01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安保法案はどうなるか?、株価暴落の可能性、無能アベのオリンピック競技場

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は天気が変わりやすいですね、寒いかと思ったら暑いし、暑いと思ったら寒くなる、奇妙な天気ですが、

  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、まあ現状だとまだわからないことが多い、という感じは受けるが、さてどうなるかな、


  アベの基地外が出している安保法案はあるが、小沢氏によるとこれは通らないといっている、

  それは怪しい感じもするのだが、確かにここで安保法案を通すのはリスクが高く、色々な面倒をうむだろうな、


  一つには野党が協力関係を築き、今回の法案には一致して反対をしていること、

  自民党としては維新の党を巻き込む予定だったのだが、民主党が維新の党を取り込んだため、上手く行かなかった、


  維新の党はいわゆる対案戦法を使い、自民党に擦り寄っておこぼれを貰う予定だったのだが、

  その対案が民主党と共同で作っていた、領海防衛の法案だったので、その法案を民主党と共同で出すことになった、


  民主党と維新の党が出した領海の法案は、民主党が与党時代にやっていたもので、それを調整して作りなおしたものらしい、

  現状だと尖閣諸島に、軍隊でない武装勢力が上陸した時の、対策が存在しない形になっている、


  相手が軍隊でない以上、自衛隊が活動をすることはできないが、警察を派遣した場合、相手が武装しているので対策ができなくなる、

  自民党は、そういう問題に対して自衛隊を派遣するといっているが、制度上それは不可能なので、民主党のいうこの法案がないと、尖閣諸島などの防衛は不可能になる、


  アベの基地外は、国家の防衛とかいいながら、低能の屑なので、そういうことを理解できていないようなのだけど、
 
  そんな法案を民主党が作り、それに手を加えたものを維新等が勝手にだそうとして、結局共同提出の形になった、


  維新の党が自民党に寝返らなかった理由としては、理想というよりは現実的な問題があり、審議時間の短さがあった、

  今の安保法案を議論できるのは、後数日しか無く、その間に維新の党の法案を議論する機会はなかった、


  しかも、その法案は自民党案とは全然違うものなので、もしそれを認めた場合は、安保法案がおかしくなる恐れがあった、

  その結果議論をしないと、自民党が側が伝えたため、維新の党も態度を硬化させて、自民党への協力はしなくなった、


  その結果野党の統一という形ができたため、それを見て小沢氏は採決は難しいと考えているようだが、

  正直アベは基地外だから、そんな常識が通じる相手ではないと思う、

  そこら辺が小沢氏の限界でもあるのだけどね、小沢氏は良識や常識で考えるから、アベのような基地外犯罪者の考えは、よくわからないのだろうな、


  ともかく、アベのアホが安保法案を出すといっているが、野党が協力をする可能性はないので、やるとすれば強行採決になるだろう、

  そして強行採決をした場合は、衆議院は強行採決で、参議院は60日ルールを使い無視するので、議会制民主主義制度が崩壊することになる、


  ほんとにまあ、自民党に投票した人は国を滅ぼした、犯罪者として確定してしまうわけですが、


  安保法案がどうなるかは分からないけど、野党が統一をした点は評価をすべきだし、

  この形で法案がうごいたとしても、その責任は自民党と公明党にある、

  つまり自民党と公明党の議員は憲法違反をし、多くの人を殺した戦犯政党として、いずれ絞首刑にあうことも覚悟をした方がいいでしょう、


  次に、ギリシャを発端にした金融危機が起きていたが、ある程度は収まっているようだ、

  以前から書いていますが、リーマンショック以降の金融は、金余りを前提にしているので、金融資産は過剰に下がりづらくなっている、


  以前の金本位制の時代は、資金の上限があったが、今は錬金術に近い世の中になっており、お金は紙をすれば作れる時代ですから、無尽蔵に資金を生み出すことが出来る、

  そしてリーマン・ショック以降の金融対策で、大量の資金をばらまいたため、金融の価値が落ちづらく上昇しやすい流れはある、


  今回の件はギリシャを元にしたものだが、その後中国の金融危機が発生し、株価が大きく下がることになった、
  
  私の見立てだと、株価そのものが下がるということは低いが、通貨が上る可能性は高いと見ている、


  以前から書いていますが、今の株式はFXなどの通貨取引に近いものなので、通貨の変動によって大きく動くことがある、

  今の株価も円安によって上昇している面が強く、景気が回復をして株価が上がっているわけではない、


  経済が好転していたのは、大量の公共事業をしていた影響だが、それは消費税のアップで相殺され、

  物価高と課税によって、今の日本経済は悪化を続けている、


  そもそもアベのアホがやっていた、何とかミクスとかいうマヌケな経済政策は、財務省が考えたプランであり、

  連中が消費税を上げるために、経済指標を良くするため埋蔵金を使い、大量の公共事業をしただけである、


  民主党の頃は、埋蔵金があるといって政権交代をしたのに、後でないと分かって、嘘をついていたといわれていたが、

  実は金そのものはあって、それを財務省が出さなかっただけなのだけど、


  そんな話がありましたが、ともかく、日本の株価は下がったり上がったりするけど、今の状況で重要なのは、通貨がどうなるかという判断である、

  以前誰かが通貨投資が、一番わかり易いといっていたのだが、実際そういうところはあって、

  今の世の中では、株式も通貨と連動するようになっていますし、他の金融資産も通貨の影響を受け易いため、通貨がどうなるかが一番重要だといえる、


  そう考えると、円高で固定化されるという図式が起きた時は、株価が下がったまま二度と上がることはなくなるだろう、

  そもそも日本は衰退している国であり、アベみたいな基地外が大きな顔をしている、異常な国なのだから日本の未来なんてあるわけがない、

  当然それは経済的にもそうなっていて、アベみたいな基地外では少子高齢化も止まるわけがないのだから、日本経済は確実に悪化する、


  そして、そういう影響があるため、株価の自然増はあまり期待をできず、株価の変化は通貨を軸にしたものになるだろう、

  日本通貨に影響をあたえるものとしては、中国の経済鈍化、EU危機、アメリカの金融引締めがある、


  中国の経済鈍化は、株価下落と円高の可能性をうむ、

  EU危機も、同じような感じで、株価の下落と円高になるだろう、

  アメリカの金融引締めは、円安になるから、その分株価は上がる可能性がある、

  この3つがミックスされて動いた時に、重要になるのはやはり通貨がどうなるかだろう、株価そのものには殆ど価値はないからね、


  こんなことを書いたのは、政治論をいっている人の多くが、株価の下落による修正とか、バブルが弾けるのではなと書いていて、そういう風にはならないんじゃないか、という気がして書きました、


  上の方でも書いたけど、今は金余りの時代なので、一般の人の所にはお金はこないけど、金融的なレベルでは大量の資金が流れやすくなっている、

  そのため金融資産の下落は起きづらいが、同時に通貨が高くなる可能性はあるわけです、


  通貨が高くなることは金融資産の上昇でもあるわけで、そういう形の変化はありうるわけですが、その影響で株価が下落する可能性はあるんじゃないか、そんな感じは受けています、


  後は、国立競技場の問題が起きているようだね、オリンピックのやつか、

  オリンピックの国立競技場は、以前作ったものもあったのだが、それを壊して新しいものにする予定になっていた、

  その計画では、大幅なコストの上昇があるといわれ、すでにあるものを利用した方がいいと、建設のかなり以前からいわれていた、


  しかし自民党は利権屋のゴミだったので、カネになると判断して、新しい競技場を作ることにした、

  ただその計画がずさんだったため、2500億の予算が必要になり、実際は3000億を超えるのではといわれている、

  一般の競技場は500億ちょっとでできるので、その5~6倍の予算が必要になっている、


  なぜそうなったのかというと、決めたのは自民党なのだけど、阿吽の呼吸で決めたらしく、予算の適合については、一切議論をしなかったらしい、

  だから、この予算の負担をどうするかは考えておらず、予算不十分で建設ができない可能性もあるらしい、


  そもそもこの競技場は、特別な構造を持っており、実際に建設が可能かどうかは、わかっていないようだ、

  技術的に不可能である可能性もあり、もしそのような形で作った場合は、建設が途中で不可能になる可能性がある、


  そうなったらオリンピック自体多分中止になる恐れがあり、日本は賠償金を支払うことになるだろう、

  なぜかといえば、元々もあった競技場を壊しているからで、オリンピック競技を出来るところがないので、大会辞退になるだろうな、


  それに対してアベの基地外と、阿呆の間抜けは、オリンピック競技場の建設を決めたのは、民主党なのだから民主党が責任を負うべきだと答えている、

  しかしオリンピックの競技場をどうするか決めたのは、民主党が野党に行った後だから、全責任は自民党にあるといえる、


  どのくらいの負担になるのかについて、自民党内では全く議論がなされていなかったし、唯一あったのは阿吽の呼吸という話で、予算がどうなるかについて一度も計算はしていない、


  今いわれているプランでも、政府の税金投入は400億くらいで、後はTOTOなどの金を利用するといっており、

  そもそも建設予算を用意する方法がなく、予算がないから建設自体が不可能である可能性もある、


  私は最初、2000億ぐらい政府が出して、500億を東京都が出すのかと思っていたのだが、

  政府が出すのは500億くらいで、それ以外は関係団体に資金を出してもらって、建設をするらしい、

 
  その団体の中に東京都も入っている、という形になっていて、実は東京都に500億要求したようなことを、いろいろな団体に請求して作るのが、自民党のプランのようだ、


  国が出すのが、500億なら500億ちょっとのものを作ればいいのに、ホントアベと自民党はアホの能なしだね、こんな馬鹿ばかりでは日本は滅ぶだろう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR