01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

明日は我が身と思って投票をしましょう、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  今日は投票日ですね、最近は期日前投票が多いので、以前ほどは当日に投票する人は多くないようですけど、

  今回の選挙は地方選挙ですが、そういう選挙である分、自分の投票が結果に影響を与えやすいので、投票はしておいたほうがいいです、


  それとタイトルにも書いていますが、今の政治とか選挙は明日は我が身、そういう感覚で行ったほうがいいと思います、
 
  実はそう思わせることが最近起きていて、少し前にある程度若そうな人が、自転車に大量の荷物をかけて行動しているのを見ました、

  
  最初はなんだろうと思ったのですが、よく考えるとホームレスの人だったわけです、

  私の住んでいる所はただの住宅地ですから、別に人が多いわけでもなければ、商業地でもありません、

  そういうところに若いホームレスがいるなんてことは、生まれて初めてみました、

  東京の駅とかではよく見かけたのですが、まさかこんな田舎にそういう人がいるとはと、ちょっと思ったのですね、


  それが今の時代の現実なのだと思います、日本はもはや豊かな国ではなく、誰もがホームレスになるリスクを背負った、非常に危ない国に変貌している、

  若い人はブラック企業で働いて、もしそれが上手く行かなければホームレス、

  年配の人は年金をもらっているかもしれないけど、なにか病気になれば生活が破綻して、すぐホームレスになる、


  生活保護とはいうけど、生活保護は最近条件が厳しいから、もらえないことが多い、

  そういう環境でこれから、政治が混沌としていき、国民の負担を強いる世の中になった時に、自分が生き残れるかどうかということを、少し考えたほうがいいと思う、


  昔は貧しい人はごく一部で、ホームレスになるような人は特殊な人だけだ、そういうイメージがありましたけど、

  今はだれでも簡単に貧困者になり、そしていつでもホームレスになる時代に入りつつある、

  もちろんそれを避ける事は可能なのだけど、それを避けるためには国民が適切な判断をする必要がある、

  
  これから自民党の政治は、戦争や社会的弱者たたきをするだけになり、普通に暮らしている人は地獄を見る可能性がある、

  ただのサラリーマンが貧困で困ったり、会社で働いたら簡単に過労死する時代になる、それが今の政治ですから、ある意味命を奪われかねない危険な状態にある、


  今までは貧しい人、困っている人は、その人が悪いんだ、私は関係ないんだと言ってきた、

  多くの人はそう生きてきたけど、このまま行くと一億層貧困時代になりそうなので、誰もがホームレスになりうる時代へ変化していくでしょう、


  アメリカでもホームレスは一般化しているけど、ああいう社会をもっとえげつない形で行うわけだから、誰かがひどい目に合うことになる、

  ロシアンルーレットのように、必ず誰かは犠牲になり、貧困の中で暮らすことを強制され、場合によってはこの世から消えるでしょう、


  多くの人が平穏に暮らせる時代が終わりつつあり、そういう世界に向かわせているのが、いまの日本の政治ですから、

  それを放っておくリスクを考えて、投票をしてほしいなと思います、
 

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR