01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

売国アメ犬自衛隊、自衛隊による王政、安保法案で生まれる難民、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そういえば自衛隊のトップがアメリカの犬で、スパイ活動をしていたという話があるね、

  スパイ活動というよりは下僕活動とか、奴隷活動に近いものだけど、自衛隊はゴ○ブリの巣にでもなっているのか、腐ったダニしかいないようだ、


  その自衛隊のトップがいっていたのは、沖縄の辺野古基地建設は必ずする、オスプレイに対する批判は、一部の活動家だけなので、邪魔な奴は処刑するとか、そんな話があったらしい、


  実際はそこまでいっていないが、自衛隊のトップはどうしようもない人間のクズなので、内心そんなことを考えていたと見るのが妥当だろう、


  それ以外では、今年の夏には安保法案が通るので、戦争に参加ができるとアメリカと、協議をしていたらしいな、

  その問題に対して、その自衛隊のクズ人間は、アベの基地外が政権を取るので、安保法案も通るだろうと考えた、といっているが適当なことをいう、クズ人間だというしかない、


  軍人なんてのはゴ○ブリの一種だから、まともな人間なんているはずはないけど、

  アベの基地外が安保法案を通すから、戦争ができという発言には、意味不明なところがある、

 
  そもそもアベの基地外が安保法案を出すと、いい始めたのはそれほど昔ではない、

  少なくとも選挙時は安保法案については、ほとんど説明をしていなかったわけで、そのあたりの時期で安保法案云々というのは異常だろう、


  今の段階ならば、アベの基地外が安保法案を出そうとしているのだから、その点を会話しても不思議ではないけど、

  そういう法案がほとんど出ていない状態で、自衛隊の基地外トップが、そういうのは変じゃないか


  そもそも政治を決めるのは政治家であり、自衛隊が政治について決める権限はない、

  つまり外国と政治的な交渉をする権限は自衛隊にはなく、そういう立場は政治家にしかないだろう、


  あくまで自衛隊の人間は、政治家決めたことをそのままやるのが仕事で、何をするか自分で決める権限はない、

  日本は民主主義国家である以上、国家としての行動については国民が参加をする必要がある、


  そのため民主主義と関係のない官僚には、国政に参加する権限はなく、そういうことをするのは犯罪行為になる、

  そういう意味でいえば、自衛隊のトップは犯罪者であり、場合によっては処罰をして、一生刑務所に叩き込むべき罪人だといえる、


  基地外アベの仲間らしく、自衛隊も基地外カルト教団になっているようだが、ホントこの国は基地外ばかりというしかない、

  アベマンセーとかいっている人が多い点を考えると、日本人もいつの間にか気が狂ってしまったのだろうけど、


  ともかく、自衛隊のトップがアメリカの犬であることがわかり、アメリカに自衛隊員の命を売って、利権を得ようとしていたゴミクズだということがバレた、

  軍事だ愛国だといっていたが、結局はアメリカの犬の売国奴でしかなく、始末すべき狂犬にすぎなかったらしい、


  ほんとにまあ、アベみたいなクズの周りには、しょうもない人間のカスしかいないが、こいつら全員投獄した方がいいレベルの犯罪者、といってもいい連中だ、

  (正直北朝鮮よりもたちが悪いよ、こいつらのやっていることは、、)


  今回のことは自衛隊が政治参加をして、軍事独裁を目指していることがバレた話であり、

  今の自衛隊は軍閥政治を目指しており、民主主義を否定する危険な思想家の集まりであることが分かった、


  そうでないならばこんなことはしないし、自衛隊は自分らが国家だと考えており、国民は殺すべき敵だとしか考えていないらしい、

  しかし自衛隊が民主主義を完全に否定しているは思わなかったが、このゴミクズを認めていれば、日本は100%地獄に落ちるでしょう、


  次に、この件についてもう少し書いてみると、その自衛隊のトップのゴミがやった、アメリカとの基地外交渉では、国民の声を無視すべきという、考えが強くあった、

  このアホは民主主義を完全に否定していて、国家制度は軍隊にとって意味があると、そういう考えで行動をしていた、


  最初から国民の声を聞くことはなく、国民は殺すべき奴隷としてしか見ておらず、それが日本の自衛隊の真の姿であると、明確に表したのがこのゴミクズ人間である、

  この自衛隊のゴミは、自分が国家の中心であり、自分こそが王様であると、事実上述べている、


  つまり軍閥による王政こそが日本の制度であり、民主主義は間違った思想であって、そういう考えを持った奴は、さっさと射殺すべきだというのが、自衛隊の総意だと考えていい、


  何だこの基地外カルト集団は、という感じがするけど、こんな人間のクズの集まりが、日本を守る可能性は全く無いでしょう、

  右翼アホがいっていた、愛国精神とか、国家の存亡とかいう話は、まず自衛隊に対して問いかける問題だったようで、連中の考えは完全に間違っていたようだ、


  しかし自衛隊がまさか民主主義を否定する、カルト宗教団体になっているとは思わなかった、

  連中は全員処分して、上層部は投獄してしまったほうが、国民の命が助かるようにしか、残念ながら見えないね、


  今回のアホ話を出した、自衛隊のトップの基地外は、完全に気が狂ったゴミクズ人間らしく、自衛隊の狂人性を明確に表していたといえる、

  自衛隊はいつの間にかオウム真理教のような、カルト狂人集団になっており、国を滅ぼして国民を殺す、犯罪者の集まりになっていたらしい、


  ホント軍人というのはゴ○ブリの一種というしかないが、ちょっと気を抜くとすぐにこうなるのだけど、こんなゴミクズ連中が社会の役に立つことがあるのかね、

  災害救助とかそういう点は認めなくはないが、まさか民主主義を否定して、国民を殺すために武装していたとは、基地外に刃物というしかないな、


  これがこの腐った日本という国の現実であり、戦後世代が錯覚していた幻想の国ではある、

  実際の日本はしょうもない国で、中身はなく、権力者は全て犯罪者で、

  自衛隊は民主主義を否定して、国民を殺して金に換えようとする、そういう考えしか連中にはない、


  そんな物騒な国で、アベマンセーとかいっているのだから、日本人は平和ボケというよりは、ほぼ脳死状態にあるといっていい、さすがにこんな間違いを認める奴がいたら、そいつは頭がおかしいというしかない、


  ともかく、自民党とアベが基地外カルトかと持っていたが、実は自衛隊も基地外カルト教団であり、国民を殺すために武装していたことがバレてしまった、

  自衛隊のトップが、民主主義を否定して、国民は奴隷だみたいなことをアメリカに伝え、その結果アメリカの恩寵を得ようと、犬のようにヘコヘコしているのだから、まあ末期状態というしかないな、


  今回のことを認めたら、それは多分日本の終わりになるでしょう、

  軍隊が民主主義を否定する国で、人間がまともに暮らせる可能性はなく、それを認めたら国民は皆殺しに合うからです、


  次に、ちょっと話しはずれますが、シリアの難民問題があるようだ、

  シリアとかリビアの難民が大量に、EUなどに押し寄せてそれが社会問題になっている、


  これは別に不思議なことではなく当然で、そうなったのはEUが軍事侵攻などをして、シリアやリビアの体制を崩壊させたからで、

  その崩壊が修正できなくなれば、大量の難民が周囲に広がることになる、


  この問題は、シリアのアサド大統領が悪いという意見がある、

  しかしその可能性は低く、本質的に悪いのは欧米諸国である、


  そもそもアサド大統領は、国家のトップに就く気持ちはなく、外国で働いて暮らそうとしていた人物である、

  それが後継者の人が亡くなったので、急にトップに就くことになったが、そのあたりから色々な問題が起こるようになった、


  シリアの問題ではデモに対して、シリア政府が攻撃したことを問題視されている、

  しかし実際は違って、実はデモに隠れた武装蜂起があって、それと政府軍が銃撃戦になったのが実情である、


  その情報を欧米諸国は、市民に対する弾圧だといっていたが、デモと戦闘になった政府軍の兵士の多くが、殺されている点から見るかぎり、市民に対する弾圧だというのは嘘だろう、

  どちらかというと、そういう武装勢力を入れて活動していた、欧米諸国の行動がシリアの混乱を招いたと見ていい、


  最近はそういうシリアの難民問題がよくいわれるが、この本質問題はカラー革命などの、欧米資本による戦争の誘導に原因がある、

  この問題は欧米メディアではまともに報道されることはなく、メディアを見て考えると性格な判断ができなくなっている、

  
  そのため未だにアサド体制が云々という人はいるが、実際に起こっていることはそういうものではない、

  シリアやリビアで起きたのは、欧米諸国の扇動による内乱であり、それによって発生した難民は、欧米諸国の責任で生まれたのだ、


  こういうロジックで考えないと、話が見えてこないのだけど、


  アベの基地外がやろうとしている戦争は、こういう難民を出すようなものであり、

  以前も書いたけど安保法案が目指すのは、戦争のための戦争であり、平和のための戦争をするものではない、


  欧米諸国は相対的な有利性を狙っており、自分以外の国が衰退することを願っている

  そしてその軍事行動に自衛隊が協力をするのが、いまアベの基地外が出している安保法案なのだから、この法案が通れば日本人は、大量の難民を生み出した、残忍な人殺し民族といわれるだろう、
 

  難民を生み出したのは現地の体制ではなく、欧米諸国による軍事的扇動である、

  それに協力をするのがこの安保法案なのだから、このまま行くと日本は最低の国として、世界から蔑まれるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR