01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

日米関係のずれ、

    どうもこんにちは


  まだ色々なところで、雨が降っているようですね、おかしな天気です、7月末でまだ梅雨というのは、私の人生ではなかったことで、明らかに異常気象でしょう、この天気は学者さんが何も言っていないところを見ると、原因も不明っぽいですね、こういう異常気象を見ていると、人類もそろそろ岐路に立っているのかもしれません、国家だ何だといっても、生態系が壊れてしまえば、人間が生きることは不可能になるわけですから。 さて、それはいいとして今日は、日米関係のずれ、という事でも、最近の世界情勢を見ていても、どうもアメリカのやっていることは、前時代的というか、やっていることが今の時代にあっていないのではないかなと思えることが多い。 アメリカは冷戦に勝ち勝者になりましたが、勝ったがゆえ傲慢に増長し、自分というものを時代に合わせる努力を怠り、だんだん古い国になりつつあるように私は感じます。 ならば、その時代に合わなくなっている国に対し、関係の深い日本はどうあるべきか、そう考えていくとどうしても、日米関係というものは、ずれていくだろうと思うので、そういうことでも書いてみようかと。


 
  それで、日米関係のずれということで、なんとなくですが日本と米国の間に、ずれが起きているなと感じるのですね、例えば小泉政権なんてそれが一番出ているのではないでしょうか、つまり、日米間にずれがあるから、日米間の内面のつながりが、徐々に表面化してしまう、今までは隠れていたものが、お互いがずれていくことによって、隠すことができなくなってしまう。 小泉政権は露骨な米国支配が表面化した政権だった、はっきり言えば米国の政権といっていいものだった、ぞの原因はやはり、日米間がずれていくことによって、今まで根本のところで隠れていた、米国が日本を掌握していた部分が、掌握したまま現れてしまった、つまり、日本の心臓部を握っていたアメリカの手が、今までは隠されていたのに、日本の心臓部を握ったまま公開されてしまった、それが小泉政権だったように思います。


  日米間のずれというものは、最近は日本でも露呈しつつありますが、たぶんアメリカは合理的ですから、十年前くらいには、把握していたと思います、ただし、西洋的な残忍な合理主義の上でですが。 たぶん私が思うに、アメリカに判断はこうだと思います、日米関係はいずれずれのようなものが起こるだろう、そうなったらどうなるか?、日本の富や技術が他国に流れれば米国にとって損失となる、ならばどうするか?、その技術は使えないようにし、その富はアメリカのためになるようにする。 つまり、日本を使用不可能な国家に落とし、その上で富はいただく、アメリカならそう考えるのではないかなと思います。



  さて、その形はほぼ完成しており、日本はほぼ使用不可能状態あり、日本の富は小泉政権によって、アメリカに奪われてしまった、現状ではもう気づいても遅いようですが、しかし、日米間のずれというのは結構、鍵になるポイントではないかと思います、つまり、日本の本来進むべき道は、アメリカへの道ではないということ、それがはっきりしているのなら、これから日本がどうするか考えるのはそんなに難しくはない、ようは、アメリカ的でない方向性を考えたとき、日本がどうなるか、どう進むことになるか、そう考えていったときにある答えが、日本にとって本来進むべき道である、もしくは、日本が本来いるべき場所であるということ。



  日本はずっと暗闇の中にいましたが、一つわかったのが、日米関係は、なくなりはしないが、今までのようにはならないということ、かなりのずれが発生しつつあるということ、そしてそのずれが、これからの日本の進むべき道を示しており、日本がアメリカのほうへ進む道はなく、それ以外の道を探さないといけない、日米間のずれというものは、そういう暗示なのではないかなと思っています。





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR