03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

来年には発生する自衛隊員の大量死、アベが狂っていると認識する重要性、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、ではこれから自衛隊がどういう動きをするか、みたいな話をやってみますか

  実は自衛隊は来年には戦争に行くことになり、紛争地域で軍事行動をすることになります、


  来年すぐだったかな、アフリカに自衛隊は軍事基地を持っていて、その基地から自衛隊を派遣し、アメリカ支援のために自衛隊を、その基地から送り出すことが決まっているらしい、

  具体的にどうなるかはまだはっきりしていないけど、来年になったら戦争をすることは決まっているようだ、

 
  安保法案を見ていた人は、戦争は先のことだと考えていただろけど、来年には自衛隊員の死体がアフリカから送られてきて、

  その分アベの基地外が金を儲ける事になるのは、ほぼ確定している、


  国民が知って大規模な批判デモをすれば、止まる可能性はあるけど、テレビや新聞はある意味売国奴ですから、

  売国奴アベの下僕なので、連中が国民にとって意味のある情報を伝えることはないだろう、


  そう考えると殆どの人が問題を知ることがなく、気づいたら100人単位で、自衛隊の死体が実はいたということになりかねない、


  安保法案というのは後方支援ではなく、前線を支える補給部隊の活動をすることなので、直接前線に行きますし、前線に行く途中で襲撃も受けることになります、

  特にゲリラはそういう補給部隊を狙うのが得意ですから、自衛隊は一番命を狙われる環境に行くでしょう、


  そして自衛隊員が死ねば、自民党議員の口座にお金が振り込まれることになっているので、アベが豪勢な生活をしていたら、自衛隊員はその分死んだのだろうと考えるのが妥当です、


  そういう自衛隊員の死体の山を作って、金儲けをするのが今の自民党ですから、アベの基地外と一緒に、こいつら国民を殺そうとしているので、早い段階でこういう動きは起こるでしょう、


  なぜなら今の自民党は、戦争によって自衛隊員が死なないと、金にならない環境に住んでおり、連中の収入は自衛隊員の死体によって賄われることになっている、

  だからできるだけ多く自衛隊員が死んでもらわないといけないので、早く、多く殺そうとするだろう、
 

  公共事業利権が戦争利権に変わったのが現状ですから、以前の公共事業も結局止まることはなく、どこまでも拡大をすることになったが、

  それをと同じような考えで、自民党は戦争をすることを決めていますから、かなり早い段階で、自衛隊員は死体になるでしょう、


  これが安保法案の本質なので、自衛隊員を殺して金儲けをする、そのために安保法案があるわけで、その動きは非常に強い形で起こり、多分一度狂い始めると止まらなくなる恐れが高い、


  そうなれば100人単位の死傷者が、1000人単位になり、いずれは10000人を超えるかもしれない、

  最近の戦争は人が死にづらいとはいわれているけど、自衛隊がやるのは一番殺されやすい、前線への補給活動ですから、数千人単位で命を奪われることは当然ある、


  そして同じような意味で、自衛隊員が大量虐殺をして、数千数万という人を殺すことも、考えておくべきだろう、

  なぜなら、そうすればいろいろ金になるからで、自民党は当然そういう形を目指すに決まっているからです、


  アベの基地外と軍閥自民党が出した、安保法案は早期に戦争を誘発し、自衛隊員がどんどん死ぬことになるだろう、

  自民党支持者は年寄りが多いらしいから、そういう人にとっては若い人が死んでも構わないのだろうけど、続けていけば社会の崩壊を招き、戦後世代の老後も崩壊することになる、


  安保法案には色々な問題があり、その最初に来そうなのが、自衛隊員が大量に死んで、アフリカの自衛隊基地から死体が送られてきたのに、それをアベの奴が隠蔽して、

  気づいた時には数千から一万人くらい死んでいたと、そんな風になる可能性もあります、


  次に、ではついでなのでアベなどの、基地外の性質について書いてみると、

  アベは基地外であることは国民のよく知ることですが、基地外というのは一般的ではないので、理解がしづらい所がある、

  基地外アベってなんなのといわれても、すぐには答えられないのが普通で、考えたくもないというのが多数でしょう、


  こういう頭のおかしい奴には傾向があり、それは自分が間違っていると理解が出来ないことだ、

  ある種のバカの壁みたいなもので、アベや自民党はバカしかいないけど、そういう知能の足りないバカであることを、こいつらは利用しているわけです、


  例えばアベのバカは、議論が基本的に出来ない、人と話すと中身の無いことしかできず、まともな応答をする能力がこのアホにはない、

  それは相手を見て判断しているのではなく、単純にバカだから何もできないだけなのだ、


  優れた人間というのは、ある種の思考の構造を作ることができる、

  それは一種の役者のような意味も持ち、表現なり人格を意図的に表し、それが相手を圧倒したり、何らかの方向性を導くことがある、


  しかしアベはそういうものではなく、単純にこいつはバカだから何もできないだけで、なぜこいつが基地外なのかというと、シンプルでバカだからという理由しかない、


  悪口じゃなくてホントこいつはバカの能無しなので、知能のかけらのないカス人間だから、基地外になってまともなことができないのだ、


  そういうことを日本人は、本来であれば理解をしないといけない、アベはバカの能なしだから、まともなことができず狂っているのだと、そう理解できればアベの基地外問題は難しいものではない、


  そうではなく、常識で判断をしようとしたり、政治家だからと考えると、必ず間違った考えを持つことになる、

  そして多くの人は常識を持つし、アベはバカだけと政治家だから、アベのアホが政治家として判断をしていると考えてしまう、それがすべての問題をうむのだ、


  ダメなものはダメだと考えるのが正しく、アベは基地外のアホであり、能なしの人間のクズだと考えるのが正しい、

  これは悪口のように聞こえるけど、事実そうなのだから、そう考えないと失敗することになる、


  そしてそう考えることができないから、アベのような基地外に影響力を持たせてしまい、多くの人が死ぬ結果になるわけです、


  今の世の中はシビアな時代ですから、アベのようアホは瞬殺するくらいの勢いで、粉微塵に潰していかないと、この国の未来は絶対明るくなりません、

  アベはアホであり、能なしであり、人間のクズであり、それが結果としてこいつの狂った異常性になっている、

  
  そう指摘できないのならば、あなたはこの国では間違った人間としてしか、生きていくことができないわけです、



21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR