01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

8月30日のデモについて、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  最近は涼しいことが増えてきましたね、秋といえば秋なのだけど、すぐに寒くなりそうな気がなんとなくしています、


  それはともかく何か書いてみると、そういえばデモがありましたね8月30日のやつ、

  私も参加したけど、ひどい人数でした、人がすり潰されそうなくらい密集していました、


  というわけでそのことについて書いてみると、今回のデモでよくいわれる事として人数の話があります、

  主催者の発表だと12万人がきて、入れ替わってきた人も含めると35万人が来たといっている、

  それに対して警察の発表だと3万人といっていて、実際はどうなのかという話がある、


  まず警察の発表は完全に間違いです、今回のデモは動員が7万人かかっているので、7万人以下になる可能性はありません、

  最低限7万人来ることは決まっていたので、10万人デモといっていましたが、後3万に来れば10万人になるデモでした、


  また国会の前の写真を見ると、そんなに多くはないんじゃないかという意見もあるが、

  実はこれ国会の周囲が完全に包囲されていて、周囲のところも柵が壊されて、道路にあふれていました、


  つまり国会の周囲の道路が人で埋まっていたので、かなりの人数になっていました、

  さらに、近くの公園にも大量に人がいましたから、そこら辺にも数万人はいたので、トータルでみればかなりの数になります、


  そして、この頃のデモは動員で動いている人は少なく、今回のデモでも動員で動いていた人は7万人だけでした、

  動員できている人はずっといることが多いのですが、一般の人は1~2時間で帰ることが多いので、そういう人達が入れ替わっていました、


  また今回のデモの終わりは夜の7時位だったかな、それくらいでしたけど、

  始まったのが午後の一時で、その段階でもう人が大量にいましたから、開始の段階で数万人はいたでしょう、

  それが一~二時間ごとに入れ替わっていたわけですから、主催者のいう35万人というのは、それほど間違ってはいません、


  多分5~6万人が、1~2時間で入れ替わったとして、午前中から集まっていましたから、10時間くらいいたと思います、

  二時間で入れ替わったとしても、5万人が5回入れ替わったわけですから、それだけでも25万人くらいは行くし、多めに見れば30万人くらいになるでしょう、

  そこに動員の7万人を足すと、大体主催者のいう35万人前後になります、


  今回のデモは以前の安保抗争のデモに近い規模で、見方によっては以前のデモよりも規模が大きいといわれています、

  今の国会周辺は道が広くなっていますから、それが埋まるということはかなりの規模になっていたと見ていい、

  そう考えると、日本のデモの歴史でも最大といっていい、事が起きたといえるでしょう、


  まあしかしあれですね、30万人が集まったのにNHKは放送しなかったらしいね、

  相変わらずのクズ放送局というしかないが、アベに協力するNHKなどただの犯罪組織でしかありませんが、


  今回のデモは戦後最大級のものであり、あまり期待していなかった人が多かったようなのだけど、想像以上に大規模なデモになった、

  ただ日本のマスコミは腐っているので、半分くらいのメディアしか報道しなかったけど、ある程度は情報が伝わったといえる、


  今回のデモの目的は、東京で10万人以上のデモを行い、地方で1000箇所くらいデモもやって、トータルで100万人を動員しようというものでした、

  それで東京で35万人で、他の地方でも数万人規模のデモが多く、数千人集まった所も多くあったらしい、


  総数がどの程度かは分からないけど、多分トータルで50万人くらいのデモにはなったようだ、

  普通こういうデモは、スローガンとして100万人ということはあるのだけど、それ近づいてしまったのが、今回のデモの異様なところでした、


  次に、実際に行ったのでそのことでも書いてみますか、今回のデモで特徴だったのは、道路に人があふれていたことです、

  本来警察は嫌がらせを目的にして、デモ関係者が歩道からでないようにしています、


  小規模なデモならばそれもいいのだけど、数万人規模になると歩道には入れなくなるので、本来であればそういう時は車道に誘導するのが筋だ、

  海外のデモても、歩道を歩くデモなんて普通はないですからね、車道に広げるのが安全対策なのだけど、そうすると規模の大きいデモだと思われるので、車道に通さないように警察は誘導を行う、

  それに歩道でデモをさせれば、街路樹に人が隠れるので、人が少ないように見せることが可能ですから、そういう効果も期待はしている、


  それで今回も警察、というかアベのやつだろうけどね、まあ面倒なのアベがと書くが、

  アベのアホが、今回も鉄の柵と作ってデモ関係者を、歩道に押し込めようとしていた、


  しかし明らかに警察の数が少なく、鉄の柵で防ぐことが不可能だった、

  確かデモが始まって数分で決壊していたようだけど、明らかな人員不足で、早々に警察は諦めていたようだ、


  警察がやっていたのは、駅に帰る人の誘導くらいで、デモを抑えることは最初から諦めていた、

  まあ最初の計画だと、デモに来るのは3万人くらいだと考えていたのだろうね、

  警察の発表だとそうなっているのだから、そこに30万人がきたから、対応ができなかったのだろう、

  
  それが結局、国家前の人が集まった図になったけど、


  しかし今回のデモで30万人が動いたのは大きく、メディアもそれを無視するのは難しいだろう、

  NHKは犯罪組織なので放送することはないだろうが、それ以外はそれなりに報道するしかない、そういうところにはあるようです、


  後は、デモに対する批判というのもある、デモを批判しているのはだいたいアベの犬で、ゴミクズしかいないのだけど、権力にしがみつけば利益を得られると考えている、人間のカスなんだろうね、


  今のデモに対する意見で特徴的なのは、非常にピンポイントで攻撃をしていることだ、

  つまり単純な感想ではなく、何らかのセリフを言っているような感じが強い、

  別のいい方でいえば脚本がある、そういう所があるように見える、


  以前の原発デモでは、デモに対する批判があっても、ちょっと性質が違うような感じがした、

  以前は感情論のような所があり、発言をしている人もマイナーな人が多かった気がする、


  原発デモに対する批判をしていたのは、食えなくなった芸能人みたいな人が多かったが、

  今回に関しては、食えなくなりつつある芸能人程度には、ランクがアップしている、


  それだけ脅威と映っているのだろうが、デモに対する批判は色々見てきたが、まともな批判を見たことは一つもない、

  ただ、どのように批判をするべきか考えてから発言しているものが多く、ある種の炎上ビジネスのような、火種を用意してどうするかという感じの、何らかの手間をかけた発言が多かったように思う、


  つまり今のデモに対する批判は、批判をすることのビジネス的なプランが裏にあって、それは結構しっかりしているというか、そんな感じを受けた、

  それはそれだけ、アベ辺りにとっては切実な問題になっていて、下らない工作をした結果だろうが、


  デモに対する批判はあるが、それは批判のための批判であり、ギリシャの頃にあった弁論法のような、小手先で中身の無いテクニックになっている、

  こういう意見が出る時はだいたい政府の犬が動いているのだが、アベのクズがなにかやったのだろうな、


  ただ今回のデモは想像以上に大きなものであり、批判をした所で意味が変わるものではない、

  数万人のデモだったら意見を変えられるかもしれないが、ここまではっきり規模が大きいと、どんな批判をしても説得力はないだろう、


  だから批判する連中は、批判をする世界で小さく生きていくだろうけど、デモがあったという結果は残るし、

  デモに参加した数十万人と、その周囲の数百万人の気持ちのようなものは、政府が何をしようが変わることはないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR