03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

維新による安保法案の危機、政治を変えるデモの可能性、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日は書く予定はなかったのですが、なんだか厄介なことが起きつつあるので書いてみると、

  どうやらアベのやつが強行採決をするといっている、アベは法律を守らない基地外政治家だが、まあ気が狂っているのだからそうなるだろう、


  しかしまあ、明日と明後日の分を書いて、予約を入れておいたのに、これでは変なことになりそうだけど、

  そういう意味でも、アベは始末すべきゴミであることは確定していますが、


  ともかく、今起きているのは維新の党が寝返り、自民党に擦り寄っているらしい、

  維新の党は大阪のコスプレ市長が作った組織だが、この団体は実は右翼団体であり、自民党を補完するために作られた所である、


  よく維新というと改革のためといっているが、実は本当は右翼活動をするために作った所が、改革だといていただけで、本来は右翼的な活動、わかりやすくいえば戦前の軍国主義に戻すことを、維新の党は目指している、

  ただしそれはコスプレ市長や、大阪方面の人間考え方で、それ以外の地域の党員は単純に革命的、もしくは政治改革を考えている人が多い、


  そして今回の維新の擦り寄りは、大阪系の右翼政治家が起こしたものらしく、何故か急に与党と審議をすることになった、

  今日は国会で審議をする日ではないので、本来ならば審議をする必要性はない、

  だから安保法案に関しても、明日と明後日が重要だといわれていたので、私もそれに合わせて書いたのだけど、何故か今日になって話が起きたわけだ、

  
  維新の党には自民党と関係の深い、極右の異常者グループがあり、そういう連中がどうやら無理やり、今回の審議の申請をしたらしい、

  党内での議論は全く行われなかったようで、誰かが強引に話を進めたようだが、これでは統制が取れていないといわれても、しかたがあるまい、


  ただし現実的には殆意味は無いらしく、維新の党が出している案は自民党が受け入れられるものではなく、自民党側は拒否をしている、

  そもそも自民党は憲法を無視して法案を作っているのだから、一般的な法案を出した場合、整合性をとることはできない、


  アベの基地外が出している法案は、ほとんどが憲法違反か、何らかの犯罪行為のようなものなので、

  野党側が擦り寄って何らかの法案を出しても、調節をするのは不可能である、
 
  しかも明日強行採決といっているわけで、議論をしている時間はないだろう、


  自民党側は、自民党の憲法違反の法案を、丸呑みしてくれといっている、

  もしくはそれに近い法案を出して、審議をしたいと考えている、

  ただ野党が憲法違反の法案を出すのは無理だし、丸飲みはまずムリだろう、


  もしくは審議をしてもらうだけもいいのかもしれないが、今回は強行採決と60日ルールを使うわけで、実質民主主義を否定するやり方ですから、それを容認するのは野党としては無理がある、

  となるとかなり難しいとは思うのだが、どうなるかはちょっとわからないです、


  次に、安保法案の流れについて書いてみると、明日委員会で採決をして、明後日強行採決になるといっている、

  ただし、大規模デモが行われる恐れが高く、それを考えると単純には行かないかもしれない、

  本来であれば今週は委員会の強行採決で、来週以降衆議院の採決になると聞いていたのだが、支持率が下がってきたので早めに手をうとうとしたのだろう、


  マスコミの支持率はインチキではあるが、それでも不支持が増えているのは大きく、自民党への批判が強くなっている面はある、

  特に最近の不支持の伸びは大きく、明確に批判をする声が社会で強くなっているのは、大きなことだろう、

  もともとアベへの支持は積極なものではなく、消極的なものしかなかったから、明確な批判が強まれば、ガタガタになる恐れはあるだろう、


  アベの周囲の奴らは、早めに強行採決をすれば、国民は忘れるから、そういした方がいいと発言をしている、

  しかしこれから9月の末まで、安保法案の審議は続くわけだから、強行採決の問題はあと、二ヶ月ほどずっと批判を浴びることになる、

  だとしたら忘れる可能性はないと考えるべきだが、やはり自民党はアホが多い、


  最近の答弁を見ていても、まともな答弁をすることは不可能になっており、意味不明な応答しか、自民党はできていない、

  例えば隣の家が火事になったら、助けるのは当然だから日本には集団自衛権がある、そして安保法案には価値があると、アベとかがいっている、


  しかし、隣の家で家事が起きたことと、戦争とは意味が違うわけで、火事という考えは自然災害のような意味だから、今までもそういう形では自衛隊を派遣できたが、

  隣の家で殺し合いをしているのに、あなたは参加しますか、というのが今回の安保法案なのだから、正直にいえばできれば参加しない方がいいものだろうし、それを自然災害のようにいうのは、説明になっていない、


  アベの基地外連中は、最近はこういう喩え話しか、説明をする方法がなく、

  アベの手下の専門家も、バラがどうだとか、そんな妙な説明をしていたが、アベの周囲の法律家でも、もはや法的に説明することが不可能になり、変な話をいうしかなくなっている、


  いま自民党の連中が強行採決に走っているのは、説明がほぼ不可能になったことがはっきりしたからで、説明できないから強行採決をしようとしている、

  ある意味説明をしないための強行採決であり、難しい問題ととく知能のない、馬鹿の自民党アベが問題を投げ出したのが、今回の強行採決への流れだろう、


  これがどうなるかだけど、多分だがマスコミは役に立たないと思う、

  今回の件について、世論調査の結果が大きいという人がいるが、

  マスコミの世論調査と、実際の選挙結果と比べると開きが大きくなっており、実際の世論とは関係ないと見ていいだろう、


  それを逆に考えてみると、マスコミのポジションとして、有利になるように操作をする道具として使われるだけだろうから、

  国民にとって利益になるかどうかは、半々くらいであまり価値はないと思うべきだ、


  いまだにマスコミに価値があり、世論調査がどうだという人はいるけど、あんなものは簡単に詐欺ができるのだから、それで世論を組み立てるのはリスクが高い、

  重要な事はマスコミはまず役に立たないのだから、それなしでも勝負ができないといけないわけで、そういう形で行動をすることが重要になるだろう、


  そうなった場合は、後はデモしか手がないのだけど、大規模デモが行われれば方向性は変わるかもしれない、

  最近は若い人のデモが増えており、そういうデモをマスコミがよく報道をしている、


  以前はデモをメディアは報道しなかったが、メディアにとって若い人は重要なので、若い人が出るようになってから急に報道するようになった、

  NHKまで報道していたのは驚いたが、メディアにとって若い人は貴重だから、大事にしたいのだろう、


  ちょっと話はずれるのだけど、今のメディアは年をとった人だけが見るもので、若い人が見るものではなくなりつつある、

  メディを見ている人の中心は、60代と70代以上で、それ以下の世代は見ていない人が多い、

  50代からテレビや新聞には興味を持たなくなっているので、今となっては既存のメディアに興味を持っているのは、お年寄りだけになっている、


  そういうビジネス的な問題があるので、テレビや新聞としても若い人の取り込みは、死活問題になっている、

  だって60~70歳の人ということは、後十年もすればあまり元気ではなくなるし、そうなったらテレビや新聞を見なくなるわけですから、テレビや新聞の寿命は、後数年か十年程度しかないことになる、

  そういう恐怖心が向こうにはあるので、若い人のデモというのはメディアにとっては重要で、そのビジネスチャンスを期待しているのだと思う、


  だから今デモが起きていて、それを報道するメディアがあり、若い人が中心になった集まりも起きている、

  この結果一応ピースは揃いつつあり、うまく行けは可能性そのものはある、


  なぜならメディアはインチキだけど、ビジネスを重視するので、若い人が動いたら、メディアも動かないといけない、

  今までは数万人が動いいても、ほとんど報道することがなかったNHkですら、数百人の若い人のデモを報道するのだから、メディアに対する梃子の効果が非常に強くある、


  若い人が全面に出ればメディアが欲を出して、手を出してくる可能性もあるので、若い人を中心にした大規模デモが起これば、メディアと一体化して大きな影響を持てるかもしれない、

  海外ではデモで法律が止まることはよくあるらしいので、日本でもそういう規模のデモが行えれば、法案に対する強い牽制にはなるだろう、
  

  今の状況だと選択肢は多くないが、今日から数日間の大きなデモが国会周辺で行われるので、それがどう影響するかというのはあるかもしれない、

  結局頼れるのは自分自身のみということで、この国を変えたければ国民が動いて変えるしかない、それしか選択肢はないのかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社






関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR