01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

崩壊するアベ経済、ナチスと同じ大阪都構想、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は暑いですね、台風の影響なのか、暑いというより灼熱って感じがしています、


  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、色々ネタがあるようだけど、1つ気になったことがあったので、そのことを書いてみると、

  私が気になったのはシャープと東芝の決算の話で、おかしくなっているなというのを感じました、


  シャープは資本金を一億円まで減らして、今1000億くらいある資本金の殆どをなくすらしい、

  東芝はここ三年くらいで、500億くらいの不正な決算をしており、会計操作をしていたのではないかといわれている、


  この2つの業者の特徴としては、どちらもモノ作り輸出型の企業であり、今の環境ならば儲かるはずの産業であることで、なぜそれがこうなったのだろうと思いました、


  実はトヨタ自動車も業績は悪化しており、外国企業に世界一の立場を抜かれ、国内では売上がパッとしない状況がある、

  それでもビジネスが拡大しているのは、海外の売上が円安で増えたからで、ビジネスが成功したというよりは、為替の影響で円建てだと利益が大きく見えるようになったのが大きく、

  平たく言えば金融マジックで増えたように見えた、ということになるでしょう、


  上で書いたように今の日本は、ものづくり輸出型産業にとって、都合のいい状況がある、

  円安だから輸出もしやすいし、アベのペテンを信じるならば、国内景気もいいはずだ、

  実際シャープあたりは、アベ政権になって救われたと、ネトウヨあたりがよくいっていたのに、それがこうなってしまった、


  シャープは円高が、自社の業績を悪化させているといっていて、

  それが円安になっても業績が回復しなかったのに、今度は円安が自分の会社の業績を悪化させていると発言していた、


  どっちなんだという感じがするが、東芝に関しても500億の不正会計が行われるようになったのは、アベ政権になってからで、それによる経済的な影響が不正会計の温床になった可能性がある、
 
  トヨタにしてもそうだろう、具体的なビジネスを考えることをセず、為替による利益が業績の大半を支えるようでは、商売としては失敗しているといえる、


  こういう形が出てきた理由として、アベの奴がやっていた経済政策が、実は全て失敗していて、唯一上手く行っていたのが為替操作と、株操作だけだったというのがあるのだろう、


  そのような経済政策をしていたので、企業側もまじめにものづくりをするのではなく、為替や株式による利益だけを考えるようになり、

  またインフレ政策による需要の低下が、彼らの産業に止めを刺したと見ていい、


  アベのやつはバカだから、よくものづくりの云々と基地外じみたことをいうが、結局のところヤツのやっていたことは、日本のものづくりの破壊でしかなく、日本経済の崩壊しかしていなかったのが結論であろう、


  戦前は戦争の時代で、戦後は経済の時代だった、その結果今の社会における大本営は、経済政策を通じで行われることが増えており、このようなペテンが行われたのもの、そういう性質が関与していると見てよい、


  これからこのような問題はどんどん深刻になっていき、日本は狂気の資本主義国家へと、堕落していくことになるでしょう、


  次は、大阪都構想の話がややこしくなっているようだ、大阪都構想というのは、大阪市を潰して大阪府に編入し、大阪市は複数の区に分けるものだといわれている、

  以前は大きな組織を作る計画だったらしいが、色々な市が反対をしたので、結局大阪市が大阪府に吸収合併されるだけのものになった、


  それを大阪のコスプレ市長は、大阪の大改革だ、大阪は東京都のようになるといっているが、実際はそういう意味は無い、

  大阪市を大阪府に合併した場合、大阪市の権限は殆奪われるので、複数に別れた区では、殆どの行政活動ができなくなる、

  もしくは大幅に削減されることになるので、地方自治体としてみると急激な衰退が起こる可能性が高い、


  またコスプレ市長がよくいう、二重行政の問題は現状解消されており、そもそも市と府の二重行政は存在しないので、最初から解消するメリットがない、

  コスプレ市長はこの大阪都構想で、4000億の経済効果があるといっていたが、実際は一億程度の効果しかなく、実際はマイナスである可能性もある、


  二重行政の問題とは言うけど、それは同じことを別の団体がした場合の問題であり、いわゆる縦割り行政の弊害である、

  しかし、大阪市と大阪府は同じ立場に付いているわけではなく、あくまで上下関係であるから、縦割り行政の形にはならない、

  国政で二重行政の問題をいうのならば、ある程度の説得力があるが、地方自治体でいっても意味は無いだろう、


  地方自治体は複数の権限が、ピラミッドのように積み重なっているものであり、その行政権が重複するのはある意味当然である、

  例えば市の下に区あったり町や村が存在し、それは二重行政とも言えるけど、単純にいえば役割の分担でしかない、


  本来二重行政の問題とは、特定の分野で別の省庁が争いをし、同じことを2つの分野でやることをいうが、それは縦割り行政の問題であり、地方自治とは関係がない、

  たしかに大阪府がやることと、大阪市がやることがかぶっていれば、それは無駄になるだろうけど、それだったら大阪市と大阪府が話し合えばいいだけである、


  現状維新の会は、大阪知事と、大阪市長の両方を持っているのだから、両者が話し合えば、二重行政の問題を解消することは可能だが、見る限りそのような話し合いが行われた形跡はない、

  つまり最初からこいつらは、二重行政の問題だと言いつつ、実際はそういうことをする気はないと考えるのが妥当だ、


  大阪のコスプレ市長のいっていることの矛盾としては、二重行政の問題としていわれるのは、多くの場合縦割り行政の問題であって、国政の問題としていわれることが多い、


  確かに地方自治でもそういう問題はあるかもしれないが、それは知事や市長との交渉の問題であり、地方の首長が話し合いをすればすむ問題だ、

  それがもし対立があって出来ないならば話はわかるが、大阪の市長も知事も維新の会なのに、交渉ができないという話は異常だろう、


  まあなんというか、このコスプレ市長のアホの言っていることは意味不明で、よくわからないものであるが、この馬鹿何が言いたいんだ?、

  よく分からない話だけど、少なくとも大阪の二重行政の問題あったとしたら、それは今の大阪市長と大阪知事が話し合えばいいだけで、大阪都構想などする必要はない、

  そしてその両方が維新の会の政治家なのだから、話し合えば済む話ではないのか、


  こいつはアベと同類の基地外なのかもしれないが、少なくとも現状で大阪都構想をする必要性はない、

  あるとすれば、維新の会以外からそういう意見が出るならわかるけど、維新の会は二重行政を行っている当事者であり、解消をする権限も持っているのだから、批判をする資格はないだろう、

  それだけいうのならば自分でやればいいのだから、大阪都構想などする必要はない、


  理論的に考えてみても、特に意味のある話ではないようだが、となると大阪都構想は、コスプレ市長やアベの権威主義的な発想であり、ヒトラーがやった国民投票と似たようなものだと見ていいだろう、

  つまりは自分の権力をアピールしたり、自分に反する人間を叩くための、ツールとして国民投票を利用していると、いうことになるかな、


  最近北朝鮮のトップが、自分の部下を粛清していたが、大阪都構想の発想はそれに近く、自分の権威を使って邪魔な人間を叩くだけで、それが何を生むのかということは考えていないように見える、


  そして、色々見て回ったのだけど、大阪都構想をすると大阪の行政システムは破綻し、特に教育関係が崩壊するおそれがあるといわれる、

  行政のシステムは簡単に作れるものではないので、一旦壊してしまうと直すまでには数十年の時間が掛かる、

  それまで大阪ではまともな行政サービスは行われなくなり、住んでいる地域の人々の生活は破綻するだろう、
  

  そもそもこういうタイプのプランは、権力の集約だけを考えたものだから、感覚的には最近アベの奴が、年金の金を株式に投入しているが、ああう感じになると思っていい、

  
  つまり、大阪の税金はコスプレ市長が好き勝手に使える金に変わり、そこの住んでいる住民には殆ど使われくなると思っていい、

  実際アベのやった株上昇は、本来年金としてもらうお金を、奴の都合で勝手に株式に投入したわけだが、それで損をするのは国民ですよね、


  それと同じようなことが起こる可能性が高く、大阪都構想がもし進んだ場合は、コスプレ市長が私的に税金を使うようになって、住民に使う金が大幅に減るだろう、

  その結果大阪の社会や経済は破綻し、最悪貧困層しか住まない、スラムのような街になるでしょう、


  (ちなみに大阪都構想とはいっていますが、このことをしても大阪府は大阪府のままであり、大阪都になることはありません、

   大阪都にするには政府が法案を出す必要があるので、基本的には難しいといっていいです、

   また、コスプレ市長の性格からすると、こいつのことだから、教育関係と福祉関係の予算が大幅に減り、特に教育に関しては崩壊する可能性が高いと思っていいです、)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR