03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

デモへ参加する時のコツ、自民党と国民が争うこれからの時代、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そうですねではデモの行き方について書いてみますか、

  といっても私は何度か行ったことがあるくらいなのですが、デモにはいくつかの種類があり、行進をするものとしないものがあります、


  行進をする場合は歩かないといけないので、ある程度体力がないと難しい場合があります、

  途中で出て行ったり、入り直すのは自由なので、休んでからやり直すことはできます、

  ただ行進をするタイプのデモは、最初の集会の段階で辿りつけないと、相手が移動してしまうので、早めに家を出て集会のところまで行く必要があります、


  もう一つのタイプは、特定のところに集まって抗議活動をするものです、

  このタイプは行動をしないので体の負担が小さく、体力がない人でもやりやすいものです、


  ただ行進をしないタイプのものは、非常に規模が大きい場合があるので、沢山人がいることを前提に考えたほうがいいです、

  人はたくさんいますが、特に動くことはないので多少遅れて行っても、問題のないメリットはあります、


  そして、デモをする時に気をつけたほうがいいこともあり、それはトイレの問題です、

  デモでは沢山の人が集まるので、基本的にトイレは使えないことが多いです、

  もしくは複数ある所のどれかを使うことになりやすいので、事前にどこにあるのかを確認することが大事です、


  また飲み物や食事をとれないこともあり、そういうお店が周囲にないケースも存在します、

  そういうことを考えると食事は事前にとっておき、飲み物などは水筒などで用意しておくといいです、


  さらに最近は暑かったり寒かったりするので、着るものについても工夫をした方がいいです、

  気温に合っていない服を着ていると、体調が悪化することがありますから、注意をすべきです、


  そしてこれが一番ややこしいのですが、デモを主催している人についてよく調べたほうがいいです、

  デモ活動をしている人には右翼や左翼の人がいて、そういう人には過激派も多く存在します、

  
  シールズ系のところならば問題ないのですが、それ以外のデモについては主催者について確認をした方がいいです、

  大半はそんなにおかしくはないのですけど、一部変な所もあるので注意が必要です、

  後は現地の地図などを確認して、時間に余裕を持って行動をすれば、デモ活動をすることができます、


  デモ活動は難しいイメージがありますが、シールズ系のものならば面倒はないです、

  単純に歩いたり、立っているだけでいいので簡単です、

  帰るのも自由なので、時間がある時にちょっとよる程度でも、デモに参加をすることができます、
  

  このまま行くと日本はファシズムか全体主義になりますから、北朝鮮のような国に住みたくなければ、デモ活動をするしかないようです、


  次に、これからの政治について考えてみると、これからどうなるかはかなりややこしいですね、

  まず日程が詰まっているので、政治的な話し合いがうまくいかないおそれがある、


  正直今の状況だと数時間、時間が足りないだけで、法律が成立しなくなる恐れがあり、ちょっとしたことで全部の予定が狂うことになる、

  アベの馬鹿は予定を立てる知能がないので、このアホはでたらめな予定を立てていたようだが、それがアダになっているようだ、


  そういう環境なので実はそれほど悪いところにはいない、例えばちょっとした質問や批判が起これば、今の計画は全て破綻する可能性が高い、

  なんというか、ドミノ倒しのようなことができる環境があり、ちょっとしたショックで自民党は崩壊する所にある、

  だからこそ、アベや自民党の連中は、無理やり行動しようとしているのであり、それは連中が非常に危ないところにいることの、裏返しなのである、


  ただそういう流れを止めるポイントをどう作るか、というのはあるし、
 
  国会の中でそれをやっていくのは難しいかもしれないが、デモなどを合わせれば変化を起こすことは可能だ、


  今の自民党はちょっとした刺激で爆発する、脆弱な組織に過ぎず、簡単に潰すことができる、

  なぜそうなっているのかというと、それは国会を運営する計画がギリギリすぎて、殆ど時間がないからだ、

  それをちょっとしたアクションで崩すことができれば、簡単にすべての計画を潰すことができる、


  だから今はいろいろな活動をしたほうがよく、その活動が大きな結果を生む可能性がある、

  今のアベの基地外は暴力的で、何か強い力があるように見えるが、それは逆で非常に弱いところにいるから、このバカは激しく動いているだけだ、

  ちょっと足を引っかければ始末できる、フラフラな状態なので、とどめを刺すならばこのタイミングが重要になるだろう、


  大体からしてこのアホがやっていることは、全てにおいて間違っているわけで、正しいといえるところは一つもない、

  国会の運営方法から、法律まで一つとして正しいことはしていない、

  完全に間違っている奴なのだから、叩き潰すのはそんなに難しいことではないのだ、


  ただそのアクションは国民がしなければならず、面倒だけれどもデモなどに行って、アベを始末しないと、いけなくはなっています、


  後は、そうだな、特にネタがないといえばないのだけど、じゃあもう一つこれからどうなるか、ということを書いてみましょうか、

  これからどうなるかというと、はっきりいって全くわかりません、

  じゃあ書いても意味がないのでは、と思うかもしれませんが、そうではなくて答がえない状態にあるということです、


  上でも書きましたが、今の自民党はボロボロで崩壊しつつあります、なぜならやっていることが全て間違っているからで、

  しかも計画もメチャクチャなので、このまま行くと何らかのはずみで潰れます、


  例えるならば、大量の荷物を持った人のようなもので、何かはずみがあれば転び、手に持っているものをすべて失う状況にあります、

  だからそのアクションさえできれば、結果は大きく変わるので、マスコミがいうこういう世の中になる、という事実は存在しません、


  多分これから自民党は強行採決を連発し始めますが、以前もアベは似たようなことをして、最終的には潰れる原因になりました、

  つまり強行採決をしすぎて、制度破綻を起こし、社会的な批判を強く浴び、それが崩壊につながったわけです、


  アベがやろうとしているのは、日本を滅ぼすことですから、戦前の軍部も日本を滅ぼすことをしていましたが、

  同じようにアベもバカなので、こいつのやることは確実に日本を滅ぼします、


  そして日本を滅ぼすような行動をしていて、当然その問題が顕著化してくるので、その批判は自民党へ行くでしょう、

  なぜなら他に行くところがないからで、今の自民党のやっていることは、全て自民党が悪いのだから、すべての責任は自民党へ行くことになる、


  そのダメージは自民党が強行採決をするたびに大きくなり、想像以上のダメージを自民党に与えることになる、

  正直なところ、途中で自民党は気づかないかもしれないけど、致命傷レベルのダメージを受け始めて、すべてが狂い始めるんじゃないかと思う、


  これからどうなるかというと、そういう無理をした反動で狂っていく自民党と、それに対する国民の攻撃との結果が、日本の将来になるでしょう、

  国民にとって自民党は攻撃をする対象でしかないので、そういう攻撃を加える事と、自民党の強権性による、自分自身で発生させるダメージが重なり、それがどこに向かうかということになります、


  破滅に向かう自民党と、それを早く潰したいと考える国民が、ある意味戦争をするような形になって、その結果が日本の未来になるでしょう、


  これからどうなるかというは、かなり運の要素が強くなり、国民の行動によって変化が起きやすくなるでしょう、

  今は自民党と国民が争う段階に入っているので、どうなるかは分からない所が多いです、


  今までは政治家同士、もしくは政党同士の争いだったのに、今は国民と自民党が争う時代に入っていますから、結果が見えづらい所があります、

  自民党は戦争をして国民を殺し、その利益を懐に入れたいと考えています、


  戦前の軍部はそうやって金儲けをしていたので、その利益をもう一度得たいというのが、自民党の党の方針になっています、

  そのため、国民の命を奪おうとしているだけな勢力なので、今の状況では完全に国民と対立をするところに来ています、

  
  感覚的にはポル・ポトとか、ああいう独裁者と国民の関係に近くなっており、国民が自民党という独裁者をどうするか、というのが政治課題の中心になりつつあります、


  まさかそんな世の中になるとは思わなかったのだが、そういう状況なので将来どうなるか、というのは国民の戦い方によるでしょう、

  武力を使うことはありませんけど、デモなどを使って圧力をかけて、何故か政府と争うことになりますが、圧力の加え方を工夫すれば、あっさり潰すことも可能でしょう、


  上でも書いたように、自民党はリスクを負って行動をしているので、連中は行動をするたびにダメージを受けますから、そこをつけばそんなに大した問題にはならない、

  しかしこういう形にするためには、デモ活動をするしかなく、その勝敗によるでしょう、


  なんだか同じことを書いているような気がしてきたので、この辺りでやめますけど、

  現状でいえば政治的にどうなるのかは、ほとんど分からない状況にあります、


  マスコミはあれこれいいますが、所詮は政府広報ですから、事実があるわけではないです、

  事実としてあるのは、自民党と国民の利害が決定的に対立をし、全面的に争うところにあるということです、


  今の自民党はポルポトなどと等しい、独裁体制を目指す連中ですから、いずれ国民を殺しに来るでしょう、

  そうなってしまえば大きな損失になるので、今の段階で争っておかないといけない、


  ただいえるのは、今のところ答えはなく、対応そのものは可能だということです、

  自民党はこれから日に日に弱っていき、非常に潰しやすい状況になります、


  それを国民がどうするか、ということを問われている時期に来ていると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR