07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

安保法案によって生まれる、終わらない戦争の時代、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はまとめて書くようになったので、一回目はフレッシュなネタがあるのですが、二本目の文章ではネタが尽きる悩みがあります、

  さてを何を書くべきか、、

  というわけでこれ実は2つ目なのですけど、う~ん、そうね、では、安保法案が通ったらどうなるか、ということでも書いてみますか、


  安保法案は勘違いをしている人も多いけど、この法案は安全保障を考えたものではなく、日米安保を考えたものなので、日本を守る法律ではありません、

  あくまで、アメリカに追随して戦争をするために作られたものであり、それ以外の意味はありません、


  まず基本的な話として、集団自衛権と個別自衛権の混同を、説明しないといけないのだけど、 

  上でも書いたように、この安保法案とは日本の安全保障ではなく、日米安保のための法案なので、アメリカと一緒に行う戦争がテーマになっています、


  そこでアベのアホがよく出す例として、日本の近海で米軍と一緒に自衛隊がいて、そこに砲撃が来た時に、自衛隊が反撃できないから集団自衛権が必要で、そのための法案だとこのバカはよくいう、


  アベみたいなチンケな詐欺師の話を、信じる人はいないだろうけど、ただどういう意味なのかはわかりづらくなっている、

  この例でいえば、日本の近海で自衛隊と米軍がいて、そこに攻撃を受けた時は、日本は個別自衛権になるが、米は集団自衛権になる、


  日本の場合は日本の近海であり、日本への攻撃の防衛なのだから、それは個別自衛権として処理ができる、

  同じ所にいる米軍の攻撃を防ぐことも、日本に対する攻撃とみなせるので、この場合も個別自衛権になる、


  それに対して、米の場合は米の領土ではないのだから、そこで行う軍事行動は集団自衛権になる、

  つまり日本の近海で自衛隊と米軍に対して攻撃があった場合、自衛隊は個別自衛権で防衛をし、米軍は集団自衛権で防衛をする、


  アベの基地外がいっているのは、米が日本を守るために使っているのは、集団自衛権なのだから、日本もその権限を使って米軍を守るべきだと行っているわけだ、

  けどその必要は存在しない、
  

  例で書いたように、日本の近海での自衛隊の行動は、全て個別自衛権になるので、集団自衛権は必要ない、

  米には憲法9条のようなものはないから、集団自衛権があるので、米が日本を守る時に制限はない、


  問題になるのは、アベの基地外がいっている、日本も集団自衛権を使って、米を守るべきだとした時に、その場合は日本とは関係のない地域が中心になる事だ、

  わかりやすくいえば、米軍が日本を守っているのと同じようなことを、米軍に対してすることになる、


  そうした場合アメリカを攻撃する国はありませんから、アメリカがどこかの国を攻撃した場合に、協力をする形になる、
  
  この安保法案は日本の防衛と考えている人もいるけど、ここまでの説明を読めば分かるだろうけど、実は日本の防衛とは全く関係がない、


  集団自衛権とは、自国以外に軍隊を派遣して、軍事行動をすることであり、自国を守る軍事行動ではない、

  だから、その集団自衛権を元にした、安保法案には日本を守る制度はなく、米と一緒に戦争するシステムとしてしか存在しない、

  そして、アメリカを攻める国は存在しないのだから、この法案ではアメリカと一体化して、侵略戦争をする以外の行為は、全く行われないと考えていい、


  この法案は戦争法案といわれるが、実はそれが一番正しい解釈で、安全保障とは全く関係のない、戦争をするための法案が、この安保法案になる、


  この安保法案で錯覚しやすいのは、まずこの「安保」というのが安全保障ではなく、日米安保のことを指していること、

  つまりアメリカと一体化した軍事行動のための法案であり、日本の安全を守ることを目的にはしていないということ、


  次に、アベの基地外がよくいう説明で、アメリカが攻撃を受けた時に、日本の自衛隊が支援をしなくていいのか、という話があるが、

  日本の近海ならば、個別自衛権で対処ができるので、その必要性はない、

  アメリカが日本を守るのは集団自衛権だが、米は集団自衛権を否定していないので、彼らが日本を守るために権限を使うことには問題がない、


  問題になるのは、日本が集団自衛権を使ってアメリカの支援をした場合で、この場合は自衛とはいうが、米を攻める国はないのだから、アメリカが外国を攻める時の支援を、自衛隊がすることになる、


  そして、実はこれ以外の意味を、この法案は持っていないのだ、


  アメリカが日本を守るのは、日本が攻められる可能性があるから、協力をすることが出来る、

  しかし日本がアメリカを守る場合、アメリカを攻撃する国はありませんから、その支援はすべて、アメリカの侵略行為の手伝いになる、


  ここら辺の話が分かりづらいので、勘違いをしている人が多いのだけど、安保法案は自国の防衛を目指しておらず、日本の防衛には全く役には立ちません、

  あくまでアメリカと共同で戦争するための法案であり、それ以外の意味を持つ可能性はないでしょう、


  そして、この法案は憲法違反であり、侵略戦争をするための法案ですから、専守防衛にもならず、憲法9条にも完全に反しています、

  
  こういう法案がもし通ってしまった場合、自衛隊はすぐに米軍の戦争に参加をするでしょう、

  アメリカはあちこちで広げてしまった、戦線を縮小しようと考えているので、その負担を日本に求めています、


  実際米軍の人員と予算の削減の理由として、この安保法案が入っているくらいで、米はこの法案で日本に責任を押し付ける事を計画しています、

  送られる戦場としては、アフガニスタンやイラク、もしくはシリアあたりになるだろうか、少なくとも平和な地域に送られる可能性はありません、


  アベの計画している自衛隊の活用では、前線に近いところに自衛隊を派遣することが決まっており、

  前線で補給活動をするのが、自衛隊の仕事になるのが決まっています、

  アベの基地外は頭がおかしいので、適当な事をいっていますが、自衛隊が派遣されるのは前線であり、一番危険なところに送られるでしょう、


  そして兵站を行う兵士は狙われやすいので、派遣をしたらすぐに殺されると考えていいです、

  もしくは相手側を大量殺傷するでしょう、

  アベの指示では、米の軍事行動に自衛隊を派遣する時は、非常に協力は武器を持っていくので、地域の住民を皆殺しにして帰ってくる、そういう可能性もあるでしょう、


  アベや自民党の基地外連中が考えているのは、戦争による利権ですから、連中にとっては平和とか、自衛隊員の命などはゴミでしかないので、金になるならばなんてもしてくるでしょう、


  だから安保法案が遠った時は、一番金になる戦場に自衛隊は派遣され、そこでどう金を稼ぐかという形で利用されると見ていい、

  例えば強力な兵器を使いやすい戦場や、自衛隊員が多く死ぬ戦場ならば、それによる利益を最大化することが出来る、  


  そこら辺のプログラムは、多分アメリカネオコン連中が持っている、戦争で金儲けをする計算式に則って、自衛隊員の死傷と利益を計算してくるでしょう、

  戦争は兵士が死んでなんぼ、武器を消費してなんぼですから、平和な状態では金にならない、


  そして基地外アベ自民の望んでいるのは、戦争による金儲けですから、この安保法案は必ず、安全ではない形に大きく進むことになる、そうすることが連中にとっての一番の利益になるからだ、


  戦争は国家の存亡であり、国家の利益をどのように計算するかが重要だ、

  しかし近代的な代議制が生まれて、国家の主体が不完全になり、いびつな独裁者が生まれやすくなった、

  そうした独裁者は自分の不利益にならない形で、戦争による利益を得る事を重視しており、今の自民党はそういう連中の集まりである、


  この図式は、泥棒に近い構図を持っていて、何のリスクも追わないのに、無制限に利益を得られる異常な、権力構造を発生させている、

  王様にとって軍事力は自分の資産であるが、近代的な社会においては、軍事力は制度に過ぎず、それを悪用しても責任は問われない、


  そのいびつさを利用しようとしているのが、アベの基地外自民党であり、自衛隊員を殺すか、自衛隊員に人を殺させて金儲けに利用する、非常に残酷なビジネスである、

  この図式が一度回ってしまったら、下手をすればどこまでも進むことになり、日本は大量殺戮をするだけの、基地外国家になるかもしれない、


  アベみたいなアホを認めれば国はこうなるということで、安保法案が通れば日本の未来は暗くなり、まともな国家として認められることは、もう二度とないのかもしれません、



21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR