03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日本南下作戦

    どうもこんにちは


  最近は多少夏らしくなってきましたが、相変わらず曇っている日が多く、さわやかな夏とは言い難いような、そんな天気ですが、そういえば梅雨って明けたんですかね、なんだかまただ梅雨のような、そんな天気が続いていますが。 さて、それはいいとして今日は、日本南下作戦、という事でも、前回、前々回の続きで、日本という国の将来というものが、このままいくとちょっと怪しいと思うので、それでその原因を探っていくと、冷戦が終わったことによる、米国の姿勢の変化が大きいと思います、今週はそういうことをテーマにして書いているのですが、


  それで前々回では、米国のやろうとしているのは、冷戦の継続に近いものであり、そんな古いものでは時代遅れになるので、いずれ日本と米国の進む道はずれが生じるだろうという話で、前回書いたのは、ではそのずれの原因になっている米国の姿勢の変化と、その変化が日本に対してどう影響をしているか、ということを個人的に思っていることをちょっとかいてみたのですが、


  それで今回はその続きで、その状況下において日本の進むべき道は何だろうかと考えてみて、アメリカと付き合うことがアメリカの戦略にとっていいように操られるしかないなら、アメリカとの距離をとる方法を考えるべきだ、しかし、ただ距離をとるだけでは、日本の弱体化につながり、それではかえって悪化する恐れがある、ならそれ以外の国ならばどうか、例えば中国はどうかというと、中国はアメリカと裏で組んでるから無理ですね、 日本人は冷戦が終わったことを楽観視し、単純に考えているようだが、実際はそうではなく、例えば冷戦時も実は米中露の三カ国は、裏でつながっていて自国民と操るために、わざと対立のショーを見せていたような話も聞いたこともありますが、まあとにかく、冷戦が終わったということは、米中露の三カ国が、大っぴらに手を組めるようになったということ、裏ではかなり密接につながっていると見ていい、



  もちろん対立はあるが、その三カ国にとってのデメリット、メリットに対しては、全てを無視して手を組むだろう、つまり中国と手を組んでも、アメリカの都合で中国が動き、それによる打撃を受けるという恐れが消えるわけではなく、また、中国はアメリカと同じでたちが悪いといえばたちが悪い。


  それではどうするか、総合的に考えると南に向かうしかない、それでタイトルが、日本南下作戦、となっているのですが、まあちょっと物騒なタイトルなのですが、軍事的に南に向かうというのではなくて、国家全体の方向性、例えば外交的なベクトル、産業等の協力関係、そういう方向性を米中露という北の方向性ではなく、東南アジア、インド等の南に向ける、そうすることによって日本の将来性というものを維持し、そして、今起きている米中露の三カ国による、日本の圧搾という問題から回避をする、このまま搾り取られたらやってられないので、さっさと南に逃げようではないか、という話なのですが。


  それで日本南下作戦ということで、日本は南のほうへ行こうではないか、という話なのですが、考えてみると結構合理的ですね、確かに南のほうはこれからという国が多いですが、同時に経済の発展という可能性の広さもある、今の日本に足らないのはこの可能性の広さであって、それが南のほうへ行けばあるということです、そしてその可能性を南の諸国は、米中露の三カ国のように自分のためだけにしようという雰囲気もない、やはり東南アジア諸国は共同体であるので、国家というものは協力者というのもあるのでしょう。



  もちろん問題はあると思います、しかし、アメリカほど無法でもなければ、中国ほどたちが悪いわけでもなく、ロシアほど非情でもない、信用はできる相手だと思います、問題についても対処のできる範囲の問題が多く、米中露のようなどうにもならない問題ばかりで、しかもいつ日本を襲ってくるかわからない相手よりはましなはず。



  あとはインドを含めて、経済協力、外交的協力関係、そのあたりを考えていくのがいいでしょう、うまくいけば日本は、米中露の抗争と三カ国のメリット、デメリットが一致したときの圧搾という問題から逃げることができる、そしてうまく逃げれればこの三カ国の蚊帳の外に出れるでしょう、もちろんその蚊帳の外の世界には、蚊がいてさされたりして痒いときもあるでしょうが、薄暗い米中露という三カ国の蚊帳の中でリンチを受け続けるよりはましなはず。 リンチを受け続けるか、蚊に刺されてもいいからここを逃げるか、まあそういう選択肢ではないかなと思うので、そろそろそういう国の方向性を変えるような事をして、今起こっている厄介なことを避けるような方向性を、見出すべきではないかなと思います。




    それでは、今日は金曜ですので、次回は月曜になります、では、良い週末を。




関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR