03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日本の改憲論の本質、日中戦争をするアベの問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  この頃はネットの情報が多くて書くのが大変です、昔はこんなことなかったんですけどね、

  まあ情報が多いのはいいのですけど、それはともかく何か起きているかな、


  ふーむ、ひとまずは憲法改正の話が出ているようだね、アベのアホがギャーギャーいっている話か、
 
  憲法改正論というのは、実は2つのタイプがあって、それは今までいわれていた改正論と、最近急にいわれるようになったものがある、


  昔からいわれていたものは、憲法改正を制度的に行うべきではないかという意見で、自国の憲法は自国の人間がするのが筋だという、そういう憲法改正論がある、

  今までは自民党もこの意見で憲法論をいっており、それに対して左翼勢力は憲法改正は、絶対すべきではないといっていたのが、今までの55年体制の政治だった、


  それが変わってきたのが、詐欺師の小泉と軍閥アベが出てきた辺りで、その影響で意味が大きく変化した、

  詐欺師の小泉はあまり憲法には興味はなかったようだが、軍閥のアベは憲法改正に興味が強くある、


  最近もアベは、手下の犬達にワンワン吠えさせるような集まりをし、そこで憲法改正をしないのが、日本のすべての問題であると発言をしていた、

  その発言の中には、舞の海が日本の相撲が弱いのは、憲法の全文のせいだといい始め、相変わらずの基地外発言を繰り返していた、

  舞の海自体はそんなこと興味はないのだろうが、アベから金でももらったのか、カルト宗教の広告のような意味で、そんな発言をしていたらしい、


  今の憲法改正論には、このような2つの流れがあり、自国のルールは自国で決めるべきだという、自主憲法論と、

  もう一つはアベの軍閥連中が考えている、軍事独裁を目指すための憲法論の2つがある、


  そして今マスコミが盛んにいっているのは、軍事独裁を目指すタイプのものであり、自主憲法論とは根本的な違いがある、

  例えば自主憲法論は、国家や国民のために憲法を作りなおそうという、考えを持っている、

  それに対してアベがやっている軍事独裁のための憲法論では、軍閥のための憲法論になっている、


  今の自民党の憲法試案では、基本的人権の項目が全て削除されているし、言論の自由も事実上廃止されている、

  いわゆる国民の権利といわれるものは、全て廃止されているものになっており、これは自主憲法論というよりは、独裁のための憲法論という意味が強い、


  ただこの話がややこしいのは、いままでの自民党は自主憲法論の中心にいたので、アベの出している憲法改正論が、一見自主憲法論に見えること、
  
  だから、国民も自民党が憲法改正といった時に、今までの自主憲法論の延長でするものだと考えることが多い、

  そしてそれに対する批判も、昔の社会党のような改憲は完全否定する、そういう極端な意見を言っていると考えられている


  しかしそうではなく、今の憲法論の賛成と反対の関係は、自民党の出している独裁憲法に賛成するかどうかになっており、

  独裁を肯定するならば、憲法改正に賛同すべきだというのが、基本の理論になっている、

  逆にいうと、憲法改正に反対している人は、どちらかというと自主憲法論者が多く、今まで憲法改正に賛成していた人が、反対に回っていることが多い、


  この辺りがややこしいのですけど、昔は憲法改正を賛成するか、反対するかで理論がわかれていましたが、

  今は自民党のいう独裁憲法をどうするかで、意見がわかれることが増えています、

  
  自民党の出している憲法案は、民主主義を廃止して、北朝鮮のような軍閥政治に戻すことを目的にしていて、国民の権利はほぼなくなり、自由や平等は国家から失われます、

  それでいいならば賛成をすべきで、嫌ならば反対をするべきというのが、今の憲法改正論の基礎です、


  だから今の憲法改正論には、非常に強い悪意が裏にあるので、犯罪まがいの方法で権力掌握をしようとしていますから、まともなことをする気は全くありません、
  
  例えば最近自民党が憲法改正の漫画を出したけど、その漫画では携帯のなかった時代の憲法を、今の時代に使うのはおかしいと書かれている、

  携帯電話と憲法に何の関係があるのかはわからないが、そういうイメージを受け付けようとしている、


  上で書いた舞の海の話も同じで、最近民主党議員が自民党の憲法改正の異常性を批判していて、特に集団自衛権の関連では、憲法の前文との整合性を批判することが多い、


  それを意識して、舞の海に憲法の前文が原因で、相撲が弱くなたっといわせているわけで、

  本当に言いたかったのは、今は憲法の前文と関連した批判が多いので、何とかしたいという、アベ辺りの幼稚な発想が根っこにあるのだろう、


  こういう関係が今の憲法論には存在し、軍事独裁を目指す軍閥のアベと、

  そのアベの異常な憲法論を通すための活動に対する批判が、今の憲法議論の主題になっている、


  そのため以前あったような、憲法改正に賛成か反対かという議論は存在せず、今あるのは軍閥政治を目指す憲法改正に賛成ですか、という議論しか基本的にはありません、


  常識的にいえばそんなことを認める人はいないわけで、本来は殆どの人が反対をするものになるのですが、

  ただいまだに、自民党が自主憲法論でやっていた時代を知っている人が多く、そういう時代の感覚で捉えている人が少なくないので、それが憲法改正論の議論がしづらい原因になっています、


  そういう混乱を利用して、軍事独裁に持っていくのが今の自民党の狙いだろうけど、これに気づかなければ日本は北朝鮮のような国になり、国民の多くはアベに殺されるでしょう、


  次に、日中戦争について書いてみますかね、ネットでそういうことを書いている人がいたので、

  実は日本と中国はすぐに戦争をしかねない状況にあります、どうしてかというと沖縄の周囲には多くの兵器が存在し、すぐに攻撃が出来る体制があるからです、


  それを軍事利権のアベは、尖閣諸島防衛のためだといっていますが、ただの無人島防衛にそんな設備がいるわけがないので、中国の軍隊がくることを想定して、軍事的な強化を続けているのでしょう、


  実際あの辺りの島には、多くのミサイル兵器が配備されており、何らかのはずみで大きな争いになる可能性がある、

  北朝鮮がここ十年くらい、ミサイルをよく撃っているが、これからは日本が中国に対して、そういう挑発をする可能性がある、


  以前から書いているのだけど、今の日本はだんだん北朝鮮化が進んでおり、ロシアや中国にとっての北朝鮮と、同じようなポジションに日本が移りつつある、

  そのため、これからの日本の国際的なポジション、そして行動パターンも同じようなものになる恐れが高く、北朝鮮がここ十年くらいやっていた外国への挑発を、今度は日本がする可能性が高い、


  軍事力は国家の防衛という意味もあり、国民の理解を得やすい所がある、

  そのため国境付近に軍事力を置くことは多いが、その結果軍事的な緊張が高まり、それを利用したプロパガンダを自国民に行う、別の意味が生まれることもある、


  今アベがやっているのは、そういうプロパガンダの意味が強く、アベのようなアホには軍事戦略を理解する能力がないので、奴がやりたいのは権力の掌握と、人気取りのためのプロパガンダと見ていい、


  そのための沖縄付近の軍備強化であって、その利用目的は国民をだますための、軍事的な演出の可能性がある、

  そもそも辺野古基地にアベがこだわっているのも、日本を北朝鮮のような国にして、アジアのヒール国家にし、中国と敵対する悪役に仕立てるのが狙いだ、


  まあアメリカの狙いですけどね、そういう形をしておけは、国内向けには中国と争うヒーローになれるし、外国では日本はゴミクズ扱いになるけど、外国のことなんて日本人は知らないので、どうとでも誤魔化すことができる、


  そしてこのような形を続けていって、日本は尖閣諸島付近の中国軍への軍事攻撃を行い、景気が悪くなる、株価が下がる、支持率が下がる、という局面でアベは中国に軍事攻撃をする恐れが高い、


  もちろんアベはポル・ポトみたいな無能者なので、具体的な軍事戦略を考える知能はない、だから当然失敗するが、

  その責任は国民が悪いとか、自衛隊が悪といって隠蔽し、最悪誰かを粛清してごまかそうとするだろう、


  そういう、火薬庫のような状態に沖縄周囲は変化をしていて、あまり気づかれていないのだけど、あのあたりは非常に危ない地域に変わっている

  ほんと調べてみると分かるのだけど、沖縄とか九州の島への軍事配備は異常で、今にも戦争をしそうな、そういう感じ変わっている、


  そしてもしそういう島で争いが起きた時の対策は、アベや自民党は何も考えていないので、もし問題が起きたら収集がつかなくなるだろう、

  連中は軍事を自分の人気取りや、権力掌握のための道具としてしか考えておらず、基本的に無能な基地外の集まりなので、国家戦略とか軍事戦略というものは存在しない、


  そのような連中が中国と戦争をしようとしている、いまや日本は戦争の手前辺りにいる、

  今の日本はいつでも戦争が出来る状態に移りつつあり、そしてそれは明日起きても不思議ではない、そういうところにもう入っているわけです、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR