01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ差別主義者の沖縄犯罪、株価上昇によって起こる不幸社会、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  最近国会が開かれてないので、あまりいい話題がないのだけど、下村のクズはなぜ辞めないんだろうね、こいつはただの犯罪者なのだが、検察も動かない、日本も終わっちまったのかもしれないけれど


  ともかく何か書いてみるしかないのだが、、では沖縄の基地問題でも書いてみるかな、

 沖縄の基地問題は非常に大変な事態になっていて、毎日のようにけが人が出ている、


  沖縄で活動しているアベの下僕は、差別主義者の屑の集まりばかりで、沖縄の人を毎日殴っては楽しんでいるようだ、

  ゴミクズアベらしいお仲間連中であるが、ただ以前に比べると工事は難しくなっているようで、アベの犬達も以前ほどは人を噛まなくなった、


  沖縄の基地問題というのは、結局軍事利権の問題でもあり、金が原因で起きているものでもある、

  沖縄の辺野古で作ろうとしている基地には、数兆円の費用がかかるといわれ、またそのために移動する米軍の費用も、同じくらいかかるといわれている、

  その費用は全て国民の負担になるのだけど、その利権をあさりたいと考えているのが、アベや自民党の連中である、


  だから基地建設を強引に進めているわけで、戦争をしたいいともあるが、もうひとつ基地建設に関わる利権のために、行動している意味もある、

  そのため連中は非常に暴力的であり、海上保安庁とはいっているが、実態は暴力団に近い連中だと見ていい、


  そういう暴力団の一種になってしまった、海上保安庁の差別主義者共は、毎日沖縄県民を殴って殺そうとしているが、

  ただあまりに殴りすぎて、本当に死にかける人が続出し、多分20人位現状で死にかけている、

  抗議をしている人は女性や高齢者が多いので、そういう人に殴る蹴るの暴行を海上保安庁が加えているで、その影響で入院するような方も増えてきている、


  しかしそういう暴力行為を長期間繰り返してきたので、沖縄県民がそのことを知ることになり、県をあげて対立をするように変わってきた、

  今の沖縄知事は正直怪しいところのある人物だが、県民の声を聞いて反対活動をするようになり、だんだんと反対の姿勢を強めつつある、

  それに対してアベの基地外内閣は、一切会わないとか、沖縄はおかしいといっているが、そういう差別主義的な考えが、返って互いの対立を強める結果になっている、


  このような方向がこれからも続いていくので、沖縄の問題はかなり過激な話に変わってくるだろう、

  沖縄基地問題の根底には、沖縄に対するアベ自民の差別思想があるわけで、自民党の支持者は沖縄県民を土人といって差別することが多いが、そんな連中と分かりあう方法などないのだろう、


  この問題は、千葉の成田空港の抗争と似ている話に見えるが、多分もっと激しい沖縄民族と日本民族との争いに変わっていくでしょう、


  次に、株価の上昇が起きているね、なぜ起きているのかよくわからないが、奇妙なものだな、

  アメリカの株は下落傾向があるのに、日本だけは上昇をしている、また通貨安というほどではない、

  確かに企業業績が改善する余地はあるかもしれないが、それは悪くなった分が戻る程度で、良くなるというほどではないだろう、


  そう考えると上昇する理由が見当たらないのだが、なぜ上昇するんだ?、
 
  可能性が高いとすれば4月の統一地方選だろうか、

  本来この時期は税金の関係か、株価が下がりやすい時期だった気がするけど、どういうことなのだろうか、

  
  あるとすれば政治的配慮だろう、

  例えば今株価が下がっていれば、政治と金の問題を厳しく問われていたはず、

  特に最近は自民党の支持が下がってきているから、そこに株下落問題が起これば大きなリスクになる、


  更にいえば株が下がらなくても、それは話題にならないという点で損になるわけで、つまりここで株価が上る必要があるのは、自民党だけだということになる、

  そう考えると意図的に株価の上昇行っていて、インチキ相場をしている可能性が高いが、さてどうなるかだな、


  株式は正直なところ、株式ビジネスにすぎないから一般的な意味は無いし、好きな人がやればいい程度のものだと思っている、

  社会的価値も殆ど無いしね、趣味の一種でしかないと思っているけど、


  株価に対する操作は以前も行われていて、株価が下がるタイミングで政府が資金を投入し、株価の下落を下げるようなことをしていた、

  株というのは感情論で動くので、株価が下がるイメージが強くなれば、それがさらなる下落を生むことがある、


  アベはそういうタイミングで、株式に公的資金を大量に投入していて、無理やり引き上げていたのだが、度々そういうことを繰り返していたので、日本の株式はおかしいと、海外から指摘されることがあった、


  今起きているのもそれと同じようなものだろうが、今となっては株式なんてのは価値はないし、経済や社会とも何の関係もない、

  実際アベ政権になって株価が上がるほど、国民の生活は悪化しているのだから、株式システムの社会的な価値など、1%も存在してはいないだろう、


  そういう意味でいえば、日本の株式が上昇することはリスクでしかなく、株価が上昇しているということは、これから日本人の未来は暗くなる、そう考えていいと思います、


  (明日はネタがなかったら休むかもしれません、ネタがないとどうしようもないもので、)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR