06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

集団自衛権を削除した安保法案、自民党に巣食う軍部カルトの実態、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


  (今日は書く文章はちょっと早めに書いているので、もしかすると話がずれていることがあるかもしれません、)


    どうもこんにちは、


  そういえば春ですね、というネタを振ると混乱しそうなのでやめますが、なにか政治的なことを書いてみると、

  上でも書いている通り、これは少し前に書いているものなので、多少話がずれる恐れがありますが、最近聞いた話にはこんなものがあります、

  それは、実は集団自衛権は必要がないというの話です、


  最近奇妙なことが起きていて、アベのよくいっていた集団自衛権の必要性を、自民党や政府が否定し始めている、

  アベがよくいっていた集団自衛権の例は2つで、一つは日本人が乗っている米軍の船を助けるのは、集団自衛権になるから、そういうことを考えると、集団自衛権は必要だといっていた、

  もう一つが、ホルムズ海峡の機雷除去作業で、この作業をするためにも、集団自衛権が要ると、アベのやつは発言をしている、


  しかし最近政府は、そのどちらも個別自衛権で対応ができるのだから、集団自衛権は必要ではないと話し始めている、

  そうなった場合は、どうなるのか?、


  個別自衛権で十分となると、安保法案は必要ではなくなり、成立する意味がなくなる、

  なぜなら安保法案は集団自衛権を元に考えた法案であり、個別自衛権のための法案ではないからだ、


  そして今まで政府が説明していた、集団自衛権の説明の理由を否定するならば、その理由から作られた法案も、存在する意味がなくなる、

  これは一体ということなのか、


  可能性は現状では2つあり、一つは役人が裏切って、集団自衛権を認めなくなった可能性、

  そもそも集団自衛権は違憲であり、そのような権利は日本政府にはない、

  もちろん憲法改正をすれば利用可能だが、それをしていない以上日本には集団自衛権はない、


  そしてそういう議論が強くなってきたため、世論でも安保法案は憲法違反であるという意見が強まり、

  それを見て役人連中が、手のひらを返した可能性はある、

  もしくはあまりに長期の延長を行ったため、その批判が強く政府に協力をしなくなったのか、どちらかはわからないが、役人連中が見限ったという説はありうる、


  ただし、この安保法案はアメリカも利用したいと考えており、ただで自衛隊を犠牲にしてくれるこの法案には、アメリカ政府も関心を持っている、

  いわば奴隷兵士制度みたいなものなのだから、アメリカとしては利用したいと考えるのは当然だ、

  そう考えると、役人が批判をして寝返ったというのは、フェイクである可能性も存在し、実は別の理由がある可能性も高い、


  その場合にありうるのは、合憲違憲論をかわす狙いであり、今の政治論は集団自衛権が合憲か違憲かで争っている、

  つまり、集団自衛権の議論をしている限りは、憲法論になるのだから、安保法案から集団自衛権の部分を取り除き、そうやって違憲論を封じる狙いもあるように見える、

  
  もともとこの安保法案は、複数の法案をまとめて提出し、国民が理解ができないうちに法案を可決するのが狙いだった、

  だから今回のような憲法論になるのは想定外であり、そういう方向になるのを防ぐ狙いがあるように見える、


  そうした場合は、まず今まで集団自衛権が必要だったという例を取り下げ、実は個別自衛権でも可能だという話を作り、

  その上で、この法案は個別自衛権の問題だから、憲法違反にはならないといってくる可能性はある、


  ただしその場合は、安保法案の条文を大きく書き換える必要があり、そうなれば法案の意味は大きく変わる、

  となれば、ありうるのは一時的に集団自衛権ではない、という世論を構築したあとで、強行採決をしてから、実は集団自衛権の意味でした、という二重手のひら返しの可能性はある、


  現状だと、国会の審議の問題もあるので、この二重手のひら返しの可能性があるが、現状ではなんとも言えないところが多い、

  まあどうなるかはまだ分からないけど、政府の態度が変わってきたことは何か狙いがあり、向こうも対策を考えつつあると考えたほうがいいでしょう、


  次に、アベのやつがどうやら問題発言をしたらしく、中国から批判がきているらしい、

  まあ酒の席の話のようだが、こいつは馬鹿なので下らないことばかりを考え、知能がないのでろくな事を起こさない、

  その結果酒を飲んで問題発言をし、それがなぜか外国に流れたようだ、


  例によって日本のメディアで報道した所は殆どなかったが、アベが言っていたのは安保法案の狙いは、日中戦争で中国を攻撃するために、この法案を通そうとしていると発言をしていた、


  この発言については、政府は箝口令を敷いており、一般のメディアに流れることはなかったのだが、関係者が情報を流したためか、一部のメディアには情報が流れていた、


  そしてその情報が海外に伝わることになり、中国では非常に大きく報道をされている、

  そして中国政府は、どのような意図があるのか日本政府に問い、その答えを待っているが明確な答えはない、

  相変わらず日本は鎖国国家で、情報が流れてこないというしかないけど、そういう情報が流れで、国際問題になっていることくらいは報道すべきだろう、

 
  とまあ一応書いてみたが、政府の犬のマスコミがそんなことをする可能性はありませんが、


  ともかく、アベが安保法案を日中戦争のために通そうをしている、という点は重要な意味があるだろう、

  どうやらこの発言自体は実際にあったらしく、酒の席なので本音が出たと見るのが妥当だといえる、


  もともとアベの基地外は、軍部の残党であり、こいつの祖父は中国で多くの人を殺している、

  それで儲けた金で政治家になったらしいが、そういう奴なので中国を攻めて、また一儲けとでも考えているのだろう、

  所詮は戦犯の孫のゴミにすぎないし、そんなところだろうけど、


  ふーむ、もしかするとだが、アベの基地外やその仲間は、本当に中国との争いを考えているのかもしれない、

  以前も書いたが、九州や沖縄の島には大量の兵力が集結し、そしてその作戦は尖閣諸島防衛のために行うといっている、


  つまり安保法案を通すことが、中国との戦争に必要だから、アベの基地外やその仲間は活動している可能性があり、もしかすると連中の異常性は、そこからきているのかもしれない、


  アベの周囲は基本的に基地外右翼しかいない、連中の考えは政治的というよりは、宗教色が強く、いってはなんだがオウム真理教に近いカルト宗教の面がある、
  
  感覚的には、イスラム原理主義のタリバンなどと、思想的には近い傾向があり、極端な民族主義と、それによる狂信的な発想や行動を好む所がある、


  一言でいえば、まあ気が狂った人間の集まりなのだが、そういう連中なので頭がおかしいですから、中国が悪いという考えを本当に思っており、そういう宗教が自民党内に存在するのかもしれない、


  よく考えて見れば、アベの友達の能なし物書きも、そういう宗教の司祭だと考えればよく、そういう司祭が信者に狂信右翼教の布教をしていたと考えれば、あの発言も理解できる所がある、


  そもそも戦前の軍部は、軍事教ともいえるカルト宗教の意味があり、カルト宗教だったので戦争のコントロールが出来ず、結果として大きな被害を出す結果になった、

  そう考えると、戦前の軍部の残党であるアベ自民が、同じようなカルト宗教である可能性は高く、連中は政治活動をしているのではなく、宗教活動をしているのかもしれない、


  そして、アベの基地外が酒をのんで、安保法案が中国との戦争のためだといったのも、現実的な判断としては成立しないが、自民党の中でカルト宗教がはびこっているならば、ありうる話だといえる、

  そういう意味でいえば、安保法案はアベの基地外の日中戦争への道具であり、もしかするとあのアホは、マジで戦争を考えているのかもしれない、


  それを中国もなんとなく感じたのか、国として真意を問うようにしているのだが、さてどういうことなのか、


  アベの基地外が戦前の軍部ゆずりであるならば、それは自民党に巣食うカルト宗教の形で存在している可能性がある、

  そしてそのアベカルトの中では、中国との全面戦争は決まっており、そのための安保法案という、異常な考えが一般化しているのかもしれない、


  いわれてみれば、ネトウヨはオウム信者に似たカルト宗教の信者に似ているし、もしかすると、という感じはする、

  さらに、少し前のアベの基地外仲間の騒動を見ると、自民党の異常性は明らかだろう、


  そう考えてみた場合、もしかするとこの安保法案は、アベの基地外が中国と全面戦争をして、日本を滅ぼす法案になるのかもしれない、

  まあ、さすがにそこまで行くとは考えづらいが、アベの周囲はそう考えている恐れのある法案だといえるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR