01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベアメリカエンゼツの詭弁、民主党に対する奇妙なプロパガンダ、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日はちょっと予定があるので早めに書いてみると、そういえばアベの奴がアメリカに行ったらしいね、向こうからすれば日本の猿と連れてきた程度の感想だろうけど、


  そのアベが会議で演説をしたらしいが、この馬鹿英語ができないのでまともな発音ができなかったようだ、

  だったら日本語でやればいいものを、ほんと能無しのアホというしかないけど、


  それでアメリカに行って、安保関連の法律を夏までに成立されるといい、それが国会軽視だということになっている、

  確かその通りだろう、いつから日本政府の上にアメリカ政府が存在することになったのかは不明だが、アベの中ではそういう世界観があるらしい、


  前から基地外だと思っていたが、やはり狂っていたようで、狂人であることをアメリカの議会で、証明してみせたようだ、

  そんなことをアメリカまで行ってやることはないだろうに、馬鹿なので気付くことがなかったのだろう、


  そしてもうひとつのポイントして、辺野古基地問題があるな、

  この問題はマスコミによると、辺野古基地が唯一の結論だと、アメリカが言ったといっているけど、実はアメリカ側は何も行っていない、


  相変わらずマスコミの偏向報道は異常だが、あるコトないコト嘘つきばかりですけど、確かにアベのやつは辺野古基地への移設を確認したといっているが、アメリカ側の発言ではグアムへの移転しか述べていない


  元々辺野古基地問題は日本政府が起こした問題で、アメリカが原因で起きている問題ではない、

  冷戦が終わってアメリカが世界の警察をやめるようになり、その影響で世界中から軍隊を引き上げるようになった、


  その結果日本の在日米軍も縮小が決まり、特に沖縄にいる軍隊は大幅に減らすことになった、

  それが普天間基地の移設問題であり、本来は辺野古に小さなヘリポートを作り、兵士の訓練施設を残るだけのものだった、


  しかしそうなるとアメリカの後ろ盾で、好き勝手やっている沖縄の有力者や、自民党議員が困ることになる、

  そのため、強引に辺野古基地の拡張を決めて、本来は小さな訓練用ヘリポートだったものを、巨大な軍事基地建設計画に変えたのが、辺野古基地問題の本質である、


  だから今回アベのヤツアメリカにいって、基地問題に対して安部だけが発言をして、アメリカ側からはグアムへの移転計画しかいわないのは、それが事実だからである、

  つまりアメリカにとっては辺野古基地問題は、日本政府による内政問題であり、アメリカにとってはどうでもいいことだ、というのがわかった会談だった、


  それをマスコミはバレると困るから、偏向報道を繰り返していたが、真相はそういうものであり、辺野古基地問題を生んでいるのは、ある意味においてアベ自身が原因になっている、


  沖縄に基地があるメリットとしては、中国への軍事圧力を強め、軍政体制の構築をするのに都合がいいというのがある、

  国境付近に軍隊があれば、相手の国も軍隊を強化することになる、

  そして軍隊と軍隊が隣り合っていれば、それは何らかの軍事的問題を誘発することになるから、軍事的な体制を作る上では、このような方法は効果的である、


  よく軍事防衛のために、国境に軍隊を集結するのは効果的で、防衛上重要であるとい話はあるが、

  内政的な意味でいえば、そのような図式を作れば軍事利権の拡大がしやすくなり、また軍事的な挑発がしやすくなるメリットもある、


  今辺野古で作られている基地は、そのような意図て作られており、軍事防衛上の必要から行われているのではなく、軍事利権を漁る必要性から行われている、

  つまりアベや自民党が、自分の意志で行っているものであり、実はアメリカ政府は関係がない話でもある、


  そういう点は最近の海保が、沖縄県民に殴る蹴るの暴行を加えている点からもわかるし、ああいうことを指示しているのはアベや自民党であり、実はアメリカはあまり関係がない、

  沖縄にいるアメリカ軍事関係者は、日本政府から金をもらっているので、協力的だが、本土アメリカ政府の人は、そういう行為に対して否定的だ、

  (ついでにいえばこの観点で言うと、沖縄の知事がアメリカとの交渉をしようとしているのは的はずれであり、それが空回りしている理由もここにあるわけだけど、)


  そして、そういう前提があるので、今回のアベの演説では、基地問題をアベだけが発言をし、オバマ氏はアメリカの軍事的な変化を指摘するだけで、基地問題に言及をしなかったことには、そのような理由が原因である、


  別の言い方をすれば、日本で起きている問題の多くは、日本人自身が起こしているものであり、実はアメリカはそれほど関与はしていない、

  例えば、民主党に対する異様はプロパガンダや、小沢氏に対する人格攻撃などは、その殆どをやっていたのは日本政府や、日本の内部の人なのだ、

  もちろん、ジャパンパンドラーと呼ばれるインチキ連中は、こういう問題に関わっているけど、アメリカ本土は日本の問題に対しては、それほど興味はない、
  

  そういう傾向が出た演説だったといえるだろう、つまり日本は日本、アメリカはアメリカで、互いに何の関係もないということが、はっきりした話だったといえる、

  だから日米同盟の深化などといい、マスコミは嘘をつきまくるわけです、


  次に、大した話ではないのだけど、最近は民主党へのプロパガンダが増えたな、という感じを受けます、

  民主党は与党時代変節をし、ノダのような異常な奴が大きな顔をして、腐った組織になってしまった、


  しかし野党になって、海江田、岡田と、それなりにまともなことをするようになり、昔ほどはひどい組織ではなくなった、

  実際最近も、政治と金の問題を指摘していたのは民主党だし、安保法制や軍事的な問題を、一番厳しくいっているのは、実は共産党ではなく民主党だ、

  共産党は裏では自民党と仲良しだから、批判はするけど怪我をするほどは手を出す気はないので、実際は批判的なポーズという意味が強いのだが、


  ともかく、最近一年位を見ると、民主党は自民党を叩いていることが多く、どうもそれが既得権の気に障ったらしい、

  それで妙なプロパガンダが増えているなと思ったのだが、最近感じたのは統一地方選の結果だった、


  その結果では、民主党はそこそこは勝っていて、候補者の大半は当選していた、

  ある程度は負けていたが、勝っていた所も多かったので、それなりにいいんじゃないかと思っていた、


  実際に結果を見るとそうなっていたから、そこそこはいけているのかなと思ったのだが、マスコミの論調にはそういうことはなかった、

  マスコミは小沢氏が抜けて、半分の規模になった民主党の事を説明せず、候補者が半減したので、影響力が落ちだと盛んに批判をしていた、


  しかし実際は自民党や公明党も弱っており、共産党は伸びていたが一番伸びていたのは無所属だった、

  そういう状況を考えると、民主党はそこそこくらいだったのだが、何故か全てのメディアが民主党の批判をしていた、

  こりゃおかしいなと思って、色々見ていたのだけど、特に印象が強かったのが、民主党の枝野に、今回の選挙は土俵際にいると言わせていた点だった、

  
  それをいうならば公明党や自民党も、民主党と似た傾向があるし、維新の会は市長選で全滅したのだから、どこも似たような所はある、それなのに枝野にそういう発言を強要していたのは、一体なぜなのだろうと考えていた、


  そこで気づいたのが、今回の統一地方選をどのように報道するかは、最初から決まっていて、それに合わせて情報を集め報道をしていたんだなということで、

  だから、それに合わない部分を叩いていただけではないか、ということに気づきました、


  今回の選挙では以前も書いたけど、自民党は候補者を立てすぎて潰れている所が多く、実は一番負けている政党でもあった、

  ただ候補者の数を多くしたことと、当選できそうな人に追加で公認をしたので、その結果当選者を増やすことができた、


  客観的に見れば、こういう意見をいうのが妥当なのに、こういう発言をしたメディアは一つも存在していなかった、

  全体の論調は、自民党が勝ち、共産党も勝って、民主党が大きく負けたという形にしていて、それ以外の意見や情報は、全てマスコミが遮断をしていた、


  つまり、マスコミは情報の提供をしているのではなく、ドラマづくりをしていたわけで、演出のために結果をねじ曲げていた所があった、

  これは検察の調書問題や、小沢氏に起きたことと同じで、マスコミの作ったストーリーに合わせて、現実を捻じ曲げることをしていて、しかもそれに気づいた人は殆どいなかった、


  日頃政治論を偉そうにいっている人も、全員がこの理論にひっかかっていて、日本人はダメな民族だなと思ったのだけど、


  そんなことを感じましたが、今の政治では小沢氏は事実上何もできないわけで、既得権にとって邪魔なのは民主党に変わっている、

  つまり民主党を悪くいうプロパガンダが強くなりつつあり、そういう傾向に対する警戒が必要だ、

  民主党が悪いならば悪いといえばしい、しかしマスコミに踊らされて意味不明なことをいっていれば、国家は破滅に向かうことになる、


  以前も書いた覚えがあるけど、以前とは日本の政治状況は変わっている、1~2年前に成立した政治論の殆どは、現状では成立していない、

  そしてその変化によって起こっているのが、民主党への既得権の攻撃で、その点は注意をしないといけない、


  更に問題になっているのは、小沢氏の支持層がそのプロパガンダの主体になっていることで、ああいう支持者は狂信的に信じているので、この手のプロパガンダに簡単に引っかかってしまう、


  そういう点は気をつけた方がよく、古賀氏が紹介したガンジーの言葉ではないが、他人に自分を作りかえられてはいけない、マスコミのプロパガンダに乗るのは下策だと、そういう考えは必要でしょう、


  (そういえばこれは5月2日の分だった、5月1日に出してしまったな、まあどっちでもいいのだけど)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR