01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

世界中で言論弾圧をするアベ、糖尿病化する日本の株式システム、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    今回の統一地方選の投票について


  今回の選挙は非常に重要なものだといわれていますが、中には投票日に用事がある方もいると思います、そういう方には期日前投票をお勧めします、

  期日前投票とは投票日に何らかの予定があって、投票時にいけない人のためのものですが、実際はそんなに強い制限はないので、誰でも利用することができます、


  投票の方法は各自治体により変わりますが、基本的は自分のいる地域の役所にいけば可能です、

  市に住んでいるなら市役所、区に住んでいるならば区役所と、それぞれ自分の住んでいる地域の役所にいけば利用できます、


  利用する時は簡単な書類を書く必要があリ、また、投票のはがきで貰った券が必要になります、
  
  書類には名前と住所などを記入し、なぜ投票日にいけないかの理由を書きます、

  ただし理由といっても該当する欄に丸を書くだけなので、特にどういう理由なのか書く必要はありません、

  ですから特に理由がなくても、そういう欄に丸をつけておけば利用できます、

  さらに投票の券が手元にない場合でも、身分証明ができれは投票は可能です、


  期日前投票を利用すれば、日曜日に出かける用事があったり、家族サービスをしたい時に時間を取られずにすみます、

  折角の日曜日に選挙に行くのが面倒だという方は、期日前投票がオススメです、
 
  詳しくは地方役所、もしくはホームページで確認してください、





    どうもこんにちは、


  今日も選挙なので書いてみますが、2日に一度のパターンは書きづらいですね、

  ネタそのものはあるのだけど、こなれていないというか、よくわからない状態で書いてしまうことがあるので、それが欠点かなと思っています、


  それはともかく何書いてみると、最近政府によるマスコミへの弾圧が強まっているようだ、

  聞いた話では報道ステーションに、名指しで文章を送っていたことが分かり、それが問題になっていた、


  その内容は報道は中立であるべきだという話で、特に問われていたのが日本経済が富裕層のみが儲かる形になっており、そういう報道は避けるべきだと命令をしていた、

  しかしその報道が間違っているとはいえず、アベのやっているのは金持ち優遇のペテン経済なのだから、金持ちしか儲からないはのは事実である、

  
  例えばアベの政権になってから株価はずっと上がっているが、国民の所得はずっと下がっている、

  大体に2年間ずっと下がり続けているのだから、金持ち以外にはメリットがない政権なのは誰の目にも明らかであろう、

  その報道を批判するのは、それが事実だと認めているわけで、国民に事実を知らせるメディアは潰すべき、というのアベの考えなのだろうな、


  他でもアベのやつは海外のメディアにも圧力をかけていて、いろいろ嫌がらせをしているようだ、

  今の日本のメディアはアベマンセー報道が中心だが、海外のメディアは危険な国という報道が殆である、

  日本を平和な国だと伝えているメディアは少なく、異常な極右の狂った国というイメージで報道するのが一般的だ、

 
  そういうと韓国や中国だけが、そういっているのではと思うかもしれないが、どちらかと言うと韓国や中国よりも、アメリカやヨーロッパでそのような報道がされることが多い、


  欧米の歴史では危険な独裁者が生まれた問題を、反省する考えが強くあるので、国家の異常に対しては敏感に反応する、

  そのため日本の異常性についても細かく報道しており、アベの精神が狂っていることも、毎日のように報道されている、


  そういうギャップが最近強まっていて、そのような報道が国内に伝わると困ると考えた、アベとのその周囲の連中が、今度は海外メディアに圧力を加えるようになった、

  アベがやったのは海外メディアの会社に、記事の修正を認めるように圧力を掛けることで、実際に役人を派遣したり、会社の人を役所に呼んで注意をしていた、


  まるで北朝鮮のようだが、これは事実でありかなり大規模に行われているらしい、
 
  その問題を海外メディアが報道し、日本のマスコミの異常性と、日本政府が狂ってきていることについて、非常に危ないと警笛を鳴らしている、


  日本のマスコミはこういうことを一切報道していないが、海外メディアではよくいわれることらしく、段々と日本政府は異常で頭のおかしな組織だと、思われ始めているようだ、


  アベみたいな基地外がいれば、そりゃあ日本政府も基地外になっていく、わけだけど、

  こういう傾向が日本の進んでいる道であり、日本はオウム真理教のような狂気と狂信者の集まりになって、気が狂って絶滅するでしょう、


  次に、株価が上昇したという話があるね、これでまた政治のことを知らない人達が、アベマンセーといって国を滅ぼすことになりそうだが、

  まあ株価そのものは上がることは確定していたし、公的資金を大量に投入しているのだから、それは上がるだろうな、


  ただし株価が上がるからといって、景気が回復したり、自分の生活が良くなることはまずない、

  実際何度も書いているけど、アベ政権になって株価は上がったが、一度も国民の所得は増えていないわけで、

  株価が上昇した分だけ、国民が貧しくなっているのが現状である、


  それがなぜ起こるのかということは、いままで何度か書いた覚えがあるけど、経済成長が起きない状態で、経済を発展させる時は富の偏りが必要である、

  富を偏らせることができれば、富裕層は株式などに投資を始めるので、金融バブルが発生し、経済指標は良くなる、


  ただしそれは表面的な変化であり、実態は社会の崩壊を招くので、中長期的には経済は破綻することになる、

  例えば今の少子高齢化は、そういう経済政策の結果生まれたものであり、ある意味資本主義の生んだ公害のようなものである、


  だからいまのような世の中で株価が上がることは、非常に危険なことであって、社会的な崩壊を引きをこす可能性がある、

  なぜかといえば、富の偏りによって株価を上げる場合、貧困層を急激に増やしてしまうからだ、


  いまアベのクズは株価をインチキで上げているが、このように株価が上がるためには、多くの貧困層が必要になる、

  わかりやすくいえば低所得者層や、ホームレスの数が増えないと、株価を上げることは出来ないのだ、
 

  つまり株式のような金融の膨張は、今の時代においては貧困の逆作用のようなものであり、景気が良くなったという意味は殆ど存在していない、

  実際株価が上昇する時は、貧困層も増加していることが多く、貧困と金融の膨張はほぼ同じ意味を持っている、


  90年代までの株価の上昇は、経済発展によって生まれた資金の余剰によって起きていたが、いま起きている現象は貧困層を増やす政策によって、彼らか取った金を使って株価を上げているだけである、


  金融というのは本来は不要な存在であり、過剰な富をコントロールするものであるから、過剰な富が存在しない状態では活発化しない、

  だから、いまの日本のような過剰な富がない状態では、実体経済や社会破壊をして、金融の膨張をするしかないのである、


  いうなれば、金融は人の脂肪のようなもので、実体経済や社会は筋肉のようなものだ、

  多くの富を過剰に生む時代ならば脂肪が増加して、それが金融的な膨張として現れる、


  しかしそういうピークを過ぎてしまうと、脂肪がほとんどなくなってしまい、必要最低限の筋肉しか残らなくなる、

  そういう状況で金融の膨張のようなことをすると、今度は筋肉を構成している成分を破壊してしまうので、ガリガリに痩せ最後はガイコツになって死ぬことになる、


  それが今の日本経済の正確な見方だといえ、戦後や冷戦時の経済論が破綻している状態では、このような見方をしないと状況の判断をすることはできない、


  そういう傾向が強くあるのだけど、残念ながら多くの人は昔の経験則で、経済や金融の問題を考えてしまうので、株価が上がることを経済の成長だと錯覚をしてしまう、

  実際は株価などの金融の膨張は、国家の衰退を招く危険なものになりやすく、最悪国を滅ぼしかねない問題になるのだが、それを理解することができない、


  私は別に変なことを言っているわけではない、ただ単に事実を述べているだけだ、

  例えば、例えばアベのやつが原因で株価が上昇した時に、国民の生活は一度でも良くなったのか?、給料は一回でも上がったのか、もしくは上がったとして物価の上昇よりも高かったのか?、そういうことを考えて見ればいい、


  これまで一度も国民は豊かになっていないのに、株価だけがどんどん上がっていくということは、国民が貧しくなったから株価が上がっただけでしょう?、それ以外の解釈をすることは不可能である、


  さすがに、二年もずっとそういう状況が続いているのに、そうではないというのはさすがに非現実的な妄想というしかなく、株価の上昇は国民の貧困によって生まれていると見るのが妥当だといえる、


  そして、これからも金融が膨張し、株価の上昇を国民は評価するならば、国民は半永久的に貧しくなるしかない、

  そういうことがずっと続いたらどうなるか、というのがこれからの日本人の進んでいく未来になる、


  多分だが将来的に金持ちは日本を捨て、搾取した金の回収にだけに立ち寄るようになり、

  そういう連中に支配される、奴隷国家としての将来が待っていると思う、

  
  金融は薬にも毒にもなるものであり、資本主義にもそういう意味は強くある、

  それをよく考えず、株価上昇ばんざい、アベマンセーと言っているのがいまの日本人ですから、
 
  いずれ有り金を巻き上げられて、生活が破綻をしていき、最終的には多くの人が死ぬことになるでしょう、



  (今の状況はある意味においては甘いモノを食べると病状が悪化する、糖尿病患者に似ている気がします、
   
   豊かさといわれるものが、自分の身を滅ぼす意味に変化をしている、そういう自覚を持ってコントロールをするべき時に、暴飲暴食をしたらどうなるか、それが日本の未来になるでしょう、)

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR