06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

前線で命を失う自衛隊員、憲法を否定する矛盾した考え、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日もなにか書いてみると、結局書くことは安保法案になってしまうのだが、この法案で問題になっていることとして、後方支援の問題がある、

  今までは個別自衛権の縛りで行動をしていたので、軍事行動をすることが実質的にできなかった、

  そのため、軍事行動ではなく後方支援だから問題ない、という形で自衛隊を戦場に送っていた、


  それが今回の安保法案で集団自衛権が可能になるため、直接的な支援行動に変わってくることになる、

  以前の後方支援は、戦場に行く船や飛行機に対する燃料の補給がメインだったが、これからは武器弾薬の支援が重視される、

  今までもアベのやつは影でこっそりやっていたらしいのだが、それを堂々と大規模でやろうとしているのが、今回の法案の趣旨である、


  今アベがやる予定の後方支援は、軍隊と一体化した軍事支援を考えており、

  他国の軍隊と共同で活動することを想定し、できるだけ前線に近い所で軍事活動をすることを目的にしている、


  実際自衛隊の予定ではそうなっているらしく、前線で他国の軍隊と共同で戦うような、そういう形での後方支援をするらしい、

  こうなってしまうともうすでに後方ではないはずだが、前線で補給をするのが自衛隊の仕事になるようだ、


  ここで問題になるのが、自衛隊は軍隊ではないので、国際的なルールにある軍隊に対する保証を受けることができない事だ、

  例えば軍人ならば捕虜の条件があり、その基準にあった取り扱いを受けることになる、


  しかし自衛隊は軍隊ではないので、捕虜の扱いを受ける権限がなく、ただの武器を持った犯罪者として処罰されるため、ほとんどは処刑される恐れが高い、

  まるで戦前の軍部だけど、アベがやろうとしているのは自衛隊を戦地に送り、降伏するくらいならば自害しろといっているに等しく、極めて残忍な面がある、


  アベの基地外っぷりの一つに、こういう点があって、こいつは自衛隊をアメリカなどの軍隊と一体化して、軍事行動させようとしているが、

  その自衛隊に対する保証については、一切対策を考えていないのだ、


  つまり前線で自衛隊員が捕まった時の対処はなく、全員見殺しにするのがアベの考えである、

  まあ考えというよりは、バカなので対策ができないだけなのだが、基地外に権力を与えるとこうなるという例だね、

  中国に先制攻撃と国会で明言した時も驚いたが、このアベのクズは相変わらず異常なことしかしないなと思う、


  だってアベがやろうとしている軍事支援は、アメリカなどの軍隊と一緒に前線で補給活動をすることで、当然そのリスクは非常に高くなる、

  で、そのリスクに対する対策はあるのかというと、全くないわけで、


  自衛隊員が捕虜として使った場合、現状では自衛隊員は違法なテロリストとしての立場しかなく、捕まれば外国の刑事裁判になるから、ほぼ間違いなく死刑だろう、

  だって、外国のテロリストが武器を持って乱暴狼藉をしただけなのだから、そんな連中全員処刑するだろうな、


  変な言い方になるが、今の安保法案というのは自衛隊員をテロリストにして、アメリカの支援として送り出す意味が強い、

  日本の自衛隊は軍隊としての論拠がなく、国際社会では軍隊として扱われないので、保障や保護のシステムがない、

  そのため、ただの犯罪者としてしか扱われないのに、それを最前線に送るというのだから、アベの基地外っぷりがよくわかる話だ、


  自衛隊員をわざわざテロリストのレベルまで落として、それでアメリカの支援に送るというのは、理解に苦しむプランだけど、ほんとアベの馬鹿はどうしようもないクズだな、


  このまま行くと、アベの基地外で送り出された自衛隊員は、無残な最期を迎えて、戦前の軍部と同じ末路を迎えるでしょう、


  次に、アベの基地外仲間がアホなことをいったらしいね、毎日いわれると私が書くの大変になるので、さっさと消えて欲しいところですけど、

  今回のアベのキチ友がいったのは、法的安定性は必要ではないという話か、


  法的安定性ね、それとこのアホは憲法に自衛権と書かれていないから、自衛権に制限はないといったらしいな、何だこのアホは、、

  理解に苦しむアベのキチ友がまた一匹出てきたようだが、なんというか汚い虫みたいのが、沢山湧いてくるね自民党は、よほど土壌が腐っているのだろう、


  それでまず、法的安定性の話から書いてみると、法的安定性というのは法律が定まっていないと、法律の意味がないというものだ、

  例えばとある法律があったとして、その法律をいくらでも書き換えることができれば、法律を守る意味がなくなる、

  日本ではそうなっている所はあるけど、本来、法律は厳格に守るべきで、法律を守る考えがなければ、法治国家体制は崩壊することになる、


  だってそうですよね、ある法律で処罰されるときに、特定の人は処罰されて、他の人は処罰されないならば、それは法律ではなく、私的制裁にすぎないわけです、

  日本の法制度にはそういうところがあるけれど、少なくとも憲法に関してそれをすることはできないだろう、

  もしするならば、アベとそのキチ友連中を全員処刑して、憲法を守るしかないだろうな、


  それが法律を守るということだから、憲法の場合刑事や民事とは違い、その影響が強くある、

  そのため憲法を勝手に書き換えた場合、被害は甚大なものになるわけだから、それを守らない相手には厳しい処罰が必要になる、

  
  厳しい処罰とは、処刑とかそういう方法が必要だということ、

  国によっては、そのアベのキチ友みたいなことをしたら、首をはねられることもあるレベルの話なのだが、日本人は平和に慣れすぎたのか、切迫感がないようだ、
 

  私も別に暴力を肯定するわけではないのだけど、例えば憲法の人権の項目を勝手に書き換えれば、国家権力は国民を殺しても良くなるわけだ、

  だとしたら、憲法を勝手に書き換えたことが原因で、多くの人が死ぬリスクを背負うわけで、それと引き換えにアベやその一派を処刑しても、それは間違った判断にはならない、


  アベのせいで死ぬ人間がいるならば、アベ処刑するのが公平な形になる、


  最も平和的やるならば、アベの行動をできないようにしてもいいけれど、こいつの行動で誰かがリスクを追うのならば、アベやその周囲にもリスクを追わせるのは当然のことであろう、


  別に私も暴力をしたいわけじゃない、だけどアベのやっていることや、その周囲がやっていることは、国民への暴力でしかなく、

  憲法の法的安定性を否定することは、国民に大きなリスクを追わせる危険な行為になる、


  感覚的には、変な操縦をし始めた飛行機のパイロットみたいなもので、そんなのがいたら殴って止めるのは正当防衛であろう、

  今の世の中や政治は、そういう所まできていて、こういう危ない人間も増えている、


  そういう問題があるのだが、話がずれたので戻すけど、もうひとつの話として、そのやつが言っていたことに、自衛権は憲法に書いていないのだから、制限がないとかいった話がある、


  さすがアベの仲間だ、知能のないカス人間のようだがね、自衛権の話は何度か書いているが、また書くのかな、

  自衛権は国連の規定、もしくは国際法の基準に書かれている、


  そして日本はその枠の中にいるので、自衛権についてはその基準沿った形で、影響をうけることになる、

  つまり、憲法に自衛権が書いていないのは当然で、外国の憲法にも書いていないことはあるだろうが、

  それでもそういう権利を持っているのは、憲法以上の概念が取り決めをしているからだ、


  そんなこともわからないから、アベとその周囲は馬鹿なのだけどね、

  そしてその間抜けがいっていることの矛盾に、じゃあなんで自衛権といっているのか、というのがあるだろう、


  自衛権と憲法に書いていないなら、集団自衛権も個別自衛権もこの世にないことになる、

  書いていないということは、無いということだから、つまり自衛権は日本には一切ないと考えるのが正しい、


  そのアベの仲間の間抜けがアホなのはこういう所で、憲法に自衛権が書いていないならば、それだけから考える場合自衛権という概念が日本にはないことになる、

  つまり個別も集団も自衛権を主張する事ができず、安保法案も不可能ということになる、


  この馬鹿がどうしようもないのは、自衛権と憲法に書いていないならば、自衛権は日本にはないということで、安保法案を成立できないと自分でいっていることだ、

  書いてないからいいんだじゃないくて、書いていないことは権利として持っていなわけで、憲法に書いていない自衛権は日本にはない、それが憲法解釈としては正しくなる、


  だったら集団自衛権は完全にないのだから、安保法案を出すこともできない、こんな下らないことしかいえないようじゃ、まるでアベじゃないか、


  全くアホというのは始末におえないものだが、憲法に書いていないから自衛権がないのではなく、自衛権は国際的な基準で決まっているだけだ、

  そして国際的な基準は憲法の上位にあるから、その影響で日本には個別自衛権はあるが、集団自衛権は存在しないことになっている、


  そういう前提があるのに、そのアベの友達はバカだから、知能のかけらのないアホだったので、憲法に書いていないから自衛権があるといっているけど、書いていないんだからあるわけ無いだろ、


  こいつ頭がおかしいだろ、例えばこいつの考え方だとどこかと契約をして、その権利書にに書いていない、利益を俺がもらえるといっているわけで、そりゃ頭がおかしいだけだ、

  憲法に書いていないから権利があるとか、ホントアベの周りはIQマイナスなんじゃないか、というくらい間抜けのアホが多い、


  しかし、こんな知能のかけらのない間抜けでも、投票する人間はいるわけで、日本の劣化も限界に来ていて、そろそろこの世の終わりが来そうな気分です、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR