03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日本政府の死

    どうもこんにちは


  政治に話は暗くなるのであまり好きではないのですが、たまには書こうかと、それで日本政府の死ですね、わたしが最近考えることは、大体このあたりの話です、例えば財政破綻するとか、他だと政府のやっていることが、成り立たなくなってくるのではないかなとか、例えば、年金にしても、このままだと将来は多分なくなる感じがするんですね、今は少子高齢化社会ですから、極端に言えば、もらう人より払う人のほうが少なくなるわけで、そんな制度が成り立つわけがないですよね、小泉改革とはいうけど、その改革の殆どは失敗していて意味がないし、このまま行くと、たぶん、日本政府は制度的にも破綻してしまうのではないかなと、思うんですよ。

  ただそういうことを考えていって、1ついいなと思ったのは、これで戦後という時代は完全になくなるんだな、という感じはしますね、縦社会とか、そういう硬直したものはけっこう無くなるんではないかなと思っています、ですから、部分的には良くなって、部分的には悪くなるような、そんな時代がくるのかなあ、と、想像したりしてますが。


  しかしこのまま行くと、定年退職した方や、病気の方は大変でしょうね、消費税も上がるし、公的補助もあるかどうか分からないわけですから、結局小泉という人物が首相になった時点で、日本政府は終わっていたのかもしれません、今は戦後という時代が終わり、新しい時代がはじまるところで、日本政府の構造も大幅に変えねばならなかったんだけど、それを全部止めちゃったから、この人は、改革、改革とはいうけど、一番の改革は、この人が首相にならないことだったというのが、ある種の皮肉といえば皮肉ですね、一番改革といっている人が、一番改革を阻害している。

  この人がいなければ、今ごろ民主党政権で、財政再建も進んでで、日本政府の将来もあっただろうに、そこがどうも残念でならないですね、どうにかならなかったのかなあと、思うことが多いです。




//


これも昔の話ですね、しかし的確に未来を突いている、確かにこの通りになりましたね、やっぱりあの小泉のやろうがすべての諸悪の根源、あいつが出た時点で日本は終わっていたということなのでしょう、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR