01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

大臣が認めた軍事作戦、全国で行われるデモ活動、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)



    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そうですね、そういえば国会で議論が始まっていて、色々な話が出ているようだ、

  特に大きいのが、自衛隊が米軍の一緒に軍事行動をする事を決めていたことで、その問題の指摘がつよくある、


  その資料では来年の8月に、テロ掃討作戦をすることを考えており、そのための計画があったらしい、

  実はこれ防衛大臣がやれと命令をしていて、いままで防衛大臣はよく知らないと答えていたが、実は自分自身で指示をしていたようだ、


  これが一つのポイントになるが、大臣は指示をしていないと答えていたのに、自分が指示をして資料を作っていたのだから、それはなんでなのかということになる、

  自分で指示をしていないと答えていたのに、急に指示をしていましたというのは謎だね、


  この大臣はある程度はまともな考えを持っているが、アベみたいなアホと組んでいるので、異常な行動をすることが多い、

  防衛大臣を批判する声もあるが、根本的にはアベの頭のおかしさが悪いのであり、こいつはその利権にあさろうとして、二次的問題を引き起こしているのだろう、


  アベみたいのについたのだから、こいつも悪党であることは間違いがないが、


  一つ目のポイントとしてあるのは、なぜ大臣が嘘の答弁をしたのかという事だ、

  考えられるのは、今回の問題ではシビリアンコントロールの事を問われており、大臣や政治家が知らない所で、官僚が勝手に戦争の計画を立てていた、という点で批判をされている、


  それをカモフラージュするために、大臣がやりましたと責任を取らせれいる可能性もある、

  今回の件については、役人の独断専行の可能性が高く、大臣の表情から見ると、そうであった可能性を感じる、


  この大臣は、最初この書類を共産党が出した時は、天を仰いでどうしたことだという表情をしていた、

  それを考えると、この人物は知らなかった可能性が高いように思えた、

  
  その後の話も不自然な所があり、その米軍と一緒に軍事行動をする計画は、大臣が指示をして、役所の担当者が作ったのだが、

  その指示を受けた担当者は内容を見ていないと答えている、

  指示を受けたのに内容を知らないというのは不自然だし、そう考えると大臣を生贄にして、誤魔化すプランかもしれない、


  この問題は大臣を無視して役人が行動していた、というのが一番の問題点としていわれている、

  それをずらすために大臣が指示をした、という話に書き換えているとすれば、それが嘘をついた理由だともいえる、


  つまり、大臣は実は指示をしておらず、役所が勝手にやったのだけど、それを素直に認めると責任問題が発生する、

  そうなればその時点でアウトなので、大臣の責任に話を移すことによって、誤魔化そうとしているようにも見える、


  そしてそう誤魔化そうとしていた場合は、なぜ嘘をついたのかという話になるが、

  そこでこいつらは多分だけど、軍事行動の想定をするのは問題ではない、という話を出そうとすると思う、


  今回の話は具体的な軍事行動を考えたものだが、それを想定だと言い換えることも可能だ、

  なぜならまだ軍事行動はしていないのだから、想定なのだから実際にはしていないし、責任もないということはできる、


  多分この形にしたいのだろうけど、そうなると沖縄で墜落したヘリの問題が出てくる、

  沖縄で墜落したヘリは、軍事作戦の練習をするために活動をしていた、


  その活動はテロリストの船に乗り込むことを考えており、平和的な活動を目指すものではなかった、

  そしてその関与していた部隊が、今回の自衛隊の軍事計画と深く関わっている所で、そういう問題も出てくることになる、


  さらに根本的な問題としてあるのは、安保法案が憲法違反であり、問題がある法案だということだ、

  それを元に軍事行動を考える場合、その結果起こる問題は非常に大きくなる、

  しかしその自衛隊のプランではそういうことは考えておらず、全くリスクがないような話になっている、


  安保法案は不完全な法案であり、この法案で軍事行動をすると、大量の自衛隊員が死ぬおそれがある、

  なぜなら、この法案では自衛隊員の保護をどうするか、全く考えていないので、何らかのアクシデントが起きた時に、対処をする方法がないからだ、


  そのため、安保法案を元にして自衛隊が戦争プランを考えたとして、そこで一番に考えるべきでは、軍事行動によるリスクではないかと思う、

  しかしそういう記載は存在せず、単純に軍事行動を進めることしか書いていない、


  このような形になっているのは、アメリカの意図がつよくあり、

  もともと安保法案も、アメリカの指示に従って作られている面がつよく、

  そしてその自衛隊の計画についても、アメリカから指示を受けたのではないか、という感じがする、


  そうでないならば、安保法案のリスクについても、自衛隊は軍事計画に組み込むべきであり、そういう視点がかけているのが異常な点としてある、

  安保法案というのは、昔の言い方でいえば神風軍事法みたいなもので、万歳突撃を目指すような、危険な所がある法案だ、


  この法案を元に軍事行動をすれば、間違いなく自衛隊員は大量に死ぬし、そういう人を救う方法はない、

  それなのにそういうことを考えていない、ということはプランを考えたのは、アメリカ人だと考えていいだろう、


  つまり、米は日本の自衛隊をどのように軍事的に利用するのか、すでに利用計画ができていて、そのプランを自衛隊に出せといっていたのではないか、そういう感じが強いと思う、


  そもそも自衛隊の海外派遣は、日本の自発的な行為で行うものではないし、外国の要請によって行われるものだ、

  となれば今回のプランを日本独自に考える必要はなく、日本政府が考えるとすれば、この法案によってどのような変化が起こるか、という点に集中した議論が起こるはずである、


  自衛隊にとっては自分が派遣される先なのだから、その法案による変化とリスクについて議論をするのが筋だが、

  具体的な軍事行動に関してのみ検討されている点を見るに、この案を考えたのは自衛隊ではないということになる、

  考えたというよりは指示をしたのは、明らかにアメリカか米犬のアベあたりで、そいつらがこういうプランを考えた可能性が高い、


  軍事行動にはリスクがあるのだから、安保法案が通ったあとのプランニングといて重要なのは、そのリスクがどのように発生するかと、それに対する対応であるはずだ、

  
  それなのにこの自衛隊の出したものでは、軍事行動をどうするか、どこの戦争をするかということしか書かれていない、

  そう考えると想定の話としてもおかしい訳で、何らかの別の意図がなければこんな話にはならないだろう、


  わかりやすくいえば、いまの時代において日米関係はリスクになりつつあり、日米安保は日本にとって、極めて危険な条約に変わりつつある、そういうところが出てきているのだと思う、


  その結果アメリカとの関係によって、安保法案のような自衛隊員の安全を全く考えない法案が出てきて、

  その法案の検討を自衛隊がすると、戦争や軍事行動のプランしか話が出てこず、まるで外国に指示をされたような話しか、出てこなくなっている、


  そういうことが起こる理由としてあるのは、米との関係が日本にとって損失に変わり、日米安保が日本にとってデメリットになりつつあるから、という点が存在するのだろう、


  そんな傾向がこの話からは見てとれるし、そしてそういうリスクは最初は自衛隊員の命、次は国民の命という形で、アメリカから要求されることになるでしょう、


  次に、デモの活動が活発になっているようだ、どういうわけか今月の週末は、日本中でデモが行われるようで、かなり規模が大きくなっているらしい、

  デモというと少し前にブームになったくらいで、そんなに大きなものになるとは思っていなかった、

   
  国会の前とか、そういう目立つところは別かもしれないが、そうでない所まで日本中で広がっているのを見ると、よほど国民の不満は強いのだろうと感じる、

  例えばアベのいる山口でも、色々なデモが起こっているし、奴が住んでいる地域でも反安保デモがあるらしい、


  一つ一つの規模は小さいかもしれないけど、何十、何百という形でデモを行うことができれば、結果的には大きな影響をあたえることができるだろう、

  デモに関してはいろいろな意見もあるし、正直なところ問題点も多くあると思う、


  ただこの方法が一番楽で、効率がいいですから、変なところでなければ参加してみるのもいいと思います、

  左翼とか右翼とかいっているデモは、大体ダメだけど、そうじゃないタイプの市民デモならば、参加してもおかしくなることはないです、


  ネットで見たのですが、週末だけで数十ヶ所でデモが行われるらしく、それぞれが連携をして、共同でアベ反対、安保法案反対とするらしい、

  こういう動きが起これば、自衛隊員の方が亡くなることも防げるし、そういう人の家族が悲しむことも、未然に防ぐことは可能だ、


  アベはアメリカの殺人犬みたいなやつで、日本人を殺してアメリカに媚びを売る、しょうもない腐ったゴミなのだけど、

  そういう頭のおかしいやつだから、直接的なデモ活動をすれば、案外いいダメージになると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR