01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ支持率暴落と、アベ国立競技場のペテン、デモを変えたシールズの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は台風がよく来ますね、昔から台風は多かったような気がするけど、この頃は軌道が変ですね、

  昔のサッカーのアニメに出できたような、変化球のようにぐにゃっと曲がって日本へきます、


  それはともかく何か起きているかな、ふむ、そうだね聞いた所ではアベの支持率が下がったときくね、

  マスコミを買収して適当に捏造していた、アベの支持率が下がるとはかなり大きな問題だな、


  アベのアホはそうならないように、国立競技場の見直しをするといったが、国民はそれを無視したようだな、

  まあ戦争をして国民を殺す法案を出しているのだから、そんなものを出した時点で評価はされないだろう、


  まだよくわからないが10%ほど落ちているらしく、10%落ちるということは不支持も10%上がることになるので、かなり極端になるね、

  支持率という調査では、中間的な所が存在せず、興味がないという選択肢が存在しない、


  本来であれば政治に興味を持つ人は少ないし、世論調査をすれば多くの人は、興味がないと答えるだろう、

  そして興味がないというのは、政治家へのプレッシャーになるので、そういう形ならばある程度バランスがとれているが、


  政党の支持率では、支持政党無しという項目があるけど、内閣の場合はそれがないわけで、支持か不支持かの2つしか存在しない、

  実際安倍に対する支持をしていた人も、その殆どは他に代わりがないからというだけで、積極的な支持者はゼロに近いところがあった、

  そういう意味でいえば、アベへの支持というのは制度の問題が生んでいた、ただ錯覚なのだけど、そのメッキが剥がれたということか、

  
  これから問題になるのは、アベに打開策があるかということだろう、

  この支持率の低下は安保法案に対する批判が強く、強行採決をしたことが原因になっている、

  となると、支持率を回復させるためには、安保法案を廃止にするか、強行採決を誤ってやめるか、そういう方法しかない、


  いままで支持率はあまり変動してこなかったから、国民が否定をしたのは安保法案だけと見ていいので、この法律を変えない限り支持は回復しないだろう、

  実際、アベのやつは国立競技場の問題を対策するといったが、それに反応する声はなかった、


  奴としてはそれで改善と思ったのだろうが、あまり効果がなかったね、

  多分、その建設を決めた自民党の森が、あちこちでよけいな発言をしたのが、足を引っ張ったのだろう、


  この問題がどうなるかだが、アベは板挟みになる可能性が高いといえる、

  なぜかといえば、国民は安保法案を完全否定していて、その問題を重視し始めているからだ、


  しかしアベはアメリカと契約をして、安保法案を通して自衛隊員の命をアメリカに売る取り引きをしているから、今更契約違反をすることはできないだろう、

  そうなればアベは恐怖心から、強引に安保法案の話を進めることになる、

  そして進めれば進めるほど、支持率が下がってくるわけで、袋小路に入りつつあるようだ、


  今までも政治と金の問題はあったが、今回の安保法案はそれ以上にショックがあり、国民の多くが驚いた結果だったのだろう、

  特に憲法を無視して、無制限に軍事行動ができる点は、直接的なリスクがあるので、一般市民にとっても脅威を感じたといえる、


  そういう感情と、アベのアメ犬根性が合わさってくると、このアメリカの下僕は押しつぶされて、「ミンチよりひでぇや」的な状況に、追い込まれそうな気がします、

 
  次に、支持率が下がるのを防ぐために、アベのアホが出した話として、国際競技場の問題がある、

  この国際競技場の設計を認めたのはアベであり、何も考えずに予算を膨張させたのも、アベが全て悪い、

  こいつはチンケなペテン師なので、そんな事実を認める可能性はないが、今までの過程を見る限り、アベが諸悪の根源なのははっきりしている、


  そして、今回の件でアベは一ヶ月前から見直しをしており、白紙の状態に戻してやり直すといっているが、実はそういう計画はないらしい、

  まず一月前から見なおしていた、という事実は存在せず、アベの頭のなかの妄想のようだ、

  実際役所に聞くと、一切の連絡はきておらず、このプランをどう修正するかの指示は、未だに来ていないらしい、


  つまり、一月前から見直しをしていた、というのはアベ基地外の妄想であり、そんなことは全くしていない、

  さらに、こういう発言をするならば、すでに役所に相談はしているように見えるが、役所にもそうしう情報は来ていないようだ、


  そもそも見直しをするという話は、役所には全く届いておらず、アベが思いつきで適当な事をいっているだけらしい、

  あんなバカみたいな建物を設計するくらいだから、その修正も馬鹿なのでできないのだろう、


  多分だがアベは修正をするといっているけど、何もする能力はないので、さらなる悪化が起こると見ていいでしょう、


  後は、デモ活動について書いてみると、以前も書いたけど、私はシールズというのデモに参加したことがあります、

  私は右翼でも左翼でもないし、政治思想を信じる気も一切ないのだけど、今は多分そういう人が社会では主流だと思う、


  このシールズがうまく行ったのは、そういう需要を満たす条件を持っていたからで、今の時代にあった政治活動をしていたからだろう、

  政治論というと右翼や左翼があり、政治にも思想があるべきだという考えが強い、


  しかし海外の例を見てみると、右翼や左翼によるデモというものは殆ど無いし、政治思想によるデモというものも聞いたことがない、

  一般的に特定の法案へのデモ、もしくは政治家へのデモをするのが普通で、対象を絞ってデモをする事が多い、


  そう考えると右翼だ左翼だ、政治思想だといってデモをしていたのは、明らかに間違った判断をしており、そういう考えて活動していた人が、日本のデモ文化の阻害要因になっていたのだろう、


  私がシールズのデモに行った時は、特定の団体の人は殆どおらず、多くは一般の人だった、

  子供連れが多いのが特徴で、若い女性も多くいた、

  そういう人は今までのデモだったら、参加していなかっただろうし、その隙間を埋めた功績はあると思う、


  そしてデモには需要もあり、今の状況では政治活動はデモで行うしかない、

  なぜなら選挙は長い間起こることがなく、選挙があっても低投票率の、組織票になれば、民意を表す機会がないからだ、


  アベの基地外はそういう状況で、フリーハンドで政治が行えると考えたのだが、

  そういう状況に国民を追い込んだことが結果的に、デモ対抗するしかないという考えを、国民に持たせることになった、


  現状で政治的変化を起こせるのはデモだけであり、それ以外の方法は役に立たないだろう、

  アベの基地外や自民党は昔から政治活動をしているので、どのようなリスクが存在するのかを知っており、その対策を考えて行動している、

  しかし、デモを使って対抗することについては、今までの経験がないので、うまく対応ができないようだ、


  以前はデモというと、左翼とか右翼で、その政治思想が危険ならば、法的な措置で圧力を加える事ができた、 

  それがシールズみたいに、一般の人が主流のデモを行われると、圧力を加える方法がないことになる、

  そういう意味でいえば、今までデモ活動の主流にいた人は、ずっと間違ったことをして、政治的問題を生んでいたことになるけど、


  ともかく、今の状況では選挙もなく、政治的にも致命的であり、マスコミは政府に買収をされているので、

  国民が唯一できる民主主義的活動は、デモを使ったものしかなくなる、


  多分だが今支持率が下がっているのも、デモによる批判が強くあったことが原因で、その影響で批判が強くなったのだと思う、

  日本人にとってデモは遠い存在だし、関わると色々面倒がと思う人も多いが、

  そうでない形のデモも存在するので、デモを上手く使うことができれば、大きな政治的変化を起こすことができるだろう、


  そもそも民主主義とは選挙だけではなく、デモなどの活動も民主主義である、

  今までの日本は、そういうデモの方法論を持っていなかったので、選挙で歪みが出ると、そのまま狂った国になっていた、

  しかしシールズが出て、その流れが変わりつつあるようで、デモを使った民主主義という文化ができれば、政治家が問題を起こしても対処をすることができる、


  今の状況では、国民は座して死を待つだけなので、アベのバカのせいで死にたくなければ、

  デモのシステムを使うか工夫して、選挙ではない民主主義の方法による、変化を起こすしかないと思っています、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR