01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

どこにも意味がない安保法案、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、最近まとめて書くようになったため、どんな感じがいいのかわかりづらくなっていますが、では今日は安保法案について書いてみますか、

  安保法案ね、この法案は何ためにあるのかわかりづらく、そういうところに不安を感じている人が多いです、


  法案は法案なので、それどうするかというのは法案には書かれていないのだけど、基本的には米軍の支援を行うことになります、

  この法案は以前も書きましたが、日本の安全保障を考えたものではなく、米軍の弱体化を補うことを目的にしています、


  アメリカは以前は世界の警察といわれていましたが、今となってはそういう力はほとんどなくなっているので、今はかなり弱い国に変わりつつあります、

  その影響で世界中に展開をしていた米軍を引き下げることになり、日本の米軍もほとんどは撤退することになっています、


  そして、日本の自衛隊は米軍に依存していますから、自衛隊がアメリカにしがみつこうと考えて作り出されたのが、この安保法案という売国法案です、


  この法案の狙いは米軍の自衛隊を一体化させて、それで媚を売る事により、米軍が日本を支援しやすくすることを目的にしています、

  この時点で異常なのがよくわかりますが、直接的な支援の約束はなく、米軍と一体になって支援をするから、米は助けてくれるだろうという、ある種の妄想からできているものです、


  日本の政治システムは官僚ですから、基本的に思考をする文化がないので、

  軍事防衛も冷戦時代のままなので、それを変える方法がありません、

  その結果、自衛隊は米軍にどう依存するか、米との関係をどう維持するかという考えだけを持つ、異常な団体になりました、


  例えば普天間基地問題を引き起こしたのは、実は日本側で米はこの問題には関係ないです、

  全くないわけではないのだけど、米は沖縄から米軍を引き上げようとしただけで、それを強引に引き止めて、巨大基地建設計画にしたのは自衛隊です、

  つまり辺野古基地を作ろうとしたのは、アベのような基地外や、自民党や自衛隊が主体になって行っています、


  安保法案の話に戻るけど、日本にとって安保法案の意味はほぼありません、

  これは官僚願望みたいなものと、アベみたいな基地外利権屋が、軍事利権を漁るために協力した結果生まれたものなので、やっていることが正しいかどうかは、全く考えていません、


  官僚にとっては、日米安保があり、米軍との協力で防衛するのが、今までの日本の自衛隊の方向だった、

  しかし米軍が去って行くことが強まったので、米軍を追いかけて行って、無理矢理協力をするようなスタンスが強まり、それが辺野古基地問題や安保法案を生んだ、


  アベのような基地外は、その流れに乗っただけで、こういう軍部の残党の能無しは、金のためならばなんでもするチンピラなので、

  そいつらを自衛隊が金で買収して、金で買ったゴミ右翼を使って政治騒動を起こしている、


  ある意味戦前の軍部と一緒で、現実の軍事的な問題や、方向性については全く考えず、

  冷戦時のシステムを維持するために、無茶苦茶な軍事的方向性をとっているのが、現状の日本の政治である、


  安保法案の意味は、はっきり言えば一切ありません、

  いろいろ考えてみたのだけど、この法案が存在する意味はどこにもなく、

  この法案で戦争をしたとしても、日本にとっては全くメリットはないです、


  一言でいえば、この法案は自衛隊の願望が出た法案であり、連中がアメリカにくっつくために、自暴自棄になって出した法案という意味が強い、

  自衛隊にとってアメリカは軍事的な協力者だから、より強い協力をすることができれば、米は去らないだろうと連中は考えている、


  だから米のために辺野古基地という、巨大な建物を日本の金で作って、関心を買えば向こうが振り返ってくれると思っている、

  それでは不十分だと思って、今度は米の戦争に直接関与するようになり、米の戦争に自衛隊が、後方ではなく前線で支援することを決めている、


  ただそうした所で米のスタンスは変わらないだろうし、米の行動は自国の衰退が原因なのだから、日本がいくら協力をしたとしても、それに対して返すものは存在しない、


  つまり一方的に日本の自衛隊が、米軍を支援するだけになって、その結果大量の自衛隊員が死ぬことになるが、

  それを評価するだけの力は、もうアメリカにはないので、日本に対する支援はなにもしないだろう、


  別の見方でいえば、利権という意味ならばこの話は成立する、昔からよくいわれる、無駄な公共事業ならぬ、無駄な軍事事業という形では、この法案は意味を持つことになるだろう、


  アベの基地外が軍事にこだわっているのは、奴に右翼思想があるのではなく、軍事独裁に対する欲望があるからだ、

  だからこのクズは金になるから軍事に興味を持っているだけで、戦争=金と考えている、人間のカスにすぎない、


  そしてカス人間アベの行動や、自衛隊の上層部の動きとしてあるのは、米に対する支援によって、日本の防衛が良くならなくてもいい、という考えだろう、

  無駄なものほど自由に裁量を使うことができ、明確な目的がない対象ならば大きな利権にすることは可能だ、


  そういう考えが安保法案には強くあるように見え、この法案には現実的な意味は無いが、現実的な意味はない分、利権としては大きな魅力があるのだろう、

  そうでなければ思想も何もない、アベのようなクズがこの法案にこだわるはずがない、金になるから奴はこの法案に興味を持っているのだ、


  それは自衛隊も一緒だね、この法案が通れば予算の拡大ができるし、無駄な戦争をすることになるが、それが金になるのでやってみたいというのが本心だろう、

  結局戦前の軍部がやっていた、セクショナリズムが拡大している状況にあり、誰も責任を取らない、無制限の戦争社会になるおそれがある、


  この法案については何度か書いているけど、まずこの法案は日本を守るものではなく、何らかの政治的な意味があるものでもない、

  しいていえば軍事利権の拡大のために、米国への追随を目指したものであり、役人の前例主義が生んだ、戦争法案といっていい、


  ある意味においては、日本の空気を読む文化が生んだもので、多分だがこの法案ができた理由に、違う意見が言えないというのがあったのだと思う、

  例えばこの法案が目指しているのは、冷戦構造への回帰である、

  米と共同の軍事行動を重視し、そのためならばどんな協力もする、というのは冷戦時の話にすぎない、


  現状では米は中国と軍事協力をしているわけだから、日本がアメリカとだけ軍事的な協力関係を築く必要はない、

  しかしそれをいうことは、空気を読んでいないことになるから、役所の会議では、冷戦構造への回帰をどうするか、という形でしか議論が多なわれなかったのだろう、


  そしてそういう土台を作ったあとで、それをどう利権にするかということを、アベや自民党のような基地外が考えて、利権構造へのプランを構築していった、

  あとはそれを具体的な法案にすればよく、そういう形で出てきたのがこの法案なのだろう、


  そうでないというのならば、法案の成立を前提に、自衛隊が軍事行動を決めるはずがないし、

  土台にあるのは自衛隊の冷戦時代への回帰であり、それを利権にするシステムを自衛隊の上層部と、アベの基地外が協力をして、

  軍事利権の拡大と、冷戦的な構造の維持で協力をすることにしたのだろう、


  だからこの安保法案には中身がなく、何がしたいのかが全く分からなくなっている、

  例えばアメリカと共同で軍事行動をして、一体何の利益を得ることができるのか?、

  そんな取決めは一切ないのだから、ただの無駄にしかならないのにやる意味がわからない、


  確かに利権構造の拡大を目指す意味はあるが、まともな軍事戦略がないまま、軍事防衛の拡大をすれば、結果的に日本の防衛に大きなリスクを背負わせることになる、

  例えばアメリカと一緒に軍事行動をすれば、自衛隊員は攻撃を受けてて減少することになる、

  そして大量の戦死者が出れば、自衛隊に入る人は大幅に減ることになり、その結果防衛に大きな穴を開けることになる、


  この法案の問題があるとすれば、この法案にそって軍事行動をしても、全く意味がなく、国家にとって打撃になるような意味しかないことだ、

  軍事利権の拡大は確かにできるかもしれないが、安保法案で戦争が激化すれば、いずれは自衛隊になりたい人が減ってくるわけで、

  予算があるだけで組織は崩壊するような、そんな形になるんじゃないか、


  安保法案が通った場合は、日本の自衛隊システムは崩壊する恐れがあり、さらにこの法案で期待している、米の支援は全く来ない可能性が高い、

  そして軍事予算を増やした所で、戦争が激化すれば自衛隊に入る人は減るから、自衛隊は何もできない組織に変わるだろう、


  いえるのは今のこの法案は、状況の判断を全くせず、冷戦構造のまま、それを維持するためだけに作られていて、実用性が全くないことだ、

  アメリカに追随して戦争をすれば、それは軍事利権になるだろうけど、大量の戦死者を生むのだから、自衛隊のシステムは事実上崩壊することになる、


  アベの基地外の出している法案はよくわからないのだが、意味不明な理由で世界中で戦争をし、その結果国家制度が崩壊するという点ははっきりしている、


  まんま戦前の軍部なのだけど、どうやらアベの基地外や自衛隊の冷戦狂信者共は、この国を地獄に引きずり込んで、多くの日本人の命を奪って金に変える予定らしい、

  そこに理由があればまだ救いがあるが、見たところこいつらの気が狂っているので殺されるという、理不尽な末路が待っている気がします、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR