01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

金を盗んだアベのNHK会長、法律の存在しない日本の軍事化、イスラム国に狙われる日本人、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  今日は天気が良いですね、これからまた寒くなるらしいけど、その後桜が咲いたりするのかな、


  そして桜の後にむしが大量に出てきて困るのですが、それはともかくなにか起きているか、

  ふーむ、今日はこれといってネタはないね、一応あるにはあるのだけど、これまでに殆ど書いてしまって、それが少し変わった程度だから、なんとも書きづらいです、


  じゃあNHKのハイヤー事件について書いてみますか、アベ下僕のNHK会長が金をネコババしようとした、

  こいつは遊んでばかりいる能なし経営者で、以前会社を潰し無能であることを証明していたが、

  その無能さをアベが気に入り、同じバカ同士協力関係を築くことになった、

  しかしこのNHKの会長も安倍と同じく利権屋の屑なので、人の金を盗むために会長になったやつだから、公金横領のようなことをした、


  こいつがやったのは個人的な遊びでゴルフに行った時に、そのハイヤー代をNHKに支払わせていたことだ、

  私企業ならば会長が会社のカネを使うことも、ある程度は許されているかもしれない、


  しかしNHKは公的な機関であるし、実質税金で運営されているようなところだから、そこの会長が勝手にカネを使うことは許されていない、

  いわば税務署の所長が勝手に税金を使い込んだような問題で、重大な犯罪行為だといえよう、


  それに対してだが、その利権会長は最初の頃、隠蔽をすればごまかせると考えていて、金を支払う意志を全くしていなかった、

  しかしその後、監査をするところが問題視をするようになって、勧告が会長のところまで届くようになった、

  そうしたら慌てて金の支払いをした、つまりこいつはカネを払う気が全くなかったことになる、


  その問題を国会で追求されることになったが、結局言い訳を繰り返してまともな答弁をしていない、

  その結果今度は野党が会長の辞任決議を出すといい始めて、その話が進みつつある、


  またNHKではクローズアップ現代で、ヤラセがあったという話題もある、

  実はNHKなどの報道番組ではヤラセが多いといわれ、ネットではそういうヤラセ情報がよく書かれている、

  
  NHKがやっていたのは、特定の報道番組の出演者が実は役者で、実在の人物ではなかったことが問題視されている、

  このようなことはよく行われていて、民放でも役者を一般市民のように登場させて、さも普通の人が発言をしたように見せるシーンがある、

  そういう発言をする時は大体政府にとって都合がいいものが多く、マスコミ関係者が役者を雇い、ニセの国民を仕立てあげて報道していることは、少なくないようだ

  
  そういう問題がNHKでも発生しており、いろいろな批判が強くある、

  しかし政府は対応をする気はなく、隠蔽工作をしてごまかす予定らしい、

  外国の場合は基本的にメディアを信じないので、メディアの影響は実はそんなにはない、

  アメリカであってもメディアの影響は小さく、途上国でもメディアを信じている国は多くない、


  だからこんなインチキをしたら、すぐに国民が反発をするのだけど、日本人はテレビマンセー民族なので、マスコミが報道しなければなにもしないだろうな、

  ただNHK会長は、あちこちで誹謗中傷を繰り返している頭のおかしい人間であるから、それに対する批判はこれからも続いていくだろう、

  そういう傾向がどうなるかというのはあるでしょうね、


  次に、アベの基地外とその周囲の異常者が、軍事化を進めているようだ、

  アベの基地外がやっている軍事化の問題は、以前から書いているけど法的な制約がない問題点がある、


  例えばアベのアホは集団的自衛権の上に、軍事論を組み立てようとしているが、そもそも日本には集団的自衛権は存在しない、

  集団的自衛権は憲法9条が否定をしているので、日本にはその権利はない、

  もちろん憲法改正をすれば別だが、憲法改正をしていない状態では集団自衛権はない、


  それなのにアベのクズは集団自衛権があると閣議決定をしており、この時点で違憲状態にあるので、それをさらに進めていくとこの国の法治国家体制が、大きく揺らぐことになる、


  この手口はナチスや戦前の軍部に近いものだが、まず曖昧な基準で軍事化を進めることによって、そこから無制限に軍事化が出来るようにしている、

  以前書きましたが軍事とは抑制をしていれば安全なもので、よほどのことがなければ危険な問題になることはない、

  しかし今のやり方では、軍事の抑制が出来ないので、軍事独裁をすることも可能になっている、
 

  例えば今のアベがやっているように、内閣の決議で憲法を改正できるならば、自衛隊が国民を殺すことも、内閣の決議で決めることが出来る、

  また、国民の資産を没収することも、内閣の決議で出来るわけで、これでは法治国家として崩壊することになる、


  今の政治システムが異常なのは、内閣の決議が憲法よりも上位にあることで、内閣の決議があれば、憲法をいくらでも無効化出来る点で異常性がある、

  そうなっているのはアベが馬鹿の基地外だからかだけど、この頭のおかしなアホは、国の制度とかを理解できていないのだろう、


  ともかく、今のアベがやっている軍事化は、法的な制約が全くない軍事化を行っているので、極めて危険である、

  普通に暮らしていると、普通に軍事化をしているのではと思っているだろうけど、今アベのやっているのはそもそも憲法違反であり、法的な論拠は存在していない、


  そういう法的論拠のない集団自衛権で、軍事化を進めていくのだから、軍部によって都合がいいように法律を作ることができるし、その法律は憲法の制約を一切受けないことになる、

  この形で軍事化を進めていくのだから、最悪北朝鮮のような国になる可能性はあるだろう、


  これが日本の崩壊の一つの方向性で、テレビを見ると普通のことに思えるけど、

  実はいまアベがやっている軍事化は、法的な制限が一切ない軍事化なので、国民を弾圧したり殺すような軍事化に進む可能性もある、

  そこまで行くかはわからないが、そういうことも可能なことをしている点は、注意をした方がいいでしょう、


  後はチェニジアでテロがあったようだね、他の地域でもさっきテロがあったと聞くが、段々とテロリスムの拡大が起きているようだ、
  
  アベのクズあたりは喜んでいるだろうな、金儲けのネタが出来たからね、


  カスの話はどうでもいいけど、チェニジアのテロでは観光客が狙われたらしく、後でイスラム国からの犯行声明がでたようだ、

  ただイスラム国は複数のグループに分かれていて、テログループが勝手に名乗っていることもあるので、実態は誰がやったのかはわからない所もあるけど、ひとまずはイスラム国がという話しらしい、


  今回のテロは観光客を狙ったものであり、豊かな外国人を標的にしたものだった、

  世界的な貧困問題が大きくなっているので、それがテロの温床になっている面はある、


  そして中東の場合テロとの戦いや、アラブの春で崩壊した国家か多いので、その影響でテロリストになった人もよくいる、

  今回の件ではチェニジアでも同じようなことが起きて、数千人がテロリスト組織に入ったといわれるが、そういう人たちの活動もあるようだ、


  今回の件は後藤氏のことと関係があるかはわからないが、「反イスラム国」国家を狙ったものかもしれない、

  豊かな人間だから狙ったという意見もあるが、外国人だから狙った意味もあるだろう、


  今回の件ではたまたま日本人がいたように思われているけど、相手からすれば日本人を狙った可能性もあり、後藤氏が殺害された時にいわれていた、日本人へのテロが具体的に行われるようになったのかもしれない、


  テロリズムというのは社会問題であり、実態は軍事的な問題ではない、

  それを軍事的に解決しようとするから拡大するのであって、方向性の転換をする必要があるのだが、アベみたいな基地外がいるのでなかなかうまく行かない、


  テロというのは人体でいえば炎症に近いもので、そこを引っ掻いたり叩いても治ることはなく、自然に治癒をする方法を考えることが重要だ、

  そういうスタンスで対応することが、テロとの闘いになるといえ、アベのアホがやっているようなことをすれば、テロリズムは拡大し多くの人々が死ぬことになるだろう、


  その中には当然日本人も含まれ、アベのテロとの戦いで殺された人々が、世界のあちこちで、今後は日本人を殺しにくるでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR