01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

変態アベ政治の現実、塾関係者の金を盗った下村について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  今日こそ短くする予定なのですが、さて何か起きているかな、

  そういえば中川の妻がキスをして仮病で逃げたらしいな、

  中川といえば読売の記者に一服もられて、もうろう会見をしてその後亡くなった人だね、


  ある程度良識を持った人だといわれていたが、誰かにとっては邪魔だったのかもしれない、

  読売新聞とかナベツネとかいう気はないけど、誰が犯人なんですかねぇ、


  それはともかく、中川は結局亡くなってしまったが、その後奥さんが地盤を引き継ぎ政治家になったらしい、

  その奥さんが今度は国会の何処かで、誰かと不倫をしてキスをしていたようだ、


  基本的に今の自民党はカルト宗教団体と同じなので、カルト的な方向性が強くある、

  カルトといえば性的な嗜好を持つことがあり、そういうことをおおっぴらにする組織が少なくない、

  
  統一教会では合同結婚式などをしているし、オウム真理教でもそういう問題は存在していた、
  
  そして自民党にもその傾向は強くあり、特に女性議員の異常性が目立つ所がある、


  前も自民党議員がオリンピック選手に、kキスを強要していたことがあったが、あれも女性議員だった、

  今回も同じでしょ?、つまりそういうことは自民党では、一般的に行われていることであり、自民党にはそういう文化や考え方があると見た方がいいだろう、


  カルト宗教は性的な異常性を持つことが多いといわれるが、自民党にもそういう異常性がある、

  そのような体質がなければ、こんなに頻繁に起こることはないし、明らかに今の自民党は異常である、


  中川にしても、そいつは国会の施設でそういうことを、繰り返していたわけだから、公私混同も甚だしいといえる、

  前のオリンピック選手にキスを強要していた奴も、立場を利用して公の場でそういうことをしている、

  つまりいまの自民党には、性的な異常者が多いということになる、


  それはそういう考え方が自民党の文化になっていて、オウム真理教のようなカルト宗教団体になっていることが、根本的な原因としてあるのだろう、

  宗教というのは現実的な倫理観を喪失する、そういうトランス的な奇妙な興奮を得るための、思考というか方法でもあるので、今の自民党にはそういう所がある、


  だから他でも最近SMクラブに通っていた自民党議員がいたけど、こういう人って前もいましたよね?、

  なんでそういう所へ行くのかといえば、それは自民党議員に変態が多いからになるだろうな、


  他の党ではこんなことはないし、一般的な組織でも珍しいことだ、

  もちろんこういう異常者は社会にある程度は存在するけど、高々数百人しかいない組織で、こうも頻繁に発生するというのは、連中の精神が異常である証拠であろう、


  ともかく今回のことからいえるのは、今の自民党は精神異常者の集まりになっていて、倫理観が崩壊している可能性が高いということ、

  平たくいえば頭のおかしな犯罪者の集まりになっている、そう考えたほうがいい、

  
  今の自民党議員といえば、男はSMクラブに通い、その費用を税金から出していて、女はそこら辺でキスをして、気味の悪いことをしているわけだから、

  それが頻繁に起きていて、どんどん問題が拡大する傾向がある、これは異常というしかないだろう、


  そしてこのような傾向が出るのは、自民党のカルト性が原因にあり、よくカルト宗教で似たようなことが起こるが、今の自民党で起きていることもだいたい同じだろう、


  そういう不気味で危ない組織が国の中心にある、ということはよく考えた方がいい、

  今の自民党はオウム真理教に近く、アベは麻原とよく似た状態にあると考えたほうが良いでしょう、


  次に、下村が首になかなかならないが、このアホしぶといものだけど、またマスコミに金でも渡してごまかそうとしているのかね、

  とういうわけで話題がなのだけど、ではもう一度下村の政治と金の問題を書いてみますか、まあ焼き直しになるけれど、


  下村の政治と金の問題は塾を利用した利権話だった、そもそもこの下村は塾経営を利用して権力を得ようとしていた人物であり、最初から教育は金儲けの道具としてしか見ていない人間だった、

  そのような発言は以前からなされており、俺が塾経営を始めたのは金と権力のためで、後はどうでもよかったと過去に発言している、


  そんな利権屋の下村であるが、こいつがやっていたのは長期的な利権構造であり、昨日今日に始まった問題ではない、

  上でも書いたように下村は塾経営を足場に、金儲けや権力の掌握をしている、

  つまり塾団体の代表の場につくことによって、その便宜を図り利権を漁るために、政治家になった人物である、

  それ以外の意図はなく、教育とか社会正義などと呼ばれる考えは、一切持っていない、


  そして今回の利権問題は、そういう長期的な構造の結果生まれたものであり、塾から資金を集めるこいつのビジネスがバレた問題でもある、

  下村がやったことは塾関係者の立場が弱くなったことを利用し、そのから金をもらうことをしていた、


  下村がやっていたのは塾関係者が、一般の学校経営に参入できるように便宜をはかることで、最近良くいわれる企業の学校への参入の話だった、

  そういう形にする見返りに下村は金を得ており、教育を食い物にするしょうもないカスだったことがわかっている、


  そして、その金をそのまま貰うと問題になるので、全国に任意団体を作り、そこから金を回収していた、

  下村が作った任意団体は全国に複数箇所が存在していて、この団体はかなり長期間下村に金を渡していたようだ

  わかっているだけで去年600万ももらっていたのだから、長期的に見れば数億は軽く行くだろう、

 
  そんな風に不正な金を集め、その見返りに塾関係者に便宜を図っていたが、あまりに任意団体が多く、不自然に思った民主党議員の批判を受けた、

  そうしたら色々な問題が出てきて、利権屋の下村はそんなことはないと言い続けたが、結局金をもらってインチキをしていたことは認めた、

  普通ならばこの時点で逮捕するべきだが、検察も実は利権屋なので、アベから金をもらった検察が動くことはなかった、


  それが現状なのだけどね、下村のやっていることは長期的な利権話であり、昨日今日起きたことはではなく、下村が政治家になった頃からしている、長期的な犯罪行為である、

  その罪は重く、このアホのせいで不幸になった人も少なくないだろう、その問題をどうするかが今回の政治と金の問題である、


  と考えたら普通に考えるとクビなのだが、アベは基地外で倫理観のないアホだから、ものの善し悪しが理解できず、頭のいかれたことしかいわない、

  これがどうなるかなのだけど、今回の件はなぜか民主党しか指摘をせず、公明党や共産党は何もしていない、

  維新の会もほとんど何もできていないし、小沢氏の党もほとんど無関係だ、


  とういうわけで民主党に頑張ってもらうしかないのだけど、民主党も下村は叩くべきだといっているので、なんとかなるといいのですが、どうなるかでしょうかね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR