01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

デモの功績と限界、アメリカが作った安保法案、アフリカで終わるサラリーマンの未来、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、最近デモに参加したので、そのことについて書いてみますか、

  私はデモは万能薬ではない、という感じがしています、

  
  デモ行為は一点を攻撃する時は強いが、包囲して潰す時はあまり効果が無い、

  別の言い方をすると、相手に傷を負わせたり、突破をして穴を開ける力はデモは強い、

  しかし、その傷を深くさせたり、開いた穴のダメージ増やす効果は低いような感じもする、


  海外の場合は何十日もデモをするけど、日本は特定の日だけなのだから、やっぱり継続してダメージを与える方法としては弱い、

  イベントとしての効果はあるけど、傷口を広げる効果は低い感じもする、


  どちらかというと、私がいうのもなんだけど、こういうブログのほうが傷口を広げるのには向いていて、

  私のブログはアベの傷口に、塩やワサビをすり込んでいるような、そういう効果はデモよりもあるような気がする

  
  ネットを見ていると、デモ活動をしている人と、私のようなブログを書いている人の対立を、時々見ることがある、

  その理由としてあるのが、この2つの性質じゃないかという感じがして、ちょっと書いてみたのだけど、


  デモをしている人は一点突破で、何かをしてやろうという考えが強く、何が正しくて、何が間違っているのか、そういうことを特にこだわる所がある、

  それに対してブログみたいなタイプだと、人は人で勝手にやってください、みたいになるので、世界観が広い感じがする、


  私は政治を変えるならば、この2つがいるんじゃないかと思う、

  8月30日のデモは成功したけど、それで開いた穴を、さらにデモをして変えるのは、難しい感じもする、

  人を集めるには負担もあるし、簡単にできるわけではない、

  だからそうではない簡易的な方法で、開いた穴を叩くのがいいんじゃないかという感じはする、


  昔は小沢さんと民主党が、いまのデモの代わりに活動をして、それによって開いた穴を、それ以外が支える感じだったけど、

  今は政党が弱くなりましたから、デモとそれ以外の協力で状況を作らないといけない、


  そこら辺のメカニズムを作っている、暇があるかは分からないが、デモで開いた穴を叩く勢力は必要だ、

  多分そこまでやることができれば、体制は大きく揺らぐことになるだろう、


  次に、デモのことばかり書いてもしかたがないので、安保法案について書いてみますか、

  安保法案ね、いまだにこれを日本の安全保障だと考えている人がいますが、日本を守る意味はこの法案にはありません、


  安保法案が出た最大の理由は、アメリカの軍事の削減で、アメリカの軍事行動が難しくなったことがあります、

  アメリカは以前は世界の中心でしたが、今ではただの田舎町になってしまい、以前のような活力はなくなっている、


  それでも大国であることは変わらないが、以前に比べると数分の一しか力がない、

  そしてそこで問われたのが、外国に派遣している軍事の問題で、経済が弱ってきたので、それに合わせて軍費も削減をする傾向が強まった、


  それを補うための行為が、今回の安保法案の主義であり、以前も書きましたが、この法案は安全保障ではなく、日米安保、もっといえばアメリカための法案で、日本のための法案ではありません、


  そしてこの安保法案が非常まずいのは、日本の主権を無視した軍事行動であることです、

  アメリカが要請したわけではないのだろうけど、アベは馬鹿の能無しなので、アメリカにご機嫌伺いをすれば、自分の立場が強くなると考えている、


  アメリカがアベのカスを評価することは永遠にないのだが、アベは人間のカスなのでそういう可能性を考えている、

  いわゆるバカの壁がここにあるわけだけど、そういう意図があって、アメリカに追随をすれば、アベは自分を支援してくれるという、基地外じみた話を信じている、


  なぜならアベは基地外だからで、基地外が基地外話を信じるのは、ある意味においては正常なことなのだけど、

  その基地外アベの妄想で、この安保法案は進んでいる、


  この法案で重要なポイントになっているのは、日本の法律や憲法を無視していることだ、

  こういうことはよくいわれるのだけど、なぜそうなっているのかというと、それはアメリカの意見だけを聞くことを、目的にしているからだ、


  アメリカの意見だけを聞いて作ったのが安保法案だから、日本の国内事情について一切考えていない、

  例えば憲法との関係も一切考えておらず、他の自衛隊の法律についても調整はしていない、

  自衛隊員の安全も全く考えていないし、自衛隊が死んた時の対策も一切ありません、


  そうなった理由というのは、アメリカが予算の削減をして、軍事費を減らした所を単純に補填しようとした、というあまりに単純な理由で始めたことが、大きな問題になっています、


  ほら、アベのアホがよく説明するじゃないですか、米軍の船に日本人がいて、それが大事だという話をする、

  よく考えればわかるけど、別に米軍と関係をもつ必要はないのだから、べつの国の軍隊でも問題はないはず、


  アベは馬鹿だから素直に言っちまっているのだろうけど、本来であれば仮想のA国への軍事支援というのが正しく、米軍の支援の話だけを出している時点で、この法案が米軍の予算問題から起きているのは明確だろう、


  アメリカは衰退する国であり、詐欺師の小泉の頃から日本の富をどう奪うかを計画してきた、

  ジャパンパンドラ-はそのための工作員なのだけど、アベや小泉のせいで日本は搾りかすになったので、これからは国民の命をアメリカに売りましょうというのが、この法案の趣旨である、


  アベのアホをさっさと始末しないと、日本人はこのバカのせいで殺されることになるわけですが、


  ともかく、安保法案というのはアメリカの日本搾取計画の最終段階であり、日本の企業も金も盗んだアメリカが、最後に国民の命を奪いに来た法案だと見ていい、

  なぜならこの法案には日本を守る意味は一切なく、アメリカの軍事支援を無制限にする意味しかないからだ、


  そういう意味でいえば、今までの系統と同じ意味を持ったものであり、詐欺師の小泉から続く日本搾取の、最終形態といえる、


  アメリカが衰退して、昨日まで金持ちだった奴が、急に借金まみれになり、それに気付かずに金を貸しているのが、いまの日本の立場である、

  そして今はちょっと危ない仕事を任せられつつあり、簡単なバイトだと言って戦場に送られつつあるのが、日本の進んでいる未来である、


  アベの基地外はその中間利権をあさっているゴミであり、日本のを代表するクズ人間なのだけど、こいつの仕事はアメリカの犬になって、日本人の生命を売り渡すことである、


  それが安保法案の趣旨であり、こんな理由で作られているから異常な法案なのだ、

  書いいていて、私もまさかと思いつつ書いているのだけど、ほんとにそうだから困るのだが、


  安保法案というのはアメリカの都合で作られたものであり、アベの基地外が日本人の生命を売り渡し、利権を得るための法案でしかない、

  不思議なことにそれ以外の意味は全くなく、そしてこの法案は日本のすべての制度に反している、異常な法案でしかない、


  アベみたいな基地外を支持している人がいるから、こんな狂ったことになったのだけど、

  この法案は日本人をアメリカのために殺す意味しかないので、必ず日本人は不幸になります、


  それは立場や状況によるけれど、自衛隊をやっている人の場合は、なんだかよく分からない理由で殺されて、アベの財布の中の現金に替えられることになります、


  後は、そういえば経済的徴兵制というのがあるね、アベの基地外が考えたもので、以前からこのような計画はあったらしい、

  アベの基地外が考えているのは、企業の社員を二年ほど自衛隊で研修させて、実践訓練を行うことを決めているようだ、


  当然それは戦争に行くことも含まれており、会社で働くことは徴兵されることと、ほとんど同じ意味を持つようだ、

  日本の制度は会社社会主義のような所があり、会社で働かないと権限を得られないようになっている、


  以前はそれが良い面もあっただが、今はブラック企業を生む悪循環の原因になっており、会社の制度が奴隷制度のようになっている面も強い、

  それをさらに進めて、会社員を戦場に送ることを、アベは考えている


  日本の会社は働いている人の権限が弱く、会社の権限が非常に強い所がある、

  戦後はそれが好循環を生んでいたが、今は社会問題の根源になっており、今の世の中で起きている問題の多くは、会社の過剰な管理システムが生んでいるといっていい、


  今の社会問題は8割方、会社の過剰な権限が生んでいるようものですから、戦後の企業信仰が仇になったという面はあるでしょう、


  それはともかく、アベの基地外が考えているのは、直接的な徴兵制もあるだろうが、経済的な徴兵制のほうが搾取がしやすく、そっちにどうもシフトをしつつあるようだ、


  そこで目につけたのが、日本の問題になってしまっている、会社の過剰管理、もしくは会社社会主義的なシステムで、

  ブラック企業の温床になっている、このシステムを戦争に利用するらしい、


  今の自衛隊は以前も書いたけど、人員が足りなくなっているので、今の状態で軍事行動をすると、組織が崩壊するおそれがある、

  それを考えると、安保法案で数倍の兵力が必要になった時に、一番最初に狙われるのは、案外サラリーマンかもしれない、


  徴兵制を導入するのは手間がかかるから、ブラック企業のシステムをそのまま、企業を使った徴兵制にする可能性はあるだろう、

  その時に住宅ローンの金利を下げるとか、断ったらクビにするとか脅せば、日本人はすぐに戦場にいってくれるので、ありがたい人柱になってくれる、

  アベやアメリカにとってはですがね、

  そういう図式を作る計画は存在し、かなり実行するための話は進んでいるようだ、


  このまま行くとサラリーマンは住宅ローンのために、アフリカの大地て拷問を受けて、ミンチになって帰ってくるという、悲しい未来が待っているのかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR