01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

メッキの剥がれたアベ経済、世論調査から見た政治の変化、シールズのデモについて、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は暑いですね、といいつつこれを書いているのは少し前なので、ブリザードが吹き荒れていても、私には感知できないのですが、


  さすがにそんなことはないだろうけど、ともかく何か書いてみると、以前も書いたけどアベの支持率が下がってきているね、マスコミは正直胡散臭いが、そういう傾向はあるようだ、


  安保問題でアベは批判を浴びているが、どうやら経済政策の批判も強くあるらしい、

  世論調査だと、アベの経済政策を信用出来ない、という声が強くなり、それが支持率低下の原因になったようだ、


  アベといえばインフレ政策をして、金融資産の高騰と物価の上昇を生み出したが、金融資産なんて持っている人は少ないから、大半の人にとっては損失でしかなかった、

  それがに二年もたってバレてきたということだろうか、株価が上がっても何年も給料が上がらなければ、不審に思うのは当然だろう、


  それともうひとつ可能性があるのは、株価上昇の旨味が小さくなったというのもあるかもしれない、

  以前は一万円以下の株価だったわけだから、それが二万円以上になれば大きな利益になる、


  しかし最近それほど高くはならないし、その分利益も小さくなっているのだろう、

  日本で株をやっていた人は、リーマンショックなどで株価が暴落し、その株を塩漬けにしていた人が多いように思う、

  その解消ができたという点で、アベみたいなやつ支持した人もいるのだろうけど、その流れが一巡して効果が薄なってきたのだろうな、


  アベの基地外がやった経済政策は、振興券の政策とよく似ていて、むかし故郷の振興みたいなことで、金を配ったり商品券を配布していたが、基本的にはそれと同じことをしている、


  アベや自民党の基地外は、基本的に国民をだますことしかしないので、景気が良くなったと思わせて、選挙に有利になればどうでもいいと考えている、

  つまり、実際の経済が崩壊しても、権力を握ることができれば、それで問題無いと考えるのが、こいつらの基本的な思想である、


  アベ自民は金と権力以外には興味のない、ゴミを漁る虫の集まりみたいなものなので、知能はありませんから、経済をどうするかなどの複雑なことは理解できない

  連中ができるの金のバラマキで、そうやってばら撒いた金で人をどうだますか、ということしか連中にはできない、

  そんな連中がずっと政権にいたので、国の借金が天文学的になったわけですが、


  ともかく、マスコミの世論調査は政府広報にすぎないので、それほど意味があるわけではない、

  しかしその調査で、アベン経済政策が最悪だという声が強くなっているのは、面白い傾向だといえる、

  いままではアベの経済政策というペテンで騙していたのに、それが効果が無いのだから、奴も末期状態というところか、


  インフレ政策をすれば、物価が上がる以上国民の生活は困窮する、

  株価の上昇でばら撒いた金で、国民を騙しているうちに独裁にしようと、アベ自民は考えていたようだが、生活の困窮が表面化するほうが早かったようだ、


  このまま行けば経済的な問題が表面化して、アベの経済失態の話が出てくるかもしれない、

  客観的に見ればアベのやっていることに意味は無いし、経済政策も全て間違いだといえる、

  株価を上げるために物価を上げるようでは、まともな経済になるわけがないからね、


  そういう流れが出ているようだけど、アベのインフレは失敗という結論が、そろそろ表面化するのかもしれません、


  次に、同じ世論調査の話になるけど、公明党の支持が下がってきているようだ、公明党は宗教団体だから、下がらないと思っていたのだけど、

  公明党のような中規模の組織は、あまり支持率では高く出ない傾向がある、


  そもそも世論調査というのは癖があり、偏った形で出るのが普通だから、客観性はない、

  そういう条件を考えたとしても、公明党の下がり方は大きかったらしい、


  公明党は宗教団体の指示で動いているから、支持者の考えは変わらないと思っていたが、

  多分、公明とが協力している人達が、批判的になって離脱をし始めているのだろう、


  公明党の選挙戦略は宗教団体が行動する意味もあるけど、そういう宗教の関係者が、知り合いなどに電話をかけて投票の依頼をする所が大きい、

  そういう知り合いを使った選挙をしていたので、今までは勝てていたが、その知り合いが手を切ったという感じなのだろうか、


  公明党の宗教団体は、組織としてそれほど大きいわけではなく、単独で選挙に勝てる力はない、

  そのため知り合いに投票を頼んで影響力を拡大していたのだが、その知り合いに当たるところの人が批判をし始めた、ということかな、


  その結果公明党の支持は大きく落ち、共産党の半分程度になった、

  安保法案の問題はこれからどんどん大きくなるし、いずれ戦争になれば自衛隊員の戦死者も増えてくるだろう、


  アベの基地外はそれを利用して、金儲けをする予定らしいけど、公明党がそれに参加していくとなれば、党そのものが崩壊するそれがあるな

  その辺りの警告みたいな意味があるのだろうけど、現状では公明党はそれに答えることができませんから、このまま戦争が始まれば、公明党はこの世から消されるでしょう、


  後は、今日はついでなのでまた世論調査について書いてみると、

  今回の調査では不思議なことに、社民党の支持が結構伸びていた、

  その代わり維新の党と公明党が落ち、自民党も大幅に下落をしていた、

  民主党は少し増えて、共産党は倍増していた


  この結果から見るとやはり、安保法案に反対していたかどうか、という点が重視されていたように見える、

  社民党は安保法案に反対だし、民主党は反対ではある、共産党は強く反対をしている、

  それに対して維新の党は、同調する姿勢を見せている、公明党と自民党は100%賛成である、


  この傾向が強くなってくると、共産党の支持が第二勢力まで拡大し、民主党と肩を並べるほどになるかもしれない、

  そして維新の党は態度をはっきりさせなかった場合、安保法案が原因でこの世から消えるおそれがある、


  公明党と自民党は、支持がごっそり減っているので、安保法案の問題が長期的に、影響を与えるだろう、

  自民党は確かに支持が高いが、基本的に世論調査では、与党の政党は20%ほど数値が上がるので、自民党の支持が25%を割り始めると、かなり危険になるといえる、


  今は野党の選挙協力が不十分だからいいけど、25%ということは得票が5%くらいになり、公明党が3%だとすると10%以下の得票しかできなくなる、

  自民党の得票は、いつもは大体15%くらいなので、それが10%を割ってしまうと大きな問題になる、

  10%以下になった場合は、第三勢力にカテゴリーされてしまい、共産党と民主党の候補者の争いを、眺めるだけになってしまう、


  自民党の得票というのは、実はあまり多くはなくて1~2割程度ですから、

  それも公明党と合わせてその程度なので、公明党も自民党もダメになると、大幅に得票が減る結果になる、


  この環境がずっと続くかどうかは分からないけど、安保法案は最終的に戦争を目指すものですから、法案が通ったあとどんどん悪化していくものなので、自民党が有利になるのは難しいだろう、

  戦争のリスクが迫ってきたら、自民党や公明党の支持者も考えを変えるだろう、評価もしなくなるだろうから、だんだんを自民党は不利になる気はします、


  それ以外では、ではデモについて書いてみますか、

  デモには私も参加したことがあるけど、正直なところ30分から一時間ほどしか関わっていません、

  帰る時間を考えると長期間いるのは難しいので、どうしてもそうなるのですが、まわりを見た感じだと、多くの人が似たような風にしていました、


  このように、シールズのやっているデモは動員はないので、個人で集まって行動していることが多いです、

  そのため数十分くらいしか参加していない人が多く、ずっといる人はそんなに多くない感じでした、


  ネットだとシールズのデモは、動員によるものだといわれていて、実際に見たことがない人だと、そう思うかもしれないとは感じました、

  今までのデモって、やはり左翼の動員というのが大きかったし、以前の原発事故対策のデモも、結局左翼勢力の支配みたいな形になって、グダグダしてダメになってしまった、


  イデオロギーを軸にしたデモというのは、安定はするのだけど、人を集める魅力はなく、規模が小さくなりやすい、

  そして権力者は、そういうイメージを植え付けようとするので、少人数の動員によるデモだと、シールズのデモの説明をしようとしているが、実際はぜんぜん違う、


  シールズのデモでは、一般の参加者が主流で、動員された人は殆どおらず、参加をしたのは一般人がほとんどだった、

  そうじゃなかったら私も参加をしなかっただろうし、そういう人がいないというのは、私が見たのでわかっています、


  ネットにはネット右翼みたいのがいて、意味不明なことばかりをいっているけど、

  シールズのデモに関しては動員もなく、左翼でもなく、一般人が集まったものだった、

  そういう人でも集まるくらい、アベに対する批判が強かった、ということなんだと思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR