04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

金融を重視することのリスク、アメリカの奴隷になる自衛隊、外国の右翼に幻想を抱く日本人、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  連続で文章を書いているとネタが尽きますね、やはり政治系のブログはやりづらい感じがします、

  ニュースを伝えるタイプならいいのでしょうけど、私みたいのだと毎日は書けなさそうです、


  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、いま見ている状態だと株価の暴落が起きているようだ、

  2000円位落ちているが、これが3000円を超えるとかなりまずいだろうな、


  今の株高は通貨の暴落によって起こっているので、急激な円高が起こるとすぐに落ちてしまう、

  本来株価というのは、そんなに上下しないものなのだけど、今は通貨と連動しているのでアップダウンが大きい、


  そのため一気に下落をすることがあり、同時に上昇することも多い、

  アベのやつの初期の頃は数千円一気に上昇していたが、その最大の要素は通貨の下落である、


  民主党の頃は一ドルが70円位だったから、それが110円くらいまで急に上がったので、株価が高騰することになった、

  しかし逆にいえば、通貨が今120円位だから、これが100円を割るような形になると、大きく変わることになる、


  通貨は株価と違い変動が大き金融商品だといわれていて、短期間で数分の一の価値になることもある、

  だから株式に比べると、リスキーな投資対象だといわれているのだが、その通貨と株式が連動するようになり、株価もリスキーな投資対象になった、


  そういう形があるので、株価の暴落は当然あるべきことであり、それを読んで投資をしないといけないのだけど、

  株価が3000円下がった場合は、簡単には回復をしないだろう、


  大体一日の相場変動の限界は1000円位だから、3000円下がると相場の方向も変わるし、金融の構造も変わってくる可能性が高い、

  中長期的には戻るかもしれないが、今起きているのは中国経済の悪化によるものだから、これが進めば進むほど株価は下落をする、

  
  そして今起きている中国株の下落は、結構根が深いものなのでかなり大きな下落になる可能性もある、

  それに引きずられていけば、4000円位暴落する可能性はあるだろう、

 
  この流れが怖いのは、通貨の高騰が固定化されて、円高のまま変化が起きなくなることだ、

  そうなった場合今株式に投資している資金は、ほとんど無駄な金になってしまい、損失になる、

  しかも世界経済の傾向によっては、円高がある程度続く可能性もあるので、大きな問題になるだろう、


  特に厄介なのが年金や郵便局が突っ込んだお金で、これが回収不可能になったら、大きな問題が起こるだろう、

  金融を重視するというのは、金融によるリスクを増大させる意味があるので、金融の危険性について考えなければいけなくなる、


  しかし今の日本や日本人は、金融を重視することによって起こる、金融の危険性について考えていないので、非常に危ないといえば危ない所にある、

  金融は重視をしなければ危険ではない、しかし今の日本のように重視をした場合は、増加するリスクへの対策も考えないとダメである、


  本来はそうなのだけど、アベみたいな馬鹿がやったので、こりゃどうも駄目みたいですね、


  次に、困ったこと本当にネタがない、どうしたものか、、と言うよりは書くべきことは書いてしまった感があるのだけど、

  ではマンネリですが、安保法案について書いてみますか、


  この法案の問題は多岐にわたりますが、重要なポイントとして、軍事行動をする時のサポートがない点があります、

  安保法案では無制限に軍事行動ができ、また使える兵器にも制限はありません、


  昔のPKO法案では軍事行動の制限や、利用できる武器の制約があったのですが、この法案ではそれが全て撤廃されています、

  撤廃されている問よりは、特定の事をしてはいけないと書いていないので、やろうと思えばなんでも出来る状態にあるのですが、


  そういう状況で軍事行動をするため、非常に危険な地域に送られる可能性があります、

  この安保法案で自衛隊を動かしたいのはアメリカので、具体的な軍事行動についてはアメリカが決めるでしょう、


  そしてそこではできる軍事行動や兵器の種類から、どの作戦に参加をするか決められるので、かなり危ないものにも参加をするでしょう、

  例えばゲリラのいる地域のパトロールとか、前線に近い軍隊の支援などをやらされる可能性がある、


  重要な事はこういうことをするメリットがあるかどうかで、前線にいってアメリカと一緒に戦争をしたとして、その見返りがあるのかという問題がある、

  現状安保法案が通った見返りは存在せず、自衛隊員の行為は無駄になる可能性が高い、


  アメリカは日本の自衛隊を使役すために、この安保法案を通そうとしているだけで、協力関係ではなく命令する形で行っていますから、そうするのは当然だと考えているので、日本が支援をしても感謝もしなければ協力もしないでしょう、

  表面的にはするかもしれませんが、根本的にはなにもしないと考えていい、


  なんだか話がずれましたが、この法案はアメリカの指示で自衛隊が動くものなので、その行動を日本政府がコントロールをすることはないでしょう、

  またどのような軍事行動をするのか、そしてしたのかについてはすべて隠蔽されるので、何が起きたのか知る機会は全くないと考えていいです、


  ある意味において、この法案はアメリカの占領政策の一環と考えてよく、昔韓国軍がベトナム戦争に徴用されましたが、あれと似たような感覚の法案だと考えていいです、
  
  韓国軍はベトナム戦争で、多くの人を殺しましたが、そういう形を自衛隊にやらせるのが、この安保法案だといっていいでしょう、


  この法案はアメリカの指示で自衛隊を動かすものなので、自衛隊の安全対策というものがありません、

  そもそもこの安保法案には、自衛隊員の安全対策は書かれておらず、そういうことをする手段はないです、


  そのため、この法案が自衛隊員の安全を守る意味はなく、そして自衛隊員がどう動くかを決めるのは、アメリカ政府になります、

  いわば主権を譲渡して、日本の軍事権をアメリカに売る渡すのが、アベの利権ビジネスなので、中身が支離滅裂なんですね、


  他にも指摘している人はいるけど、この法案では自衛隊員へのサポートがなく、そういうことをするシステムはありません、

  そして軍事行動はアメリカ政府が決めることになっているので、かなり危険なところに送られる可能性が高いです、


  サポートのない状態で戦場に放り込まれる、そこで自衛隊員がどうなるかというのが、この法案の根本的な問題になるでしょう、


  後は、最近米軍の基地で問題が起こることが多く、火事が起きたり爆発をすることが増えている、

  そういう問題が起きた時に、日本政府側は対応をすることができず、事件が何故起きたのかを知ることもできない、

  少し前もヘリが墜落したが、その問題については一切の情報が出ず、その後も同じ訓練を繰り返しており、日本政府側から問題を指摘することができなくなっている、


  その原因はアベがアメ犬の屑だからけど、こういう傾向が今の日本では、全体的に強いように思う、

  例えば昔ならば、沖縄の基地問題であっても、米はあまり高飛車なことはしていなかったような気がする、


  例えば事故があったらしばらく訓練をやめるなど、そういうことをしていたのに最近は全くしなくなった、

  基地の建設でも強引な行動をすることが多く、日本の見下すような行動が増えている、


  これはもしかしたらなのだけど、米の右翼化とも関係があるのではないか、そんな感じがする、

  日本の右翼や保守は勘違いをしているけど、米の右翼は人種差別主義者であり、黄色人種である日本人は差別の対象でしかない、


  そのため米の右翼化が進めば、日本人対する差別や抑圧が強くなり、日本国家に対する締め付けも厳しいものになる、

  今までは、米の経済悪化の問題を、日本に押し付ける意味があったのではないか、そう考えていたのだが、

  それだけではないような感じもする、


  今のアメリカは共和党のバカ候補を見てもわかるが、極端な右翼思想家が多く、人種差別主義者が主流だ、

  そして人種差別主義者は、基本的に日本人を差別するので、アメリカ人は日本人をイエローモンキーと思っていますから、右翼化が進めばその傾向はどんどん強くなる、


  沖縄の基地問題や安保法案は、明らかに米が関与をしていて、その抑圧のやり方が以前とは違い、異常な所が多くなっている、

  その原因がアメリカの右翼化ではないか、そういう感じも受ける、


  米の右翼は戦争に勝った米が正しいと考えるわけで、負けた劣等民族の日本人を馬鹿にする考えを持っている、

  それに嬉々として従う、アベやその基地外仲間の右翼は、頭が逝かれているというしかないのだが、


  ともかく、安保法案などを見て感じるは、米が日本を締め付ける考えを持っていて、それがかなり異常なものになっているということだ、

  そしてそれは、米の右翼化によって起こっている可能性があり、それを警戒せず評価している、日本の右翼や保守は頭がおかしいというしかない、


  米の右翼思想は、戦争で負けた日本に対する差別主義者の集まりなのだから、そんなのと協力をしようと考えている連中は、現実がわかっていないのだろう、

  国家と国家というものは分かり合えないものだ、それは日米間でも変わりはない、

  そういう幻想を抱いていることが、日本が狂ってしまった原因のように感じます、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR