです、

  それだけを聞くと、こんなアホな制度に関わる国があるのかと思ってしまいますが、

  なぜそんなアホな制度に関わろうとするのかというと、それは途上国の労働力の輸出問題があるわけです、


  TPPではアメリカと日本の経済力が突出していて、それ以外の国はあまり経済力がありません、

  そのためやすい労働力を、日本などに輸出して金を稼ごうというのが、このTPPのもう一つの狙いになっています、


  つまり、TPPに入ると強制的に移民を認めることになるので、外国人労働者が急激に増加する可能性があります、

  今の日本だとそこまで魅力はないと思うけど、強制的な仕組みがあるので、日本側が嫌だと行っても無視して、外国人労働者が入ってきます、


  そもそもTPPというのは、資本主義システムが国家を支配するためのものであり、国家を無視した経済システムなので、やすい労働力を国家や社会を無視してい利用する、そういう考えに基づいて作られています、


  そのためTPPに入れば日本の労働者の給料は大幅に下がり、権利も殆どなくなってしまうでしょう、

  アメリカみたいにいきなり首にできるようになり、日本国内の法律は無視される恐れが高い、


  その上で外国人労働者が、大量にはいってくることになり、それを認めないと裁判になり、そこで負ければ多額の賠償金を支払うことになる、

  しかもその裁判官を、アメリカ資本の中心人物がやっているのだから、勝てる可能性はないというのが、末期状態なのですけど、


  TPPにはありとあらゆる問題が存在し、その問題は労働問題に対しても強くある、

  そのことを念頭に置いておかないと、関税の問題だからオレの仕事には関係ないと、考えている人ほどひどい目にあうでしょう、


  (例えばある日いきなり首になったり、自分の代わりに外国の労働者が働くことになったり、そういう未来がだんだん近づきつつあるわけです、

   これでもアベを支持する右翼は、気が狂っているというしかないのですが、)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR