03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

武藤アベの未公開株ビジネス、戦前の軍部のようになる自衛隊、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は少し涼しくなってきましたね、あくまで少しですけど、そろそろ秋が近づきつつあるのかもしれません、


  まあ秋といっても最近のは30度位平気でありますが、それはともかく何か起きているかな、

  ふむ聞いたところでは自民党の武藤とかいうのが、離党をしたらしいね、

  こいつはシールズの批判をしていたやつで、デモをして戦争の批判をするのは、利己的だといっていたやつだな、


  それで武藤のやつは、政治家枠の未公開株があり、それを使って金儲けをしようとしていたらしい、

  しようとしていたというよりは、以前からやっていたような話があるようだ、

  そこでこいつがやっていたのは、未公開株を利用して、買ったら倍の価格になると説明し、荒稼ぎをしようとしていたらしい、


  未公開株の問題は自民党ではよくあるが、ああいう株式は大きな利益になるので、権力者と結びつくことがある、

  未公開株についてはルーズな所もあるので、違法スレスレの行為をすることも多い、


  そういうことを武藤のやつがやっていたらしいけど、何だから知らないうちに逃げてしまったようだ、

  こうまで逃げるのがうまいということは、逃げ道を用意する泥棒のようなものだから、こいつが犯罪行為をしていたのはほぼ間違いはないだろう、

  そうでないというのならば説明をすればいいのだし、一切の説明をしないで逃げたのは、罪を認めたと判断するのが妥当だろうな、


  アベが身の保身しか考えていない人間の屑なので、首を切ったというのはあるだろうけど、

  武藤のやつは説明を一切していないし、しないということは罪を認めたことになるわけだから、

  アベも未公開株利権を、漁っている可能性が高いといえる、
  

  そういうものがどういう形なのかは分からないが、そもそもアベの周囲は株価の上昇で大きな利益を得ており、アベの周囲のやつは何億という規模で儲けている奴が多い、


  それを考えると、アベ政権自体が未公開株ビジネスをしている可能性は高く、今回はたまたま一部がバレただけ、という可能性も十分にある、


  今の株価は日銀が購入をして、無理やり株価を上昇させているので、完全な官製相場になっている、

  そのため政府の都合で株価を上げることが可能になっており、それと未公開株の関係が合わされば、莫大な利益をアベの基地外が得ていても不思議ではない、


  今回のことでポイントになるのは、武藤のやつが政治家枠の未公開株を認めたことだ、

  だってもし嘘ならば離党をする必要はないし、後ろめたいところがないならば、自民党を出て行く必要はない、

  単純にそんなことはないといって、説明をすればいいだけなのに、一切の説明をせずに離党したのは、犯罪者が罪を認めて逃走をしたと考えるのがた妥当だ、


  そういう形で武藤は、政治家枠の未公開株ビジネスを、認めているわけだから、

  当然それは自民党全体でやっている可能性が高く、アベもそれで金儲けをしていると考えるのが妥当であろう、


  上の方で書いたけど、アベ政権は株仲間の政権でもあり、この政権の関係者は、大量の株式を持っている人が中心だ、

  つまり株売買を多くやってる人が、大臣になっていることが良くあり、株価の上昇による利益を一番得ているのは、アベやその周囲の人間である、


  そして株価の上昇は日銀などの活動によるので、株価は政府の都合でどうとでも上下させることが可能である、

  その形はインサイダー取引が無制限に出来る状態であり、それを利用したビジネスを自民党議員は、全員やっていると思っていいだろう、

  だからアベみたいな基地外が大きな顔をしても、自民党議員は黙っているわけで、株取引で利益を得た分、こいつらは文句をいわないわけだ、

 
  そんなインチキ株取引をしている、アベの基地外友達の利権屋武藤だが、

  政治家枠の未公開株とは、腐ったことをしているものだが、自民党なんてのはこんなクズしかいないので、

  自民党議員を見たら泥棒だと思と、考えるのが妥当でしょう、


  次に、アベの基地外が出している安保法案についてだが、具体的な軍事行動について、自衛隊の方で検討がされていたようだ、

  その検討ではどのような軍事行動をするかについても、細かく決められていて戦争をする準備をしていたらしい、


  アベの基地外は想定の計画だから、問題がないとアホな答弁をしていたけど、

  自衛隊がやっていたのは具体性を持った軍事行動プランであり、想定の話というレベルは逸脱している、


  それに以前も書いたけど、想定の話を考えるならば、まずは自衛隊絵がこの法案で、どのようなリスクを背負うのかを考えるのが、第一の想定になるはずなのに、現状ではそういうことをしていない、


  今回の自衛隊が考えていたのは、アフリカに行って米軍と一緒に戦争をすることで、

  その時の軍事的な連携をどうするか、ということしか考えていなかった、

  アフリカにいった時の安全対策もなく、隊員の身の安全を考えている所も存在していなかった、


  想定とは必要性があって行うものであり、今の自衛隊がやっているのは、戦争の必要性の想定しかしていない、

  自衛隊の安保法案による、変化への対応などについては全く考えていない、


  だからこの想定は、米軍の下請けとして軍事行動をする時に、どういう形になるかという意味しかなく、

  アメリカからそういう想定を作ってくれといわれて、制作をしたと見るのが妥当であろう、


  つまりアメリカからすると、自衛隊が来年の夏に前線に行くことは確定しており、そのための方法論を決めろを要求して、

  アベのクズは人殺しのゴミ人間なので、それを嬉々として受け入れたということだろうね、


  現状の安保法案では駆けつけ警護などの、他国の軍隊への軍事支援が可能になっている、

  そのため、直接的な軍事行動ができるので、来年アフリカに送られる自衛隊員は、ゲリラなどと直接的な戦闘を、長期的にやると考えていい、


  一般のイメージだと、自衛隊の派遣は後方の支援で、弾薬の補給をするにしても、後ろのほうで待っているものだと、考えている人が多い、

  しかし、この安保法案で自衛隊が目指しているのは、米軍と一体化した軍事行動である、


  アメリカは減った兵力を自衛隊で補給する予定なので、米軍の一部として自衛隊を利用することを決めている、

  そういう形になっているので、自衛隊は後方支援というが、それは形だけで実際は前線で戦うことになっている、


  安保法案で自衛隊がやらされるのは、直接的な支援であり、隣にいる米軍に弾を渡すような、そういう感じになる、

  一般のイメージだと、弾薬庫をガードするような感じがするけど、実際は米軍と一緒に戦闘をして、多めに弾薬を持っているので補給する感じに近い、


  よく共産党などが前線と後方の違いは、国際的なルールではわけられていない、と答えているが、

  今起きている安保法案の問題は、非常にそれと関係が深くなっている、


  今までの制度では、戦場に自衛隊を送ることはできなかったが、

  安保法案では無制限に戦場に送ることができるので、前線で弾薬などの補給をする部隊、という形になる、


  一応戦争ではないところに送ると、アベのアホがいっているが、法律にはそんなものは書いていないので、

  この法案が通れば、一番前線に近い戦闘中の場所であっても、自衛隊は活動をすることができます、


  そういうところで弾薬の補給をする以上、戦場で一番危ないポジションにつくので、大量の自衛隊員の死傷はありうると考えるべきでしょう、


  今までは安全な地域で、戦場ではない所から補給活動をしていたが、

  今は直接戦場に行って補給活動をするので、部隊として一番危ない仕事をすることになる、


  そういう変化にあわせて、自衛隊では軍事行動に対して計画を立てていたが、

  そこでは自衛隊員への安全対策は、一切考えられていなかった、


  この話が怖いのは、戦場で一番命を狙われやすい、前線の補給活動を行うのに、その安全対策を何もしていないことだ、

  アベの基地外はなんだかんだというけど、法律には一切書いていませんから、自衛隊員を守る方法はありません、


  この法案はアメリカの犬のアベが、アメリカのご機嫌伺いをして、見返りを求められ

  そのために自衛隊員の命を差し出し、それを金や権力に変えようとしている、ゴミクズのような意味しかない、


  正直なところ、アベのやつは処刑した方がいいレベルの、犯罪行為をしてはいるのだけど、普通に暮らしている人には、そういうことはわからないのだろう、


  自衛隊が軍事行動のプランを考えていたのは、アメリカからの指示だと見ていいだろう、

  そしてアベの基地外はアメリカのご機嫌伺いしかできないので、米軍と自衛隊が一緒に行動した時の、リスクに対しては一切の対策はしないと考えるべきだ、


  もしくはリスクを考えるほどの知能がない、アベはゴミクズのカスだから、そういう結果になるだろうな、


  この図式が進んでくれば、自衛隊は戦前の軍部と同じ道を進むことになる、

  アベのせいで自衛隊は皆殺しに合うだろうが、恨むなら自民党に入れて、アベマンセーといっていた、頭のおかしな連中を恨んでくださいというしかないですね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR