01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安保法案の長い戦い、能なしアベの国際競技場、上り坂の時代と下り坂の時代と小沢氏の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は暑いですね、それに台風も来る、、うむ、なんだか以前も書いた覚えがある書き出しですが、

  最近は梅雨というよりは、暑さと台風が交互に来るようですね、物騒なものですけど、


  それはともかくなにか起きているかな、アベの基地外が強行採決をしたね、小心者のカス人間だから、基地外じみたことをしてしまったようだな、

  能なしのバカなので、こんなことしかできないのだろうけど、小沢氏がいっていた強行採決がないというのは、残念ながらないようだな、


  さてこれからだが、実はここからが長くて、60日ほどひどく面倒な闘いが続くことになる、

  アベの基地外が原因なのだけど、この基地外のカスはしょうもないな本当に、


  まず強行採決をした後は、参議院に送られるが、参議院では自民党はそれほど有利ではない、

  多分採決をするのは難しいだろうな、民主党当あたりも参議院では議席が多いから、簡単に勝てるものではない、

  そうなれば熾烈な闘いになるだろう、60日ルールを利用するとしても、それはそれでまた批判を浴びることになるから、自民党にとっては不利だろうな、


  いまから60日だから、9月の中頃にもう一度衆議院で強行採決をすることになるが、その時に強行採決をする体力が自民党に残っているかどうかは、ちょっと怪しい感じがする、

  ただ放っておけばどんどん悪化するだけなので、国民もデモ活動などをして、相手の動きをとめていくことが重要になるだろう、
 

  上の方でリンクを張っているけど、シールズという団体が国会前で活動をしていて、私も一度デモに参加しました、

  といっても短い時間だったが、以前は左翼系の団体だったりして、近づきづらいところがあったが、この団体ならば参加はしやすいと思う、


  だから自分が行くのが大変だと思っている人もで、数十分くらいでいいので、シールズのデモに参加してみるといいです、

  ただちょっと歩いて終わるだけだったので、難しいところはないのでやってみるべきでしょう、

  水の補給とか暑さ対策は必要ですが、ネットで調べれば色々情報はあるので、そういうのを参考にしてやれば難しくはないです、


  今の状況で政治を変えるのは、政治家にはほぼ不可能になっていますし、テレビや新聞は政府に買収されているので、ほとんど意味が無い、

  強行採決だって報道したテレビなかったわけで、NHKは批判が強いから報道したけど、批判をしなかったら報道しなかったわけだから、権力の犬であることははっきりしている、


  そういう組織が社会を良くする可能性はなく、大した意味もないと思うので、

  結局のところ国民がデモをしない限り、日本の戦争への道は止まらないでしょう、

  それが唯一の選択肢というのが現状の日本で、この国がおかしい問考えるならば、行動をするしかないのでしょう、


  次に、基地外のアベが国立競技場の案を、変えるべきだといい出している、

  安保法案の批判が来ると考えて、それを避けるためにやっているのだろうけど、下らないカス人間だね、


  人間のクズというのはアベみたいなヤツのことをいうのだろうけど、アベがやろうとしているのは、国立競技場の案を作りなおすということか、

  あれ?、国立競技場の案を直せないといったのは、アベのアホじゃなかったか、最近そんな文章を書いた覚えがあるけど、


  アベは基地外の間抜けだから、なんだかよく分からないが、国立競技場のプランを見直すといっているけど、できないといっていたアベの発言はすぐに消えたわけか、何言っているのだろうな、このバカは、


  それで新しい案を出していたのだが、その案では予算と500億程度削るといっているけど、どうやって削るのだろうな、

  この国立競技場の最大の問題は屋根の部分の構造で、その部分に予算の半分くらいがかかっているといわれる、


  予算の半分屋根に使うというのならば、稼働する特殊なものじゃないかと思うけど、実は構造が複雑なので費用がかかっているらしい、

  この競技場では、屋根の部分に大きなアーチが2つあり、それ一つに数百億の金がかかる、

  それが2つだから1000億以上の負担になるのだが、500億削るということは屋根じゃないということか、


  この2500億の案を出したのはアベのやつで、アベの周囲のやつが阿吽の呼吸で、コストを度外視して設計を頼み、それが負担になったらしい、

  数千億近い負担を、ろくに計画も立てずに阿吽の呼吸で決めるとか、アベの周りもやっぱり基地外、ということが証明されたわけだが、


  それでこの奇妙な構造を作った設計者は、そのアーチをなくすことを否定していて、絶対にやりたくないといっている、

  またアベのやつも、現状の計画を変える気はないといっている、


  多分だがアベの基地外のことだから、どこに仕事を頼むか決めてしまって、バックマージンをすでにもらっているのだろう、金をもらっているからプランを変えられないとか、そういう理由があるのだろうね、
 

  ともかく、アベヤツが国立競技場の設計を見直すといっているが、実際にはほとんど意味が無いらしい、

  そもそもいまいわれている2500億も、最低限の予算なので、3000億は軽く超える可能性が高いのが実態だ、


  2500億というのは、建物を作る部分の予算だけで、装飾とか部屋の内装の費用は含めていないので、この程度にすむ可能性はない、
  
  だから2500億を2000億に下げるという話は、見た目下がったように見せるだけで、実態はほぼ変わらないアベのペテンだと見ていいでしょう、


  後は、じゃあついでなので、小沢氏のことについて書いてみましょうか、前から書こうと思っていたので、

  なんとなくだけど、支持をしている人も感じているように、小沢氏には何かズレのような所がある、

  小沢氏が悪いわけじゃなくて、やっていることが的外れになりつつあるが、それはこういう理由じゃないかと思っています、


  これは戦後の世代の人にもいえるのだけど、むかしは上り坂の時代で、頑張って高いところに行くことを目指す時代った、

  高度経済成長とか、そういう伸ばしていくことを重視する世の中だった、


  しかしそういうシステムは1990年をピークに崩壊し、そのような形にすることは不可能になった、

  それを表現するならば、下り坂の時代が始まったといえ、90年以降の時代は下り坂の時代だといっていい、


  それで小沢さんが考えているのは、上り坂の理論で、社会が良くならないと、日本はだめになるという考えが強い、

  小選挙区制も、二大政党制も、政治のレベルを上げて、日本を上昇させようという考えで作られている、

  その発送は上り坂の考えで、下り坂の考えではない、
 

  そして小沢さんの考えは1980年ころまでは成り立ったし、小沢氏を支持している人は、だいたいそういう時代に若かった人が多い、

  1980年だから、いまから25年前になるし、その頃30歳前後の人は、小沢さんの政治に共鳴し、

  さらに上り坂の時代の人達だから、世界観が一致している所がある、だからそれを宗教のように信じてしまう所がある、
  

  最近のアベの基地外の強行採決でも、小沢氏の読みは外れていた、

  小沢氏は強行採決はないと考えていた、それはより良くするのが政治と考えているから、わざと世の中を悪化させる人間がいるとは思っていなかったからだ、


  時代というのは中国の歴史を学ぶと分かるのだけど、性善説が成立する時代と、性悪説が成立する時代が、交互に現れるところがある、

  性善説は儒教のような考えで、性悪説は老荘の思想がそれに近いところがある、


  有名なところだと、漢の時代は性善説的な思想が主流だったが、三国志の時代に入ると、性悪説的な考えが社会的に大きくなった、

  それは別に悪いわけではなく、歴史にはそういう波があって、それに合わせることが大事だということなのだけど、


  そういう傾向と小沢氏の存在が、だんだんバッティングしはじめていて、それが色々な問題を生んでいるように思う、

  小選挙区制も日本の政治を悪化させているし、2大政党制を重視する考えも、今の時代では問題を生みやすい、


  性善説が成り立つ時代ならば、こういう発想も悪くはないのだけど、いまのような下り坂の時代では、性悪説で物を考えないといけず、性善説的な理論は害を生むことが多い、


  だからなぜ小沢氏の影響力が落ちたのかというと、そういう時代との反発があるように思う、

  そして、それを支持している人は、なぜそうなるのか分からなくなっているのだろう、


  ただもちろん小沢氏の才能は大したものであり、その能力は社会の大きな影響を与えるだろう、

  しかしその力を使うためには、時代が上り坂になるか、もしくは限定的な形で行動をするしかなくなる、


  私が考えているのは、日本は完全に下り坂の時代に入ったので、多分だけど小沢さんが単純自分の力をつかう機会はないと思う、

  そうではなく、下り坂の時代にあった人がある程度まで形を作って、それをサポートするような、立場がいいのではないかと感じている、


  昔の軍師みたいなポジションで、主体的にものよりは、アドバイスをするような形がいいと思う、

  いまの世の中は活力がなくなりつつある、そういう所では小沢さんの考えるような、活動的なプランに国民は納得しないだろう、

  最近の低投票率も、ある意味においては活性のない社会の表れであるし、それを変えるのはかなり難しいと思う、


  だからそれに合わせて、社会や政治のプランを変えていき、それをベースにした上で、小沢さんには活動をしてもらったほうが、全体としては大きくうまくいくのではと考えています、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR