01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

沖縄弾圧のアベ、日本を滅ぼすアベの我が軍、中国インフラ銀行によって滅ぶ日本、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は暖かくなりましたね、まあ寒いよりはいいのですが、なんとなく暑くなりそうな気がします、


  この頃は暑いか寒いかしかないので困るのですけど、それはともかく何か起きているかな、

  調べたところ特に変化は起きておらず、アベの基地外がまだ生きているようだが、このゴミはいつくたばるんだろうな、


  ゴミの焼却処分はまだのようなので、なにか書いてみると、沖縄の話が出ているね、基地問題のことか、

  沖縄の基地建設は進み始めていて、それに対する反発も強まっている、

  特に政府の方針と沖縄の方針の違いが大きく、また政府が沖縄に説明していた話には違いがあり、その点も批判を浴びるようになっている、


  そのため結構色々な問題が起きているようだが、それに対してアベのクズは方向を変える気はないようだ、

  こいつは権力の犬のゴミだしね、この馬鹿がまともな意見をもつ可能性はないが、そういう方向性があるので、かなり抑圧的になってきている、


  沖縄の基地問題で重要なのは基地の工事に対して、誰が権限を持つのかということだ、

  一般的には沖縄が当事者なので権限を持つが、大雑把な意味では国にも権限がある、


  そのため具体的な形としては沖縄が基地問題を、どうするか決めることが出来るのだけど、それをある程度政府の方針でずらすことが可能になっている、

  今起きている基地問題は、そういう形で起きていて、具体的な停止措置を考えてる沖縄側と、それを防ぎたいアベの基地外側になっている、


  そして現状では沖縄は停止措置を出しているが、それが出る前に時間稼ぎをするための方法をアベはやっている、

  その時間稼ぎをしている間に工事を進める予定らしいが、それがどうなるかということかね、


  沖縄の民意はこのまま行くと激しい対立を招くことになり、政府の方針を全く無視する形になるおそれがある、

  それでもアベの基地外はやめることはないだろうが、基地外対沖縄の意味不明な闘いが、これから起こることになるでしょう、


  次に、アベのアホが我が軍と言った問題は大きくなっていて、色々な問題を引き起こしているようだ、

  腰巾着の菅官房長官が、相変わらず問題がないといっているけど、問題はあるんだよな、


  そもそもアベのアホが言ったことの問題は、憲法を無視していることで、憲法の規定では軍隊は持てなくなっているから、自衛隊を軍事力をして認めることはできない、


  よく知らない人だと、自衛隊が存在しているのだから、自衛隊は軍隊ではないかと思うのだけど、

  自衛隊は例外的に認められているだけで、憲法に違反している存在であることは明らかであり、かなり特殊な例として容認されているに過ぎない、

  だから自衛隊は軍隊ということはできないわけです、


  そういう問題に対しては、憲法を改正して軍隊の形にするべきだ、という意見はあるし憲法を改正したのならば、自衛隊を軍隊ということには何ら問題はない、

  しかし現状では憲法改正は行われておらず、自衛隊を軍隊と認めることは法的に許されていない、


  まあ個人的に思ったり、発言することは別にいいのかもしれないが、国会の場で発言をしたのは、公的な発言であり罪が重い、

  特に総理がそういったということは、政府の公式発言になるのだから、政治的な責任になるのは当然である、


  それに対して自民党のクズ連中は、戦争をして金儲けをしようとしている、ゴミクズしかいない組織なので、アベマンセー、戦争バンザイみたいな意見しか出ていないようだ、


  ほんと腐った組織だけど、大臣も、官房長官も、総理も、自衛隊は軍隊であると公言をし、わが軍隊といっているのだから、連中にとっては自衛隊は私兵の一部なのだろう、


  沖縄のこともそれと関わってくるのだけど、なんでアベのクズが沖縄に軍隊を置きたがっているのかというと、沖縄を抑圧するための軍事力が必要だと考えているからだろう、


  つまり沖縄に基地を作ろうとしているのは、自民党による沖縄への弾圧であって、私的制裁をするために、自衛隊の基地を作ろうとしているわけだ、

  沖縄の基地には大量の自衛隊が派遣されるといわれる、そういう連中は沖縄県民を殴る蹴るの暴行を加え、金を盗む気なのだろうな、アベの屑ならそうするはずだ、


  ともかく、アベの我が軍発言は、自民党の党としての方針であることがわかり、自民党が自衛隊を私兵として利用する考えがあることが、明確になった事実だといえよう、


  そもそも自衛隊は軍隊ではないのだし、そういう憲法の問題を一切考えずに、我が軍というのだからこいつらの精神は異常というしかない、

  それでも、アベマンセーという日本人が多いので、日本は北朝鮮のような国になって、皆殺しにされるでしょう、


  後は、中国の国際銀行の話が変わってきているね、韓国も正式に参加をすることを決めたようだ、

  北朝鮮も入ったら、日本だけハブられる事なりそうだが、これかどうなるかだね、


  IMFなどの国際的な金融制度は、アメリカが支配する経済システムのためのものだった、

  そのためアメリカの意向を強く受ける性質があり、アメリカに反する行動は取れない事が多くあった、


  IMFのような制度ではアメリカは神であり、絶対君主として君臨していたので、参加している国家は、それに従うしか方法がなかった、

  しかし今回の中国の銀行によって、その形が変わる可能性が高まっている、


  中国の作ろうとしている銀行は中立性を重視していて、特に中国が特権を持てるものではないらしい、

  例えばアメリカが参加した場合は、アメリカに強い権限が移るような、そういう制度を考えているようだ、


  日本も参加できていれば、大きな権限を持つことができたのだろうけど、アベの基地外のクズのせいでその可能性はないようだ、

  ホントアベのカスは経済損失の塊であり、多くの人を不幸にするゴミでしかないが、


  アベのクズはどうでもいいのだけど、中国がやろうとしているのは、中立的な金融システムであり、欧米のやっていた恣意的な制度を改めようとしている、

  不思議なことだが、中国は経済や金融に対しては、中立性を重視する考えが強くあり、偏りの是正をすることが大事だを考えることが多い、


  中国人は案外理性的て、感情論を嫌う傾向があるので、日本人とは考え方が真逆である、

  そのため今回のような事に対しても、多分ドライな計算があって、必要性から対策を考えたのだろう、


  それが中国が作った国際銀行であり、その権限は出資した国が強く持つようにして、特定の国が強い権限を持てないようにしている、

  まあ逆にいえば、そういう中立的なシステムが強くなれば、アメリカを中心にした恣意的制度への攻撃が可能になる、という読みもあるのかもしれない、


  いわれてみればそうだけど、国連などの国際的な機関は、欧米諸国にとって有利になっている、

  例えばイスラエルは何をしても処罰されないが、それはイスラエルが欧米と太いつながりがあるからだ、

  
  そういうインチキシステムが国際的に構築された上で、国際的な社会構成を考えてみると、その制度がもしかすると人類の衰退を生んでいるのかもしれない、と見ることもできる、

  だから中立的なシステムへの需要が高まっており、中国はその利益を計算した可能性はある、


  たしかに、今の世の中で必要なことは中立性であり、欧米に依存しない国際的な制度の構築が重要になっている、

  人類の衰退は欧米による抑圧が原因で起きており、冷戦が終わって立場を失った欧米諸国が、身の保身に諸外国を弾圧したことが、今の世の中の衰退の原因といっていい、


  その是正を中国が言い出すとは、時代の移り変わりを感じますけど、

  今の世の中を見る限り、状況の好転や社会変化を考えているのは、中国だといえる、

  日本はアメリカの犬として、人生を終えるしかなく、アベマンセーなどといっている人が多い、現実を見れないおかしな民族では、明日がなくてもしかたがなかろう、


  そういう現状があるようだが、中国の銀行が軌道に乗れば社会は変わっていき、日本はアメリカの犬として、崩壊していくことになるでしょう、


  (タイトルを見返してみて思ったのですが、どう転んでも日本は滅ぶんですかね、まさか二回も「滅ぶ」と使うとは思わなかったな、)

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR