03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

平和式典での非核三原則、核兵器を運ぶ自衛隊

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、そういえばアベのアホが、広島の原爆投下の式典に行ったらしい、
 
  性根の腐った○キ○リみたいな人間なので、非難轟々だったらしいが、こんなゴミ人間を評価するのは、頭のおかしい奴くらいだろう、


  アベのアホが広島の式典で話し出すと、怒号が飛び会安倍に対する批判が強く出たようだ、

  それ以外の時には何も起こらなかったので、アベのアホは許さんという声があったのだろう、


  内閣総理大臣が式典で話したのに、誰一人拍手しなかったらしいから、こういう奴はダメだというのが、総意だったのだろうな、

  原爆投下の被害を受けたひとは、アベの基地外を見て涙を流したと聞くし、こんなバカがいるとはと、非常に悲しかったらしい、


  なぜかといえばこの馬鹿が出している安保法案では、原子力爆弾でも運ぶことができますから、

  広島で被害を受けたひとは、自分や親族を原爆で殺されている、それを嬉々として自分でやろうとしている、基地外のアベを見たらそれは嫌になるだろうな、


  そういう形で式典が行われ、アベは結局その式典では、非核三原則については全く触れなかった、

  基本的この広島の式典では、非核三原則について触れるのが常で、今までも基本的には話していた、


  しかしそれが今回はなく、その問題を指摘する声が強くあった、

  その流れで国会で議論が行われ、アベに対してなぜ非核三原則を入れなかったか、という質問が出た、


  そこでアベはチンケなゴミなので、式典では話さなかったが、その後の懇談会では話したので良いと、意味不明なことを言い出した、

  その話に対して野党側は、なぜ懇談会で話しただけで、式典では話さなかったかといわれると、アベは基地外の本性を表し、俺は正しい、キーキーキーと猿のような奇声を上げ始めたようだ、


  実際は日本語を話していたのだが、いつもながら意味不明だったので、基地外の猿がキーキーいうような、いつものアベが見られたようだ、

  基本的にアベはバカなので、まともな質問を受けると基地外人間アベに変身する、

  というかもともと基地外なので、特に変化はないのだが、奇声を上げてキーキーいう、事を繰り返す性質がある、


  まあアベみたいなバカなんてのは、この程度のゴミ人間にすぎないのだけど、


  アベの奴が非核三原則を入れなかったのは、平和式典に対する嫌悪感が強くあると見ていい、

  そもそもアベの基地外は戦前の戦争が、正しいと考えているやつだから、そういう感覚からすると、戦争が終わって平和になった、という考えが気に入らないわけだ、


  だから戦争は終わらず、核による大きな被害も、アベにとっては面白い話でしかなく、自分も核兵器を撃ってみたいと考えているやつだから、

  核による被害とか、核戦争後の平和社会というものに、こいつは虫酸が走るような感情を持っている、


  そして今回の平和式典で、アベのやつはずっとしかめっ面をしていたが、それは平和とか核のない世界というものが、アベは一番嫌いなので、そういう態度をとっていた、


  更にアベの指示で、非核三原則の文章が削られたのもの同じで、アベのやつは北の将軍様とよく似たタイプなので、核兵器の利用や開発を重視する所がある、

  以前アベのやつは日本でも核兵器は持てると発言しており、アベの狂った頭のなかには、核武装や核戦争への欲求が存在する、
  

  それが結局今回の問題を生んだわけで、アベのやつが非核三原則をいわなかったのは、

  アベが核兵器保持を狙っており、核戦争も容認する姿勢がでたといえよう、


  アベは基地外なので、それがどのような結果をうむのかは、全くわかっていない、

  このまま行くと日本は、アベの始めた核戦争に巻き込まれる、最悪の結果になる可能性も考えたほうがいいでしょう、


  次に似たような話だが、安保法案の兵站の問題がいろいろいわれている、

  安保法案では核兵器の輸送も可能になっており、その点を問題視する意見が最近は多い、


  それに対してアベのアホは、私がやらないと言っているのだから、核兵器の輸送は行われないと答えている、

  しかし法的には全く制限がないので、現状では核兵器を運ぶことは可能だ、

  
  そういう質問をしていると、アベはギャーギャーいい始めて、頭がおかしくなってしまった、

  その結果、答弁にはならなかったのだが、この問題は結構大きな存在になるかもしれない、


  核兵器を輸送してもよい法案となれば、どんな兵器でも運ぶことができる、

  そうなれば大量殺戮の犯人になるし、非常に大きな問題をうむ、


  安保法案には軍事行動に対する制約少なく、実質的になんでもできるようになっている、

  そういう状態でアベのやつが、安全だといたところで効果はなかったでしょう、


  ちょっと眠くなってきたのでこの辺りで終わりにしますが、いえるのはこの法案には軍事的な制限をするシステムがないことです、

  アベの基地外はこの法案で、軍事に対する制約を小さくしようとしていると考えている、
  
  その批判に対しては、自分がやらないと言っているのだから、しないといっているけど、法案には規制がないので、事実上の制限は存在しない、


  こういう馬鹿が日本の道を作るのだから、日本の未来は暗いというしかないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





//
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR