03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

狂っている70年談話、沖縄で墜落したヘリのアベ問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日は短めに書いてみると、そういえばアベの奴が戦後70年の談話を出したらしい、

  所詮は基地外のアベだからまともな意味はなかったようだが、一応お詫びとか何とかの言葉は入ったようだ、


  ただしこのクズは、自分がお詫びを言うのではなく、他人がお詫びをいうような形にし、自分の言葉で責任をいうことがなかった、

  ついでにいえばアベはアホなので、日露戦争に勝ったから日本は正しいだとか、よけいな文章が入っていたらしい、

  日露戦争と戦後70年の談話に、何の関係があるのかは分からないが、アベは能なしのクズゴミだったので、異常な狂信的妄想を引き起こしたのだろう、


  しかしまあ日露戦争と今回は関係ないだろうに、このバカは知能がやっぱりないんだな、

  8月は戦争が終わった月なのだから、常識的にいえば太平洋戦争に対する総括をいうのが筋だ、


  それがなんで日露戦争なんだ?、終戦記念日を前に関係ない戦争の話を出すあたり、知能のないゴミ人間というしかないな、

  ほんとまあ、こんなアホに入れた奴の人間性を疑るレベルだが、こいつらに投票した連中って、何かの病気なのだろうか、、


  ともかく、アベが戦後70年の談話を出したが、所詮は基地外のゴミ人間だったので意味不明なものになった、

  このアホが出したのは、なぜか日露戦争の話で、日露戦争に勝った日本は正しかったという、基地外談話が発表された、


  戦後70年の節目の談話が、基地外の妄想になるとは思わなかったけど、日本はもう末期状態にあるのでしょう、


  次に、沖縄で米軍のヘリが墜落をしたようだ、その部隊は特殊な訓練をしている所で、そこに自衛隊も関わっていたらしい、

  そのヘリは特殊作戦の訓練中だったらしく、かなり無茶な形で着陸をすることをし、その結果墜落をした、


  ヘリが降りようとしていたのは船の甲板だが、その甲板は平らなところではなく、色々なものがあるところだったらしい、

  行っていた訓練はテロリストの船に強襲するものだったので、そのためにわざと降りづらいところを、利用した訓練をしていたようだ、


  その結果、ヘリの羽などが船の備品にぶつかり墜落をし、乗っていた人は全員怪我をした、

  まあ亡くならなくてよかったともいえるが、そんな無茶な訓練を自衛隊がしているのは異常だろう、


  またその訓練に参加していたのは、最近共産党が暴露していた、アフリカのPKO活動をしている部隊の人で、

  どうやらこの訓練は、アフリカの紛争に自衛隊が参加することを、想定して行われていたようだ、


  今回の件は中国船に対する、防衛の訓練だと考えている人もいるが、その可能性はないだろう、

  そもそもアメリカは中国と争う可能性はないのだから、アメリカと共同で行う軍事訓練は、中国向けのものにはならない、


  あるとすればアフリカか中東への戦争だろうから、アベの基地外の安保法案が通れば、今回訓練をしていた自衛隊員は、戦場に送られていた可能性が高い、


  そしてこの訓練をアベの基地外は知っていて、そしてこの訓練をするように指示をしていたと見るのが妥当だ、

  このアホは、中東やアフリカに自衛隊員を送ることを計画しており、そこで自衛隊を処分して金に変える予定らしい、


  まあ腐ったゴミというしかないけど、アベのやろうとしているのは今回のような方向性で、

  中東やアフリカを中心にしたゲリラ活動か、特殊工作をメインにする予定があるようだ、


  そういう形ならばれないし、金になると考えたのだろうけど、

  それが早々にバレたわけだが、これでもアベマンセーという人がいるならば、自衛隊員の大量死はもう避けられないでしょうね、
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR