03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

大阪都構想の敗北、大阪市長は一体何を目指したのか、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日はちょっと短めに書いてみると、そういえば大阪都構想は失敗したね、コスプレ市長をクビにできて何よりだが、しかしまあくたびれたものだ、

  凄い僅差だったので私もヒヤヒヤしていましたけど、勝ててよかった、これでずいぶん楽になった気がしますね、


  何故かというと、国民の敵はあとアベだけだからで、戦略が立てやすくなったというのはあると思います、

  以前の状況では民主党が腐っていて、大阪にはコスプレ市長が大きな顔をし、自民党は基地外のアベが支配をしていた、

  正直どこから手を付ければいいのだろうという感じだったが、ひとまず敵の数を減らすことは出来たといえる、


  現場で見る限り民主党はそんなに悪くはない、海江田から岡田への体制の移行は、それなりに民主党をまともな組織にしたようだ、

  良い組織とはいわないが、少なくとも国民に被害を与えるような傾向は見られない、

  つまり今の民主党は国民の敵ではないといえる、

  
  これで国民の敵が一つ減ったわけだが、それ以外の敵として厄介だったのが、大阪のコスプレ市長だった、

  こいつはペテンが得意なやつで、人をだますのが上手く、昔の詐欺師の小泉のような能力を持っていた


  言っていることは支離滅裂な嘘なのだけど、それでもだますのがうまいので、それなりに意見が通っていた、

  しかもこいつはアベと関係が深く、一歩間違っていれば翼賛体制になり、日本は滅んでいただろう、

  そのコスプレ市長は、今回の大阪都構想で敗北をし、それによってヤツの影響力も落ち、そしてアベの軍事化も難しくなった、


  ある意味において今の政治状況は、チェックメイトに近い所まで来ていて、いつの間にかかなり有利なポイントに来ている、

  なぜかといえば、後はアベを始末すれば国民の敵がいなくなるからだ、


  民主党が変節をした後、国民は多くの敵と戦わなければいけなかった、

  それは変節をした民主党、胡散臭い維新の会、そして基地外アベの率いる自民党だった、

 
  民主党の変節は海江田岡田の体制で、ある程度は治まっており、いいというわけではないが、国民の敵になるような行動はしなくなっている、

  維新の会は、コスプレ市長の影響力で選挙をしていたが、今回の件で潰れた以上明日はなかろう、

  そして最後に残るのがアベのやつで、こいつさえ始末すれば、ひとまず国民の敵は絶滅させることが可能になる、


  あとはその方法論になるけど、気に入らないかもしれないが、一番楽なのは民主党が選挙に勝って、自民党の議席を大きく減らすことだ、

  民主党ならば選挙区でも自民党に勝つことが出来、自民党の影響力を減らすことができる、

  そういう形になれば、アベの異常な政治を終わらせることも可能だ、


  問題は民主党にそんな力があるかどうかだけど、去年の選挙では候補者を建てることすら出来なかったが、次の選挙ではどの程度の候補者を出せるのか、それが重要になるでしょう、

  
  次に、では大阪のコスプレ市長は一体何をしたかったのか、ということについて書いてみると、

  こいつのしたかったことは実は政治活動ではなく、ただのビジネスに過ぎなかった、


  コスプレ市長は引退を表明するときに、特定の人を批判する私のようなタイプは、もう国民の評価を得られなくなった、そういう発言をしていた、

  その発言の理由としてあるのが、自分のような芸人のキャラは時代に合わず、受けを得られなくなったので、やめることにしたという意味だろう、


  芸人のネタは時代とともに変わり、その時代にあったものをやらないと商売にならない所がある、

  そもそもコスプレ市長がやりたかったのは、タレント活動の延長としての政治活動であり、政治活動そのものをする気は一切なかった、


  奴が政治活動をしようと考えたのは、詐欺師の小泉がやったペテンを見て、自分もできそうだと考えたからだろうけど、

  そういう考えで始めたので、この人物は最初から最後まで、政治ということをする気は持っていなかった、

  あくまで政治という分野を利用した、タレント活動というスタンスが強く、政治家という自覚は全くなかっただろう、

  
  だからこいつは引退する時に、自分のような相手を批判して受けを狙うタイプの政治家(芸人)は、そろそろ受けが悪くなったので辞めなければいけない、と発言していたわけです、


  コスプレ市長の今までの行動を調べてもらえばわかるが、定期的に敵を作ってそいつを叩くことを重視している、

  そしてその敵を叩くことによって何らかの利益を得て、損得勘定でビジネスをしているただの商売人に過ぎなかった、


  ある意味詐欺師の小泉が、政治家の敷居を大幅に低くしてしまったので、政治というものが一般的で、低俗で倫理観のないものに変わり、

  それを利用してビジネスに転換して、利用する流れが社会的に起こり、その影響でこのような人物が生まれることになった、


  それは他でいえば、AKB48のような総選挙をするタレントと概念は同じで、政治というものをビジネスで見た時の、利益の上げ方の方法論が発達したことも影響しているといえよう、


  価値が有るものを低俗化させる時に、一時的に利益を得やすくなるタイミングがあるが、詐欺師の小泉のやったことは政治の低俗化であり、どんな馬鹿でも政治家になれる狂った政治制度の構築である、


  その影響が、あまり政治に興味を持たない大阪で起こり、大阪の人は政治に詳しくないから、カモだと思われて集中的に狙われることになり、それがコスプレ市長を生む原因になった、


  そういうことを何年もやってきたのだが、まず本家の詐欺師の小泉が頓挫し、その問題が多く知られることになった、

  その結果政治家というは、頭のおかしなゴミが多いことがわかってしまい、社会的評価が大きく下がる結果になった、

  そして、大阪のコスプレ市長もその影響を受けたのか、最近は政治家だからといっても評価されることがなく、しょうもない人間といわれることが増えていた、


  このような傾向があったので、ある意味においては、コスプレ市長の政治家としての寿命は来ており、そのことをヤツ自身も認識はしていたのだろう、

  だから今度のことは、最後の博打だと思っていたのだろうが、その博打も失敗したので、自分のタレント政治家業は終わったと考えたのだろうな、


  これは詐欺師の小泉から続く、無能政治家が政治システムを侵食し、政治家がまともであると思っている、国民の考えを利用してだます方法論の、限界が来たことを表しているといえる、


  それは一見いい事のようにみえるかもしれないが、単純にそんなアホな政治家ばかりを生んだので、日本が崩壊寸前になり、

  多くの人が真剣に物を見る癖がついたので、そうなっただけだから、別にいいことはないのだけど、


  そういう傾向があるので、大阪のコスプレ市長は、プロパガンダ政治家としての限界を感じやめることになったようだ、

  これがひとつの兆しになればいいのだけど、結局日本の腐敗の大元である、アベの基地外を始末しない限りは、根本的解決にはならないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR