01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

共産党と民主党の選挙協力の話、安保法案の委員会の異常性、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  そういえばブログを書くペースは変えたほうがいいんですかね、よくわからないのでしばらくはこんな感じですが、

  ブログって予め書くことができれば量産できるので、一応は今くらい書くことも可能ですけど、他のこともあるのでどうなのかなという気もしています、


  それはともかく何か書いてみると、現状だと民主党と共産党の選挙協力がの話が出ている、

  このことに関しては私も昔書いたけど、共産党が妥協をしなければ、日本の政治転換はできないと、以前書いた覚えがある、


  ただ、それはかなり難しいので、日本の政治は絶望的ではないか、ということも書いた覚えがあるが、そのことがずいぶん変わってきている、

  いま共産党は全国に候補者を立てるのをやめてもいいから、他党との協力をしたいと申し出ている、


  共産党も思い切ったことをしたものだが、たしかにこのまま戦争を止めることが出来なければ、アイデンティティの喪失も発生するし、ここは攻め時と考えたのかね、

  共産党がそういう考えを持ったのは、民主党の左翼化の影響もあると思う、


  今までの民主党は鳩山氏や小沢氏が中心で、どちらかというと右翼色が強いところがあった、

  しかし岡田と枝野は左翼に近い所があるので、その体制が続いていたらかなりリベラルな政党になってきた、


  そして民主党は非常に労働組合をあてにするようになり、そういうところが共産党と似てきている、

  特に労働者への保障や保護を重視し始めて、実態としては共産党と民主党は、政策が殆ど同じ組織になってきた、


  それで協力が可能だと踏んだのだろうけど、ただ共産党の狙いには別のものもあり、それは選挙区で勝つことではないかと思う、

  共産党は沖縄を除くと、比例以外では議席を取れておらず、得票の多くが死票になっている、


  共産党が全国に候補者を立てるのは、比例の票を掘りこすためだといわれているけど、実際にはあまりそういう意味は無いといわれている、

  こういうことをしているのは、組織の管理を考えてのことだろうが、それが小選挙区制では色々な問題を生んでいて、その批判をされることが多い、


  その行為をやめるとなると、支持者からの批判を受けることになるし、立候補する予定だった人を反故することになるから、簡単にできることではない、

  それでもやるというのはよほどの考えがあるのだろう、


  共産党のいっていることによると、政権をとって安保法案の廃止などができれば、その後もう一度解散総選挙をするといっているが、その過程で自分の通したい政策などもいうのだろうな、


  この話は民主党側の対応がまだ見えていないので、どうなるかは分からないが、一応民主党側は好意的に考えているらしい、

  一部民主党の異常者が騒いでいるけど、主流ではないので大きな問題にはならないだろう、


  この共産党と民主党の協力ができれば、自民党の議席は大幅に減らすことができる

  選挙は来年の夏だから、選挙活動に一年かかるとすると、ちょうどいい時期に連携が取れることになる、


  そういう意味ではいい形はできつつあるけど、後は民主党内部の問題を起こしやすい人が、なにか厄介なことをしないか、という心配はあります、


  次に、安保法案の委員会の話を調べていると、べつの問題があることに気づきました、

  それはこの委員会の議決で、最後にアベの下僕の自民党議員が、委員長を囲むようにした時のことで、


  私はああいうことをしたのは、委員会の自民党議員だと思っていたのですが、全員委員会とは関係がなかったらしい、

  委員会と関係のない人がいきなり来て、委員長を包囲して野党に審議させないというのは、どう考えても独裁政治にしか見えない、

  しかも参加していたのは国会議員だけではなく、国会議員の秘書まで来て委員長を包囲していたらしく、これは民主主義的な手続きだとはいえない、


  私は最低限、委員会の自民党議員を動員しているのだろうと、そう思っていたのだが、

  よく考えて見れば、委員会にいる野党議員は、そういうことを警戒しているから、もし自民党の委員が変な動きをしていれば、すぐに分かったはず、

  ああいう形で委員会の採決が行えたのは、関係のない自民党議員が行ったからで、姑息な手を使ったことが、大きな理由にあるのかもしれない、


  こういう形で行うのは、明らかに民主主義に反するし、自民党のやったことは犯罪行為だろう、

  何をするにしても最低限のルールはあるはずだが、それすら理解できないバカしか自民党にはいない、それが現実なのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




  
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR