01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

馬鹿と自由を履き違えるアベ、インチキ株式市場、アベの沖縄弾圧、盗人下村大臣の隠蔽工作、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日もなぜか書くことになっていることのブログですが、私も一応やることは結構あるんですけどね、おかげて予定がズレまくりです、

  というわけで一日も早く下村を始末したいものですが、最初に下村の始末話を書いてもいいのだけど、ちょっと別のネタを書いてみますか、


  アベといえば基地外アホとして有名だけど、このアホがまたアホなことをいったらしい、

  アベは知能のかけらのない屑なので、いつものことだけど、こいつは番組に出て、その番組の構成について文句をいったらしい、


  この馬鹿自分が総理だという意識がないんだろうな、でまあその批判を浴びたら、あれば自分の言論の自由だといっていた、言論の自由とは関係ないだろうに、馬鹿なやつだ、


  言論の自由とはわがままをいうことではなく、自由とは本質的由来を考える、という言葉の意味なのだから根源的な意味が必要だ、

  つまり首相ならばどのような考えを持ち、それを自由として行うべきなのか、そういう行為こそが言論の自由といえる、


  そのような観点がある上で発言をするのならば、それはある程度好きにしてもいいのだけど、アベみたいな知能の足りない馬鹿では、そんな対応をすることはできない、

  だからこの馬鹿は、テレビに出て自分が気に入らないと、番組の途中でも文句をいい、そしてそれを言論の自由とかいうわけだ、知能のかけらのないアホだが、

   
  ほんと気持ち悪いゴミ人間だけど、なんでこんなアホを支持するアベマンセーがいるのかと思うけど、


  ともかく、アベの馬鹿がマスコミに対する圧力を言論の自由と言い出した、それは自由ではなくただの暴力なのだが、この馬鹿は知能がないので理解ができない、

  馬鹿につける薬はないということだけど、こんな気持ち悪いアホが生きている国に明日はないでしょうな、


  次に最近株価が上がっているけど、それがインチキであるという報道が出ている、

  少し前にニュースでやっていたものらしいが、日本の日銀や郵便局の資金を、大量に株式に投入して、株価の上昇を行っていたらしい、

  その金額は短期間に30兆もの資金を投入していて、株価が下がるのを防いでいたようだ、

  
  最近の経済指標を見ても景気が良くなったという情報はない、経済数値は下落する方向が強くあり、経済成長もマイナスになっている、

  そういう状況で株価が上がるというのは、経済指標してはありえない話であり、インチキなのではないかということは、よくいわれていた、


  以前はインフレ政策による、通貨安で株価の上昇を行っていた、

  民主党の頃は一ドルが70円位だったのだから、それを120円まで下げれば、株価は倍近く上昇する、

  自民党の政策で株価が上がったという意見もあるが、実際は通貨の下落で相対的に上昇したに過ぎない、


  またドルベースで見ると株価はほとんど上昇しておらず、最近の状況では株価は、ドルで見るとかなり下がる傾向が強くあった、

  多くの人は気づいていなかったようだけど、去年の段階で株価は下落をし始めていて、ドルで見た時は大幅に安くなっていた、


  そして通貨安による株価の上昇も不可能になってきたので、別のインチキ手段として公的資金の、株への投入をアベのクズが考えるようになった、

  残念ながら日本人は頭が悪いというか、物事を自分で考える習慣がないので、株価=経済状況と考える癖がある、

  そのため実体経済が悪化していても、株価が上がると景気が良くなったと錯覚しやすい、

 
  また今までは景気が回復すると政治的な支持になるので、株価だけを上昇させる手を使った場合にも、それが政治的支持になる形を持ってる、

  本来であれば株価が上昇するだけの異常性を、よく考えて対処をするべきなのだけど、日本人は単純なので、そのような判断をする能力はなかった、


  その結果が現在であり、アベの基地外が自分の身の保身のために、株式に公的な資金を投入するまで変わってきている、

  ある意味日本人が、日本の株式相場の異常性に気づけば、こんな事にはならなかったのだが、日本人はアベマンセーな人が多いから、日本がおかしくなっていることに気付くことがなかったのだろう、


  そういう流れがあって、本来であれば下落する局面で、株価の上昇が起きている、
 
  今の環境ではすべての投資家が、日本の株を売却しており、唯一購入しているのは公的機関のみである、

  よく考えて見れば、昔の円高是正のための資金導入も、一部企業の便宜をはかるためにやっていただけだが、今回も同じようなことになっている、


  こんなキチガイじみたことをしていれば、日本は確実におかしくなり、いずれ崩壊するだろう、

  人間の気が狂うのは、現実を把握できなくなるからであって、人間が悪くなるからではない、


  それと同じように、日本がおかしくなったのは、日本が悪くなったのではなく、日本人が現実を認識できなくなったことが大きい、

  そしてこの先にあるのが、日本の狂気と破滅であるのは、だれにでも分かることでしょう、


  後は、沖縄で基地建設の問題が起きているようだ、どうして起きたのかといえば株価が上がったからだろう、

  株価が上がれば得だと安易に考える人がいるけど、よく調べてみれば分かるが、不自然に株価が上がった時に、危険な政治的変化が起きていることが多い、


  つまり株価が上がるということは、一種の人身売買のようなものであって、国民の権利を奪うためだましとして、株価の上昇が起きていることを、よく考えておくべである、


  それはともかく、アベの基地外は沖縄基地の利権を漁るために、色々な暴力行為を繰り返している、

  それがあまりにひどかったので、さすがに非難を浴びるようになり、最近はおとなしくなっていたが、株価が上がった途端また暴力をふるうようになった、


  こうしてみればわかるが、株価の上昇=政治的影響力の増加=暴力政治、という図式が今は存在しているけど、

  沖縄の基地建設では、アベの手下が沖縄県民を殺してでも、工事をしようとしていて、今までも何人か死にかけている、


  アベの基地外に倫理観はないので、やつを始末しない限り今起きている問題は変わらないのだが、

  今回起きているのは、埋め立て工事用の調査である、

  この調査は県が正式にやめるようにいっており、そのやめるべきという意見を無視して行動している、


  今の沖縄で行われている建設は、前の知事が容認した計画であり、今の知事は建設を認めてはない、

  ただ一度認めた建設なので、止めるのが難しくはなっているのだが、以前も書いたように県が認めた建設と、国がやろうとしている建設では設計図の違いがある、
  
  そのため具体的な建設をする段階で齟齬が発生しており、実は建設そのものは中止にすることが可能になっている、


  現行の知事は基地建設派でもあったので、曖昧なところがあったのだが、度重なる暴力が続いたので、ある程度は動き始めているようだ

  その結果がどの程度のことになるのかはハッキリしないけど、基地建設を止めること自体は可能なので、後は沖縄全体の後押しが重要になるでしょう、


  最後に、やたらと長くなってきたが、下村の献金問題は末期状態に入っている、

  元々こいつのやったことは長期的な犯罪行為であり、最初から犯罪目的で政治家をやっていたことが、今バレたという問題である、


  以前こいつは、金と権力を得るために、塾経営を始めたと公言しており、そのために政治家になった人物である、

  そのため金に汚く、権力を得るためには犯罪行為をしても悪いと思わない、そういう異常性がある、


  ただ長年インチキ行為を繰り返していたので、さすがにバレてきたのか、今回は迂回献金を受け取るために利用していた、任意団体の問題が表面化してきた、

  こいつは一部の団体は政治団体として届け出ていたが、それ以外の複数の団体については、任意団体という形を持ち届け出をしていなかった、
 
  そこから数千万円の金を引き出していたらしいけど、それが不自然ではないかという指摘を受けている、


  こいつはアベの基地外仲間であり、竹馬の友であり、ともに泥棒である点もよく似ている、

  権力と金に汚く、倫理観がなく学識もなければ、人間性もない、自民党によくいる人間の屑である、


  そういうグズ人間なのだけど、多額の違法資金を意図的に集めるために、任意団体を作ったのはいいのだが、その関係者を騙して利用していたので、関係者が怒り反発を招いている、


  下村の任意団体に資金を渡した人は、会費のようなものだと思っていたらしく、政治資金として払っていたとは思っていなかったようだ、

  しかし実際の処理は政治資金として行われていたので、その反発から関係者が、何があったのか証言するようになっている、


  特に最近問題になったのは、下村が隠蔽工作をするために作ったマニュアルで、どうすればマスコミを騙せるかが書かれた紙が存在していた、

  そういう紙をくばったのはいいのだが、その紙がそのままマスコミに流れて、今度は政治家がその紙を使って批判をしている、


  そこには細かい隠蔽工作の方法が書かれており、また資金を渡すこともあると明確に書かれており、任意団体が下村の資金目的の組織であると、下村自身が認めたことになっている、


  下村のペテン師は、任意団体など知らないとか、金をもらったことは一度もないとかいっていたくせに、

  実際は数千万円の金を長年もらっていて、任意団体にどうすれば隠蔽できるか、日頃から指示をしていたことがバレている、


  まあ下村はクズというしかないが、こんなゴミでも教育者だといえるのだから、日本は気が狂った国なのだろうけどね、


  ともかく、下村の政治と金の問題は完全にアウトで、常識的に考えれば、奴が大臣をするのは異常だといえる、

  人の金を盗んで生きている犯罪者が、日本の教育政策を決めるのだから、このまま行くと日本には泥棒しかすまなくなるだろう、


  そういう世の中になれば、日本という民族も国家も、終末を迎えることになるでしょう、

  日本にも少しは良識が残っていればいいだのだけど、どうなりますかね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR