01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ自民の支持率低下、なぜ自民党の支持は下がりづらいのか、無駄な国立競技場を作ったアベの罪、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  色々政治の話を見ていて思うのは、日本の末期症状ですね、

  なんというか基地外のアベを筆頭に、腐ったゴミが腐ったことをし、その腐臭が周囲に広がり、日本を異常な国にしている、

  多分だけど、このまま行くと長くは持たないような気がしますね、この国、

  まあ完全に崩壊するとか、そういうことをいうつもりはないのですけど、まともに人間が暮らせない国にはなりそうな気がします、


  それはともかく何か書いてみると、聞いた話ではアベの支持率が下がっているようだ、

  まあ、マスコミの世論調査なんてのは、金をもらって嘘を付いているだけの、ただの詐欺にすぎないけど、それでも下がるというのは珍しいな、


  マスコミは基本的に政府広報なので、世論調査をする時も、政府にとって有利になるように調整をする、

  例えば読売新聞の世論調査の質問を読んでみればわかるが、明らかに誘導をしており、特定の答えしかできないような質問をしている、

  それでも批判が強まっているのだから、実態はかなり強い批判が世の中にはあるのだろう、


  世論調査がどのようなものであるか考えたい時は、北朝鮮を想定してみるといい、

  例えば北朝鮮のメディアが、北朝鮮のトップを支持するか世論調査をしたとしよう、その場合は間違いなく高い評価を得るはずだ、

  しかしもうひとつ確実なのは、国民はそんなことを考えていないことで、世論調査というのは、このように開きが存在する、
  

  いわば世論調査とは、権力者にとって都合の良い世論形成を目指すものであり、国民そのもののを声を拾う事はない、

  最近、世論調査を重視するようになってから、政治が国民を相手にしなくなったのは、そういうカラクリが裏にはある、


  なんだか話がずれたけど、マスコミは政府広報であり、国民よりも政治家のために働くのが一般的だ、

  特に世論調査のインチキは常に行っており、国民世論が権力者にとって都合がわるいものにならないように、国民の思考へ圧力を加えるような形を持っている、

  いわば世論調査とは、マインドコントロールの一種のようなものであり、たちの悪いプロパガンダなのだが、それでも下がるとはよほどのことなのだろう、


  これがどうなるかは分からないが、上手くいけば自民党や公明党の基板を破壊できるかもしれない、そんな感じもします、


  次に、では似たような話で、自民党の支持が下がりづらいことを書いてみると、

  アベの基地外や自民党のカルト教団への支持は、案外下がることがない、

  以前はすぐに下がっていたのに、最近下がらなくなったことには理由があるといえる、


  これは私の想像だが、もしかすると戦後的世界観への郷愁が、そういう流れを作っているのかもしれない気がする、

  少し前に見た話なのだが、ネット上で犯罪活動をしている、アベの手下のネトウヨの実態は、案外普通の人だと聞いたことがある、


  更に、そういう人達は別に自民党への思い入れもなく、アベも別に好きではないようだ、

  じゃあなんであんな異常なことをするのかというと、それは親が自民党支持者でその影響を受けたからだ、という話を聞いた、


  そしてネトウヨ以外で、アベや自民党を支持しているのは、70歳前後の人が中心だと聞く、

  そういう世代にとって自民党は絶対的な存在であり、自分の人生そのものといっていいものだろう、

  
  こういう2つの要素があって、今の自民党というカルト教団が成り立っているわけだが、ではその信者はなぜ信者なのか、そこには理由があるといえる、


  私の想像だと、戦後に対するノスタルジックな感傷が原因で、アベの基地外や自民党カルトへの支持が下がらないのではと思っている、

  客観的に見る限り、アベも自民党も基地外の集まりであり、法律を守ることのできない、ただの頭のおかしな犯罪者にすぎない、


  そしてそういう異常者を支持している人も、その異常性そのものはわかっているだろう、

  それでも支持をするのは、それ以上の恐怖心が彼らにはあるからだと思う、


  例えば、アベが基地外であることを認めたり、自民党は政党とはいえない、オウム真理教のようなカルト宗教になっている、現実を認めることは、支持者にとってはすべての存在を否定することにつながる、

  わかりやすくいえば、今の自民党は絶対に支持してはいけない、頭のおかしい犯罪者の集まりだと、いままで支持していた人が認められるか、という問題になる、


  ネットを見ていても思うのだが、民主党などを厳しく批判する人でも、自民党は評価する人が多い、

  特に年寄りは、自民党はまともだが民主党はダメだといい、そして小沢氏が正しいと答える人がよくいる、

  それは一見あっているように見えるが、本質的には戦後世代特有の病気で、自分の願望をよく把握できていない問題だといっていい、


  現場で見る限り、自民党は社会の役には立たない、正直なところ全員投獄をした方がいい、極めて危険な連中である、

  それに比べれば民主党はマシな組織であって、自民党と民主党ならば、比べるまでもなく民主党の方がいい組織である、

  これが現実であり、そう考えることができない人は、自分の頭がおかしくなっていることを、一度疑ってみるといい、


  このような症状は戦後の世代に出やすい病気で、ある種の戦後病といっていいものである、

  例えば民主党はアベのような基地外はいなかったし、野田は最悪だとしてもアベほどではない、


  ノダが正しいということはなく、こいつははしょうもないアホだが、少なくともアベとは違って、相手との交渉や話し合いはある程度はしていた、

  いまの基地外アベのようなことはしていなかったわけで、自民党はどう転んでも、民主党以上の価値を持つことはない、


  だとするならば、本来の政治論は自民党をこの世から消して、その上でどのような政治形態を目指すのか、というのが今の時代の政治論になるはずだ、

  そして、そういう形で政治論を考えられるのか、自分の頭を使ってみて不可能ならば、そういう人は戦後病にかかっていると思うべきだろう、


  今は戦後でもなければ冷戦時代でもない、そういう世界観は崩壊していて、ここ何十年かの知識は全てゴミになっている、

  問題はそういう知識を元に物事を考える世代がいることで、ゴミを元に考えるのだからまともな形になるわけがない、


  それが、なぜ自民党やアベの支持が下がらないか、という理由になるわけで、わかりやすくいえば、日本人の特に戦後の世代が、ある種の病気になっているから、と見るのが妥当であろう、


  もし今の政治を素直に認めた場合、自民党を認められる余地は一切存在しない、

  今の世の中では、自分が政治をイメージ想像してみて、そこに自民党が存在しない形を考えられない人は、頭がおかしくなっているのだ、

  そしてそういう人は、自民党を完全否定する事に対して、非常に強い恐怖心があり、その恐怖心こそがアベのような基地外を認める世論になっている、


  まあアベの馬鹿がそこまで考えてやっているのかは分からないが、人間というものはある程度出来上がったものが、壊れるのを嫌がる所がある、

  そのため、戦後が終わり、冷戦が終わって、自民党も基地外カルト教団になり、アベのような異常者が生まれたことを、はっきりと認識できる年寄りはいないだろう、なぜならそれは非常に怖いことだからだ、


  そういう形を自民党やアベのカルト連中は利用しており、連中が憲法を無視して好き勝手しているのは、

  もし計算をしているならば、それはその恐怖心を煽ることを狙いにしていると見ていい、


  しょうもないカスクズカルトの自民党であるが、アベの基地外がやっていることは結局そういうことで、戦後の世界観を潰してもいいのかと、戦後世代やその世界観を信じている、若い人を脅しているのである、


  この現象は王政をやめてヒトラーが生まれたナチスと似ており、自民党が崩壊して、その隙間を埋めるべきタイミングで出てきたアベの基地外は、だいたい似た方向性を持っていると見るべきだろう、


  そういう形が進んで行くのが今の日本であり、このまま行くと残念ながら多くの日本人はアベや、自民党に殺されることになるでしょう、何らかの形で、

  それを変えたければ、自民党なんて社会のダニであり、この世から消すべきだと考え、戦後も、冷戦も全て捨てなければいけないのだが、

  戦後世代にそこまで出来るとは思えないので、日本は崩壊して多くの人が死ぬでしょう、


  後は短めに、国立競技場の話はまだ続いているようだね、

  この競技場は民主党時代にプランができたが、その後アベの奴が主導で建設計画を考え、馬鹿だったので失敗したという話だが、


  最近いわれているのは、建設を止めることができないというのがある、

  アベの馬鹿がいっていたのだけど、このアホは知能がないから、この建設は止めることができないといっていた、


  止める方法がわからないとはっきりいえばいいのに、バカのくせに見栄を張るからろくな事にならないのだが、

  国立競技場については、建設を止めること自体は可能なようだ、


  なぜかというと、この競技場はもっと後に行われるラグビーの、世界大会のために作るらしく、オリンピックへの利用は、その一部にすぎないらしい、

  つまり、アベの奴がいっているのは、この設計じゃないとラグビーの試合に向いていないので、これ以外の設計はできない、変える時間もないといっている、


  しかしラグビーの試合は別のスタジアムを利用すればいいし、別に国立競技場にする必要はない、

  オリンピックのような競技用の施設は、ラグビーには向いていないらしいので、正直そういう形で作る必要はないようだ、


  分かりづらいけど、オリンピックの競技場は別のプランにしてもよく、今のプランでする必要は全くないらしい、

  アベがいっているのは、この競技場でないと、オリンピックのあとで行われる、ラグビーの大会ができないから、するしかないといっているのだが、

  ラグビーの大会は、べつのタイプの競技場でも可能だし、もっと向いている施設はたくさんある、つまり作る必要はないということだ、


  相変わらずアベは馬鹿の能無しなので、何を言っているのかはわからないのだけど、こんな馬鹿が大きな顔をしているのだから、日本も末期ですね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR