01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

先制攻撃を目的にした安保法案、中国に自爆テロをするアベ、日中戦争を支援する国連、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日は書く予定ではなかったのだけど、まあ何か書いてみると、

  そういえばアベのアホが先制攻撃をすると言いだしているね、この基地外は国を滅ぼす気なのか、

  何とかに刃物のようなたぐいの話のようだが、先制攻撃ね、アベの基地外も来る所まで来たようだ、


  で、アベがいっていたのは民主党の批判を受けたもので、民主党がこの法案では先制攻撃を認めることになる、

  それはつまり日本が先制攻撃をすることになるのではと聞いたら、外務大臣が、そうです先制攻撃をしますと答えていた、

  まさか自分で言い出すとは思わなかったが、本音が出たということだろうな、


  以前から書いているけど、アベのアホが出している安保法案は、自国の防衛を目指したものではない、

  個別自衛権は自国の防衛を目指すものだが、集団自衛権は外国に侵略戦争をするための考えである、


  そして安保法案は集団自衛権を元に作られたものなので、基本的に自国の防衛を考えていない法である、

  この法案が目指しているのは外国への侵略戦争のみであり、当然それには先制攻撃も含まれている、


  先制攻撃については国連が禁止をしているが、実は常任理事国はその規制を無視しているところがある、

  例えばアメリカの軍事戦略では先制攻撃を認めているし、NATOの軍事戦略もそうなっている、

  両方とも国連の基準は場合によっては破っても良いと考えており、もしそれで批判を浴びた時は、常任理事国の拒否権を使って抑える計画があるのだろう、


  そして今回の安保法案は、アメリカに追随して戦争をする法案なので、アメリカと同じように先制攻撃を想定している、

  先制攻撃とは、相手が攻撃してこなくても戦争をすることで、アベの基地外によると、相手が攻撃をしてきそうだと日本側が考えただけで、軍事行動をするといっている、


  さっさとこのバカ始末したほうが良さそうだが、基地外のアベはひとまず置いておいて、

  この先制攻撃の問題はじつは大きく、外国に侵略戦争をすることが可能になるわけだから、一気に戦争が近づくことになる、


  例えば通常の戦闘行為ならば、相手が攻撃をしてこなければ戦争にはならない、

  しかしこの安保法案があると、特に理由がなくても外国を攻めれるようになるので、無制限に戦争ができてしまう、


  しかもそれをチェックするシステムがなく、抑制をする方法も存在しない、

  安保法案に対する判断に関しては、内閣や総理に一任をしており、議会は発言権を持っていないので、


  この法案が通った場合、アベの基地外が中国と戦争をし始めることは、いつでもできるようになる、

  ホントこいつ、電気の流れる椅子に座らせないとダメな感じがしてきたが、これ大丈夫なのかね、


  明らか日本が滅びる意味を持った法律にしか見えないのだが、アベの基地外はゴミグズ政治家というしかない、


  ともかく、この法案では先制攻撃が可能になり、その判断は総理が自分が思えば出来るようになっていて、それを抑制するシステムは一切ありません、

  だから以前いっていたように、統帥権に近い権限を持たせることになるので、この基地外が原因で多くの人が死ぬおそれがある、


  なんともまあ怖い話ではあるのだが、これでもアベマンセーとかいっている人がいるから、日本人には救いがないのだけど、

  先制攻撃が可能だと明言したことは大きく、中国あたりの核ミサイルは今頃、日本の東京が大阪に照準を合わせていることでしょう、


  次に、アベの基地外がやったことには別のものもあり、それは中国に対する批判をしたことだ、

  中国が悪いか批判をする、という話自体は別間違いではないが、この馬鹿がやったのはそういう意味ではない、


  このアホがやったのは、安保法案は中国との戦争のために作ったもので、中国との戦争のために必要だから作ったと説明をした、

  アベの馬鹿はどうしようもない人間のカスだが、ほんとコイツ馬鹿だよね、


  うーんと、バカの話を説明するのは面倒なのだが、まず安保法案には自国防衛の意味はなく、この法案は外国への侵略戦争を想定している、

  上でも書いたけど、この法案は先制攻撃を可能にしているものだから、先制攻撃をする防衛というのはないわけで、この法案の狙いはあくまで侵略戦争になる、


  そして、そういう侵略戦争のための法案を、中国を仮想敵にして作るというのは、何だこりゃってかんじだね、

  つまり中国に戦争をするために作ったのが安保法案であり、それが主たる狙いだとこのバカは国会でいってしまった、

  更に上で書いた先制攻撃についても説明をしたので、このまま行くと日本の東京は、中国の核ミサイルで消し炭になり、住んでいる人は皆殺しになるだろうな、


  そもそもいまのような核の時代に、通常兵器が役に立つわけがないし、侵略戦争をする機会があると考えている時点で、アベやその周囲の奴らは異常者というしかない、

  冷戦構造は終わったが、核兵器そのものは残っているわけで、それを中国が使う可能性を考えないとは、アベ自民はバカしかいないのだろう、


  この国も末期状態になりつあるようで、まさか国会で先制攻撃を中国にすると明言する、総理が出てくるとは思わなかったが、


  ともかく、今回のことから分かったのは、アベは中国への侵略戦争のためにこの法案を作り、その方法は先制攻撃だといっている、

  実際にやるかは分からないけど、そんなことを公の場でいうとは、こいつのバカっぷりも、完全に逝く所まで逝っているね、


  中国は大人の国だから変なことはしないと思うけど、もしこのまま日本人がアベマンセー、自民党バンザイと言い続けるならば、頭上に核ミサイルが降ってきて皆殺しにあったとしても、自業自得なので諦めるしかないでしょう、


  後はついでなので似たようなことを書いてみると、アベの妄想では中国と日本が戦争することになっているらしく、そのための法案をいま出している、

  じゃあ中国と戦争になった時にどうなるか書いてみると、まず日本側が全て悪いという話になる、


  なぜかといえば、日本は敗戦国なのでペナルティを受けており、実は日本に対する軍事行動は合法になっているからだ、

  国連のシステムは反ファシズムの形から生まれたもので、その目的は日本のようなファシズム国家を、抑圧する事を目的にしている、


  そのため国連の規定では、日本対する軍事行動は合法になっており、違法行為にはならない、

  例えるならば、テロリスト扱いをいまだに受けている状態で、まともな国家としては扱われていないため、この条件が適応されると、日本に対する軍事行動は無制限にできてしまう、


  最もそんなに簡単にできるわけではなく、条件もあるだろうけど、

  その条件が戦前の軍国主義への回帰であるわけだから、アベの基地外は戦前の軍国主義に戻そうとしているわけで、この国連の基準にそのまま当てはまってしまう、


  国連が日本を危険な国であり、場合によっては軍事力で潰しても良いと、明言してるのは、戦前のファシズム政治による問題を指摘しているからだ、

  そしてアベが目指しているのは、戦前のファシズム政治であるから、日本に対する軍事行動は、国連が容認することなるだろう、


  日本の軍事が、これからどのように狂うかによって変わってくるけど、アベのような基地外が中心にいる以上、かなり異常な形で拡大していく可能性が高い、

  もしそれが止まらなかった場合は、中国と米国による共同の軍事侵攻や、強力な兵器による、都市部の虐殺は考えたほうがいいだろう、


  そうするしか向こうには手がないわけだから、アベの基地外が中心にいる、日本のような危険な軍事独裁国家は潰すしかない、

  今のままなら日本はそうなるわけで、いずれ日本は袋叩きになって潰れるだろう、


  日本は国連から危険な国だと認定を受けており、それはたぶん今も変わっていない、

  そして日本がこのままファシズムに進み、中国と全面的に争った時は、国連は中国を全面的に支援をするだろう、なぜなら国連はそのためにあるシステムだからだ、


  国連とは反ファシズム制度であり、ファシズム国家であった日本と敵対している勢力であるから、戦争になったら日本に協力をする可能性はない、

  アメリカがどうなるかというのはあるけど、最終的にはアメリカも中国につくだろう、


  日本のファシズムがどの程度進むかによって、その結果は変わってくることになるが、

  最悪の場合は、東京の人間が皆殺しに会う、それぐらいのことが起きても不思議ではない、

  だって、数十年前に東京の人は皆殺しにあっているのだから、同じことをしようとしているアベ自民を認めれば、同じ結果が起こるのは当然である、


  それを変えれるかどうかなのだけど、アベ自民を支持している年寄りの意見が変わるとは思えないので、このまま行くと日本はひどい戦争に巻き込まれる恐れがあるでしょう、

  アベがいる限り日本の未来はない、ヤツを始末することが日本にとっては、重要だということです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR