01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

維新分裂によって起こるリスクについて、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日はちょっと短めに書いてみると、少し気になったことがあったのですが、どうやら維新の党が分裂をするらしい、

  まあ権力の犬のコスプレ市長は、まともな政治活動をすると投獄されそうだから、最後までインチキペテン師の立場を、持っておきたいのだろうけど、


  今のままだと維新の党は民主党と協力関係を築き、その結果まともな組織へと変わっていくおそれがある、

  特に民主党との統合は、非常に嫌っている人が維新の党にはいて、それは避けたいという人が多い、

  (そういう避けたいといっているヤツ大半は、アベの子飼いのゴミで、権力の腐った犬なのですけど、)


  このタイミングで維新の党が割れることは、政治的な統合の意味が強いといわれている、

  しかし私は別の意味もあるように感じる、それは分裂した大阪の維新の党が、安保法案に賛成をするのでは、という事だ、


  メディアの報道によると20人位が、大阪系として分裂するといっており、その20人が安保法案に賛成をする可能性はある、

  実はいまの維新の党の執行部は、民主党系の人が多く、それ以外の大阪系はあまり中枢にはいない、

  そのため維新の党の方向性は、民主党に近い所があり、権力に擦り寄る力が弱い、


  その結果維新の党はある程度擦り寄ることはあったが、適度に距離を取ることが増えてきて、デモが活発に行われるようになってからは、だんだん維新の党は政府と距離をとり始めていた、


  そうなると、アベのアホが考えている、野党と協力をして強行採決の図式を崩す、ということができなくなる、

  強行採決をすれば、その責任は自民党と公明党に来るから、彼らの支持は大幅に下がることになる、
 
  
  それを防ぐために今まで民主党の一部や、維新の党の抱き込み戦略を行っていた、

  ただそれが不可能になってきたため、今は維新の党の分裂を期待しているように見える、


  維新の党には安保法案を完全に支持している人がおり、大阪系はそういう人が中心だ、

  大阪系というのは、平たくいえば権力の犬の馬鹿の集まりなので、金を貰えばなんでもするゴミですから、安保法案には両手で賛成するだろう、


  そして今のところ20人が離党するといわれているから、20人出て行った場合は、それなりに影響力を持ってしまう、

  安保法案の審議は進んでいるので、タイミング的に間に合うかは分からないけど、分裂と安保法案賛成がセットになる可能性はある、


  現状ではそういう流れが起きた時に、対処する方法は政治的にはなく、デモなどによる圧力しかやる方法がない、

  ただ逆にいうと、維新の党分裂のが悪いイメージになる環境を作れれば、分裂もしづらくはなるだろう、


  コスプレ市長は最近デモへの批判をすることが多い、それはこの流れを意識している可能性があり、

  デモの活性化は、自分の維新分裂ビジネスのじゃまになると考えているのだろう、


  こいつは金儲けしか頭にないゴミクズなので、自分にとって損になるから批判をしていると見るのが妥当だ、

  そして批判をしているということは、国民の圧力のかけ方によっては、まだやり方はあるということだろう、


  維新の党の分裂は、政治的にすっきりするという意見もある、

  しかしこのタイミングで来るのはかなりまずい面もあり、安保法案とこれがセットになると、最悪の結果になるおそれがある、


  なので、維新の党分裂と安保法案は合わせて考えたほうがよく、こいつらの動きを封じる手を考えておかないと、非常に厄介な問題を生むことになるでしょう、




21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR